腹壁

出典: meddic

adbominal wall


  • 正式な解剖学用語ではない(Z)





UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腹腔鏡下生検で診断した悪性腹膜中皮腫の1例
  • 新井 正明,落合 亮,増田 淳,宮前 洋平,須納瀬 豊,鈴木 忍,吉竹 泉,Arai Masaaki,Ochiai Ryo,Masuda Jun,Miyamae Yohei,Sunose Yutaka,Suzuki Shinobu,Tekeyoshi Izumi
  • The Kitakanto medical journal 62(1), 65-70, 2012-02-01
  • … の細胞集塊と考えられたが,確定診断にはいたらなかった.生検を目的に,内科から外科に転科し,腹腔鏡手術を施行した.腹腔鏡で観察すると,腹腔内には多量の腹水が貯留しており,PET-CTで集積を認めた右側腹部腹壁に白色調のうずら卵大の腫瘤があったが,下行結腸付近にははっきりした腫瘤はなかった.うずら卵大の腫瘤を切除し,病理検査に供したところ腫瘤は悪性腹膜中皮腫と診断された.化学療法を目的として群馬大 …
  • NAID 120003850425
  • 17.腹腔鏡下根治術を行った腹壁破裂術後食道裂孔ヘルニアの1例(一般演題,第48回日本小児外科学会九州地方会)
  • 廣瀬 龍一郎,小幡 聡,當寺ヶ盛 学,有馬 透
  • 日本小児外科学会雑誌 47(7), 1082, 2011-12-20
  • NAID 110008896804

関連リンク

腹壁ヘルニアとは ,臍(へそ),腹壁,腰部,骨盤の奥,会陰部に発生するヘルニアと症例の 多いケガの傷跡にできる「腹壁瘢痕ヘルニア」について解剖から腹部の構造から ヘルニアが発生するメカニズムまで専門医が解説。
鼠径ヘルニア(脱腸)は本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が太ももや足 のつけねの筋膜の間から皮膚の下に出てくる病態.メッシュを用いた鼠径ヘルニア(脱腸) や腹壁瘢痕ヘルニアの手術方法を紹介.(株)メディコン.

関連画像

腹壁ヘルニア.JPG腹壁瘢痕ヘルニアヘルニア 鼠 径 腹壁上一篇: 胸壁局解p4-4_img01.jpg ・ハムスターの腹壁裂傷


★リンクテーブル★
国試過去問108H035」「106C010」「104G014」「106G041」「108I023
リンク元後腹壁」「側腹線条徴候」「abdominal wall
拡張検索腹壁破裂」「下腹壁動脈」「浅腹壁静脈」「腹壁反射」「上腹壁ヘルニア

108H035」

  [★]

  • 次の文を読み、 35、 36の問いに答えよ。
  • 60歳の女性。上腹部痛を主訴に来院した。
  • 現病歴: 1か月前から食後に腹痛を自覚するようになった。昨夜、還暦祝いに家族と外食をした後に悪心と右肩から背部に放散する上腹部の痛みがあり受診した。今朝からやや色の濃い尿に気付いたという。
  • 既往歴: 18歳時に虫垂切除術。
  • 家族歴:母親が糖尿病
  • 現症:意識は清明。身長 152 cm、体重 62 kg。体温 37.5 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 124/70 mmHg。呼吸数 16/分。 SpO2 98% ( room air)。眼球結膜に黄染を認める。
  • この患者の身体所見として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108H034]←[国試_108]→[108H036

106C010」

  [★]

  • 腹部診察所見と病態・疾患の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C009]←[国試_106]→[106C011

104G014」

  [★]

  • 室温15℃前後の室内において死後約12時間経過した死体にみられるのはどれか。
  • a 瞳孔透視できない。
  • b 腹壁の緑変が始まる。
  • c 関節の硬直が高度である。
  • d 体温が15℃に下がっている。
  • e 体位を変えると死斑が容易に転移する。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G013]←[国試_104]→[104G015

106G041」

  [★]

  • 32歳の初産婦。妊娠33週。胎児超音波検査で異常を指摘されたため来院した。胎児MRIのT2強調像(別冊No. 2)を別に示す。
  • この胎児で異常があると考えられる部位はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106G040]←[国試_106]→[106G042

108I023」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108I022]←[国試_108]→[108I024

後腹壁」

  [★]

posterior abdominal wall
腹壁

定義

組織 (M.176)

後腹壁筋膜

後腹壁の筋 (M.176)

後腹壁の神経

(体性神経)

(自律神経)

後腹壁血管

側腹線条徴候」

  [★]

flank stripe sign
腹水腹腔内液体貯留側腹線条


参考

  • 1. adbominal XP
[display]http://www.mypacs.net/repos/mpv3_repo/viz/full/0/6/789/7099531.jpg
  • 2. abdominal XP
[display]http://www.ceessentials.net/images/critiqueChest/image0095.jpg


abdominal wall」

  [★] 腹壁

  • (発生)腹壁


腹壁破裂」

  [★]

schisis
gastroschisis
同?
胃壁破裂、胃壁破裂症、胃壁裂
臍帯ヘルニア臍ヘルニアPrune Belly症候群
[show details]

まとめ

PED.1067 SSUR.689 NSU.760
  • 腹壁の欠損部が臍帯の側方に存在するために、腹腔内蔵機が被膜(羊膜)に被覆されずに露出する先天性の腹壁異常である。低体重児に多く、腸回転異常、メッケル憩室、腸閉鎖や腸穿孔を伴うことがあるが、臍帯ヘルニアと違い重症奇形の合併は稀である。低体温・脱水・感染などのリスクが高いために、緊急手術を要する。出生後搬送するときにはまず胃管挿入により消化管の減圧を図り、末梢血管を確保する(PED)。脱出腸管は透明な袋で覆い、腸管の状態を確認できるようにする。手術は一期的に腹壁を閉鎖するか、あるいは段階的に脱出腸管を完納していく方法がある。

病態

  • 腹壁に欠損を生じており(腹膜さえない)、内蔵器が直接脱出 → 低体温・脱水・感染などのリスクが高い。

治療

  • 臓器を腹腔に完納し腹壁を縫合閉鎖手術

合併症

  • 臍帯ヘルニアに比較して頻度が少なく、重症奇形の合併は稀 (SSUR.689)


下腹壁動脈」

  [★]

inferior epigastric artery (KH)
鼠径三角


由来

走行

分布

臨床関連



浅腹壁静脈」

  [★]

superficial epigastric vein (KH)
下腹壁静脈、硬膜上静脈叢
  • 図:N.248
  • 腹骨盤部を流れる静脈血の側副路の一つ
  • 皮下を走る

走行


腹壁反射」

  [★]

abdominal reflex, abdominal wall reflex
腹皮反射、腹壁皮膚反射 abdominal skin reflex
表在反射表在性腹壁反射



上腹壁ヘルニア」

  [★]

epigastric hernia
白線ヘルニア hernia of linea alba、胃ヘルニア gastrocele
腹壁ヘルニア





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡