腎機能障害

出典: meddic

renal dysfunctionrenal impairmentimpaired renal functionkidney dysfunction
腎障害腎機能低下腎機能不全




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/29 17:30:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 先天性腎尿路奇形(CAKUT) : 腎機能障害進行阻止のための処方 (特集 私の処方2015) -- (腎・泌尿器疾患の処方)
  • 化学療法システムの導入によるゾレドロン酸の適正使用の検討
  • 高瀬 美咲枝,髙橋 美由喜,浦上 裕美 [他]
  • 日本緩和医療薬学雑誌 8(1), 15-18, 2015-03
  • NAID 40020404951
  • 腎機能障害合併肝移植症例に対するカルシニューリン阻害薬減量免疫抑制療法の有効性 (特集 第67回広島医学会総会) -- (受賞論文の要旨)
  • 井手 健太郎,田中 友加,田原 裕之 [他]
  • 広島医学 68(2), 77-82, 2015-02
  • NAID 40020386785

関連リンク

腎機能障害 / 腎不全 その予防と治療 1 定義 腎臓では、毛細血管が集まった糸球体(しきゅうたい)と呼ばれる所で、(簡単にいうと、)血液をろ過しています。 ここでは腎臓が正常な場合、赤血球などの細胞や ...
【お問い合わせ先】 東邦大学医療センター 大森病院 腎センター 〒143-8541 東京都大田区 大森西6-11-1 電話:03-3762-4151(代表) ... 腎臓に起こる炎症を「ステロイド薬」や「免疫抑制薬」などで抑え、腎機能障害の進展を抑止する

関連画像

高値 高尿酸血症 腎 機能障害 腎機能障害 / 腎不全 その予防 クレアチニン・クリアランスの 腎機能障害腎機能障害 / 腎不全 その予防 腎機能障害の経過


★リンクテーブル★
先読みrenal dysfunction」「腎障害
国試過去問107H032」「107H031」「107D058」「098F022」「102I064」「098G025」「098G103」「103A001
リンク元renal impairment」「腎機能不全」「kidney dysfunction」「impaired renal function」「腎機能低下
拡張検索慢性腎機能障害」「副腎機能障害
関連記事障害」「腎機能」「機能」「機能障害」「

renal dysfunction」

  [★]

  • n.
  • 腎障害、腎機能障害、腎機能不全
impaired renal functionkidney disorderkidney dysfunctionnephropathianephropathicnephropathyrenal damagerenal disorderrenal impairmentrenal insufficiency


腎障害」

  [★]

renal damage
ネフロパシー腎排泄

107H032」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 82歳の女性。意味不明な言動を心配した家族に伴われて来院した。
  • 現病歴:1週前までは特に変わった様子はなかった。数日前から食欲が低下し、昨日の朝からつじつまの合わない言動がみられるようになった。今朝はパジャマのまま外出してしまい、連れ戻そうとすると大声で騒ぐため、心配した家族に連れられて受診した。
  • 既往歴:60歳時に甲状腺癌で甲状腺・副甲状腺全摘術を受けた。術後から甲状腺ホルモン活性型ビタミンD及びカルシウム剤を服用している。65歳時から高血圧症で服薬加療中。最近は腎機能障害高血糖とを指摘されている。
  • 生活歴:娘の家族と同居。
  • 家族歴:母親が脳卒中のため75歳で死亡。
  • 現症:体温36.0℃。脈拍64/分、整。血圧152/74mmHg。呼吸数16/分。舌と皮膚とは乾燥している。開眼しているが、質問に対して返答せず、意味不明の発言を繰り返す。
  • 検査所見:血液所見:赤血球367万、Hb 10.5g/dl、Ht 33%、白血球4,200、血小板22万。血液生化学所見:随時血糖167mg/dl、HbA1c(NGSP)6.0%(基準4.6~6.2)、総蛋白6.4g/dl、アルブミン3.3g/dl、総コレステロール212mg/dl、尿素窒素40mg/dl、クレアチニン1.7mg/dl、尿酸8.0mg/dl、Na 142mEq/l、K4.5mEq/l、Cl 100mEq/l、Ca 13.0mg/dl。CRP 0.5mg/dl。
  • この精神障害に特徴的なのはどれか。
  • a 睡眠は良好である。
  • b 記銘力は保たれる。
  • c 意識は清明である。
  • d 症状は変動しやすい。
  • e 根本的な改善は期待できない。


[正答]


※国試ナビ4※ 107H031]←[国試_107]→[107H033

107H031」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 82歳の女性。意味不明な言動を心配した家族に伴われて来院した。
  • 現病歴:1週前までは特に変わった様子はなかった。数日前から食欲が低下し、昨日の朝からつじつまの合わない言動がみられるようになった。今朝はパジャマのまま外出してしまい、連れ戻そうとすると大声で騒ぐため、心配した家族に連れられて受診した。
  • 既往歴:60歳時に甲状腺癌で甲状腺・副甲状腺全摘術を受けた。術後から甲状腺ホルモン活性型ビタミンD及びカルシウム剤を服用している。65歳時から高血圧症で服薬加療中。最近は腎機能障害高血糖とを指摘されている。
  • 生活歴:娘の家族と同居。
  • 家族歴:母親が脳卒中のため75歳で死亡。
  • 現症:体温36.0℃。脈拍64/分、整。血圧152/74mmHg。呼吸数16/分。舌と皮膚とは乾燥している。開眼しているが、質問に対して返答せず、意味不明の発言を繰り返す。
  • 検査所見:血液所見:赤血球367万、Hb 10.5g/dl、Ht 33%、白血球4,200、血小板22万。血液生化学所見:随時血糖167mg/dl、HbA1c(NGSP)6.0%(基準4.6~6.2)、総蛋白6.4g/dl、アルブミン3.3g/dl、総コレステロール212mg/dl、尿素窒素40mg/dl、クレアチニン1.7mg/dl、尿酸8.0mg/dl、Na 142mEq/l、K 4.5mEq/l、Cl 100mEq/l、Ca 13.0mg/dl。CRP 0.5mg/dl。
  • この精神障害の原因として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107H030]←[国試_107]→[107H032

107D058」

  [★]

  • 75歳の男性。高蛋白血症の精査のため来院した。3か月前からの腰痛を主訴に自宅近くの医療機関を受診し、血液生化学検査で総蛋白の高値を指摘され精査のため来院した。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球439万、Hb 14.2g/dl、Ht 43%、白血球6,300(桿状核好中球7%、分葉核好中球52%、好酸球2%、単球%、リンパ球35%)、血小板18万。血液生化学所見:総蛋白9.2g/dl、アルブミン4.5g/dl、尿素窒素17mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、IgG 3,170mg/dl(基準960~1,960)、IgA 28.6mg/dl(基準110~410)、IgM 18.3mg/dl(基準65~350)、血清β2-ミクログロブリン2.6 mg/dl(基準1.2~2.5)、Ca9.5mg/dl。血清蛋白電気泳動(別冊No.31A)と骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本(別冊No.31B)とを別に示す。
  • 今後予想される合併症はどれか。3つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 107D057]←[国試_107]→[107D059

098F022」

  [★]

  • 75歳の女性。朝からぐったりしているため、家人に伴われて来院した。15年前から糖尿病で通院中であった。1週前から1日数回の水様の下痢が続いている。咋日は1回しか排尿がなく、今朝から口渇を訴えぐったりしている。体温36.9℃。呼吸数16/分。脈拍112/分、整。血圧92/60mmHg。舌は乾燥。胸部聴診所見に異常を認めない。尿所見:蛋白1+、糖1+、ケトン体(-)、潜血(-)、沈渣に白血球2~3/1視野。血液所見:赤血球510万、Hb15.3g/dl、白血球7,200。血清生化学所見:血糖177mg/df、尿素窒素40mg/dl、クレアチニン1.5mg/dl、Na144mEq/l、K3.2mEq/l、C1 99 mEq/l。
  • この患者で直ちに是正すべき病態はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F021]←[国試_098]→[098F023

102I064」

  [★]

  • 54歳の男性。全身の皮疹と倦怠感とを主訴に来院した。1か月前から顔面、体幹および四肢に紅斑が出現し、徐々に拡大し、全身倦怠感を伴ってきた。上眼瞼と四肢関節の背面とを中心に紅斑がみられる。膝部の写真と同部の病理組織H-E染色標本とを以下に示す。
  • 第一選択の治療を開始する際、患者に伝えておくべき副作用はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 102I063]←[国試_102]→[102I065

098G025」

  [★]

  • 誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G024]←[国試_098]→[098G026

098G103」

  [★]

  • 薬物と副作用の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G102]←[国試_098]→[098G104

103A001」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102I080]←[国試_103]→[103A002

renal impairment」

  [★]

impaired renal functionkidney disorderkidney dysfunctionnephropathianephropathicnephropathyrenal damagerenal disorderrenal dysfunction


腎機能不全」

  [★]

renal insufficiencyrenal dysfunction
腎障害腎不全腎機能障害

kidney dysfunction」

  [★]

腎機能障害

impaired renal functionrenal dysfunctionrenal impairment

impaired renal function」

  [★]

  • 腎機能障害
kidney dysfunctionrenal dysfunctionrenal impairment

腎機能低下」

  [★]

renal impairment
腎障害腎機能障害


慢性腎機能障害」

  [★]

chronic renal insufficiency
慢性腎不全慢性腎機能不全

副腎機能障害」

  [★]

adrenal insufficiency


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


腎機能」

  [★]

renal function
腎臓

腎機能の概説

新生児・幼小児の腎機能

SPE.190
  • 腎機能は3-4歳で成人と同等となる。
  • 尿濃縮能が低い:新生児 400-550 mOsm/kg → 2歳 1400mOsm/kg
  • 水排泄能が低い:生後2週間~2ヶ月で成人と同等
  • 重炭酸イオンの再吸収能が低い
  • 酸排泄能が低い



機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




機能障害」

  [★]

dysfunctionimpairmentfunctional impairmentmalfunctionfunctional disorder
機能不全障害機能異常症機能異常機能不全症
国際生活機能分類


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡