薬剤リンパ球刺激試験

出典: meddic

drug lymphocyte stimulation test DLST
リンパ球刺激試験



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • リファンピシンによる薬剤性肺炎の1例
  • 西尾 智尋,佐藤 敦夫,坪井 知正 [他]
  • 結核 86(4), 473-476, 2011-04
  • NAID 40018847925
  • 症例報告 インフリキシマブ投与中に生じた乾癬様皮疹の1例
  • 北口 耕輔,大谷 稔男
  • 臨床皮膚科 65(3), 213-216, 2011-03
  • NAID 40018730389

関連リンク

薬剤によるリンパ球刺激試験(DLST)の検体について 1.1薬剤増ごとに血液5.0mL 必要となります。2.1薬剤で500万個のリンパ球が必要となります。場合により検査に必要なリンパ球数が得られず,検査不能となる場合があります。 3.目安と ...
DLST 薬剤によるリンパ球幼若化試験・リンパ球刺激試験 - 患者末梢血から比重遠心法によりリンパ球を分離し、薬剤とともに培養してリンパ球の幼若化を観察しアレルギーの起因薬剤を判定する検査。
被凝薬がヘパリンの場合、容器はB-29 使用薬剤を必ず添付し1回の投与量を必ずご記入ください。休日前日の受付は不可。採取当日にご提出ください。 (注) 白血球数及びリンパ球数の少ない患者様については検体量を多めにご提出 ...

関連画像

 薬剤 添加 リンパ球 刺激 試験 的リンパ球刺激試験(ALST本日はアレルギー起因薬剤の同  薬剤リンパ球刺激試験(DLST診断,薬剤リンパ球刺激試験  ,薬剤添加リンパ球刺激試験


★リンクテーブル★
先読みdrug lymphocyte stimulation test
リンク元アレルギー」「DLST
関連記事試験」「リン」「リンパ球刺激試験」「刺激」「薬剤

drug lymphocyte stimulation test」

  [★] drug lympocyte stimulation test

アレルギー」

  [★]

allergy
アレルギー反応 allergic reaction
過敏症 hypersensitivity

クームス分類

クームス分類

  I型アレルギー II型アレルギー III型アレルギー IV型アレルギー V型アレルギー
免疫反応の主体 IgE IgM, IgG 免疫複合体 Th1細胞 Th2細胞 Tc細胞 IgG
抗原 水溶性抗原 細胞や マトリックスに
結合している抗原
水溶性抗原 水溶性抗原 水溶性抗原 細胞関連の抗原 細胞表面レセプター
エフェクター機構 肥満細胞の活性化 補体 (CDC)|NK細胞好中球 (ADCC) 補体好中球 マクロファージの活性化 IgE産生、好酸球肥満細胞活性化 細胞障害 抗体の結合
アレルギー疾患の例 気管支喘息
アレルギー性鼻炎
花粉症
喘息
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
ラテックスアレルギー
ABO不適合輸血
新生児溶血性貧血
グッドパスチャー症候群
自己免疫性溶血貧血 AIHA
特発性血小板減少性紫斑病 ITP
橋本病
超急性移植片拒絶反応
アルツス反応
アニサキス症
トリ飼い病
農夫肺
血清病
急性糸球体腎炎
ループス腎炎(SLE)
関節リウマチ
過敏性肺臓炎
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
接触性皮膚炎
ツベルクリン反応
慢性肉芽腫症
慢性喘息
慢性アレルギー鼻炎
移植片拒絶 慢性蕁麻疹
バセドー病
重症筋無力症
検査方法 RAST法
RIST法
皮内反応
プリックテスト
スクラッチテスト
負荷試験
免疫組織染色
凝集反応(完全抗体)
凝集反応(不完全抗体, クームステスト)
  皮内反応      


診療ガイドライン

http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/index.html

検査




DLST」

  [★] 薬剤リンパ球刺激試験 drug lymphocyte stimulation test


試験」

  [★]

examinationtesttestingassessmenttrialexamexamine
アセスメント計測検査検定試み査定試行調べる診断治験調査テスト判定評価検討影響評価実験デザイン研究デザインデータ品質対応群スコアリング法

循環器

  • ヴァルサルヴァ試験 Valsalva試験:行きこらえをさせる方法。胸腔内圧が上昇して静脈還流量が減少する。また、左心室の大きさが減少する。HOCMでは駆出路が閉塞しやすくなり、胸骨左縁下部の雑音が増強する。

消化吸収試験

  • 脂肪
  • 蛋白
  • ビタミンB12

肝臓異物排泄能

カルシウム

ビタミン

  • ビタミンB12欠乏

血液

  • ショ糖溶血試験:(方法)等張ショ糖液に血液を加える。(検査)溶血の存在。低イオン強度では補体の赤血球に対する結合性が増し、発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては溶血をきたす。スクリーニング検査として用いられ、確定診断のためにはハム試験を行う。
  • ハム試験 Ham試験:(方法)洗浄赤血球に塩酸を加え、弱酸性(pH6.5-7.0)条件にする。(検査)溶血の存在。発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては弱酸性条件で補体に対する感受性が亢進するため


産婦人科

内分泌

  • 絶食試験 絶食負荷試験:(処置)48時間絶食、(観察)低血糖、高インスリン血症:インスリノーマでは48時間の絶食で低血糖、高インスリン血症を生じる
  • 水制限試験
  • 水負荷試験 = 水試験:(処置)水投与、(検査)尿浸透圧、尿量、血中ADH、
  • 過塩素酸塩放出試験:(投与)123I過塩素酸塩、(検査)甲状腺シンチによる甲状腺の123I摂取率:橋本病先天性甲状腺機能低下症。甲状腺のヨードの有機化障害の有無を検査する甲状腺核医学検査法。過塩素酸塩は甲状腺から有機化されていないヨードを追い出すので(サイログロブリンに取り込まれていないヨード)、本試験は有機化障害をきたす疾患の検査となる。

視床下部-下垂体-糖質コルチコイド

高血圧

  • 立位フロセミド負荷試験:(投与)フロセミド、(検査)血漿レニン濃度:フロセミドでhypovolemicとし歩行負荷で交感神経を興奮させレニンの分泌を促す。原発性アルドステロン症の場合、レニン高値のまま無反応。

膵臓

膵外分泌機能

  • BT-PABA試験, PABA排泄試験, PFD試験
  • セクレチン試験:(投与)セクレチン、(検査)十二指腸液:分泌量、総アミラーゼ量、最高重炭酸塩濃度を測定。最高重炭酸塩濃度を含む2項目以上の低下で慢性膵炎が確定診断される。
  • 消化吸収試験
  • 便中エラスターゼ1定量、便中キモトリプシン定量

腎臓

ガストリノーマ

感染症



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






リンパ球刺激試験」

  [★]

lymphocyte stimulation test, LST
リンパ球幼若化試験リンパ球芽球化試験リンパ球幼若化反応リンパ球活性化試験 lymphocyte activation test
lymphocyte blastoid formation test, lymphocyte blast transformation test
DLST


  • 末梢血よりリンパ球を分離し、抗原で刺激してリンパ球(主にT細胞)の増殖(DNA合成の増加)を調べる試験。(SPE.294)
  • 抗原特異的T細胞の増殖を見るためであり、IV型アレルギーの関与が疑われる場合(例えば、薬剤アレルギー)に用いられる検査。(SPE.294)



刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激




薬剤」

  [★]

drugagentpharmaceutical preparationmedicine
薬物作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬物代理人医薬品薬品





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡