腹膜中皮腫

出典: meddic

celiothelioma, peritoneal mesothelioma
中皮腫


  • 卵巣漿膜嚢胞腫と鑑別が必要。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/15 10:59:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-23-8 悪性腹膜中皮腫に対して広範囲腹膜切除を含む骨盤内除臓術後にペメトレキセド,シスプラチン療法を施行した1例(Group121 悪性卵巣腫瘍・症例3,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 小笠原 仁子,鈴木 貴士,大谷 清香,出原 麻里,安達 博,中山 理,鳥居 裕一
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 861, 2011-02-01
  • NAID 110008510004
  • 腹水細胞診にて診断した大網原発悪性中皮腫の1例
  • 井上 佳代,鍔本 浩志,金澤 理一郎,堀内 功,小森 慎二,田端 千春,中野 孝司,塚本 吉胤,廣田 誠一
  • 産婦人科の進歩 63(2), 106-111, 2011
  • … 悪性腹膜中皮腫(malignant peritoneal mesothelioma:MPM)と原発性腹膜癌(primary peritoneal carcinoma:PPC)は同じ腹膜中皮細胞由来であるが,病態や治療方針が異なり早期に鑑別する必要がある.またMPMはPPCに比してまれで本邦の年間女性死亡者数は30人に満たず,肉眼的に大網に限局した早期のMPMの報告は海外を含めて数件が報告されているのみである.今回経腟的腹水穿刺を行い,腹水細胞診を免疫染色することでMPMを診断し, …
  • NAID 130000904751

関連リンク

2006年10月1日 ... したがって、中皮腫には、その発生部位によって、胸膜中皮腫・腹膜中皮腫・心膜中皮 腫などがあります。 また、中皮腫には、悪性 ... 胸膜および腹膜中皮腫は、そのほとんど がアスベスト(石綿)の吸引により発生します。アスベスト鉱山労働者 ...
腹膜中皮腫とは、腹膜「中皮」から発生した腫瘍のことを言います。 胸部の肺や ... 腹膜 中皮腫は良性のものと悪性のものにわかれます。 良性のもの ... 悪性の中皮腫は、 限局性以外にも、腹膜に沿って広がって発育するびまん性のものがあります。 悪性の 腹膜 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問101B095
リンク元腹水
関連記事中皮腫」「腹膜」「中皮」「

101B095」

  [★]

  • 腹水の性状と疾患の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B094]←[国試_101]→[101B096

腹水」

  [★]

ascites, abdominal dropsy, hydroperitonia
腹腔内貯留液 intraperitoneal fluid
波動


概念

  • 腹腔内液体貯留

分類

  滲出性 漏出性
外観 混濁 清明
蛋白質濃度(g/dl) >4.0 >2.5
Rivalta反応
比重 >1.018 <1.015 
疾患 癌性腹膜炎 肝硬変
化膿性腹膜炎 心疾患
結核性腹膜炎 ネフローゼ
  Budd-Chiari症候群
血清蛋白質濃度は6.5-8.0g/dLが正常範囲

腹水の性状

  • 血性腹水:癌性腹膜炎、腹腔内出血
  • 膿性腹水:細菌性腹膜炎
  • 乳糜性腹水:フィラリア症腸リンパ管拡張症
  • 粘液性腹水:腹膜偽粘膜腫、腹膜中皮腫
  • 胆汁性腹水:胆汁性腹膜炎

比重、蛋白濃度による分類

  • 漏出性腹水
  • 滲出性腹水

病因

  • 1. 門脈圧・静脈圧亢進
  • 2. 膠質浸透圧の低下
  • 3. リンパ液のうっ滞
  • 4. 血管透過性の亢進

病態生理

肝硬変における腹水 HIM.1978

  • 肝硬変→門脈高血圧→内臓の血管拡張→
  • 1. →内臓の血管内圧の上昇→腹水
  • 2. →動脈血の減少→血管収縮機構と抗ナトリウム利尿機構の亢進→ナトリウム保持→血漿量の増加→腹水

貯留しやすい部位(QB.Q-205)

検査

  • 500ml以上の貯留があれば、腹部超音波検査、腹部CT、腹部MRIで検出できる。

腹部単純X線写真

治療

HIM.1978

  • 軽度の腹水:食事療法でナトリウム制限を行う。
  • 中等度の腹水:利尿薬で治療を行う。スピロノラクトン、さらに必要があればフロセミドを重ねる。
  • refractory ascites:利尿薬と食事療法でコントロールできない腹水。この場合、LPV(large volume paracentesis)やTIPS(transjugular intrahepatic portosystemic shunt)を考慮する。



中皮腫」

  [★]

mesothelioma
中皮癌 mesothelial cancer体腔癌 coelomic carcinoma

分類

部位

  • 腹膜中皮腫

悪性度による分類



腹膜」

  [★]

peritoneum (Z) < peritonaion < peritonos < peri-'around'+-tonos'stretched' ; perineumと勘違いしないように
漿膜




中皮」

  [★]

mesothelium
体腔上皮 celomic epithelium、漿膜上皮
[[]]


組織学

  • 単層扁平上皮

発生学的由来


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3