腎前性急性腎不全

出典: meddic

prerenal acute renal failure
急性腎不全腎前性腎不全



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 心疾患で生じる急性腎不全
  • 内田 啓子
  • 日本内科学会雑誌 99(5), 950-956, 2010-05-10
  • … 心疾患に伴う急性腎不全は,障害の程度は様々だが日常診療においてよく遭遇する病態である.低心拍出量による腎潅流量低下が原因である腎前性急性腎不全の代表疾患であるが,その後に交感神経系や内分泌系,炎症性サイトカインや血管作動性物質を巻き込み,非可逆性の腎性急性腎不全へ進展することもある.腎障害を合併した心疾患の生命予後は悪く腎機能に配慮した治療戦略が必要である. …
  • NAID 10026331303
  • 尿中cystatin C測定の臨床的意義
  • 中居 惠子,菊池 正幸,大森 聡,斎藤 憲祐,諏訪部 章
  • 日本腎臓学会誌 48(5), 407-415, 2006
  • … 対象と方法: 種々の腎機能の患者130例, 健常者62例, 腎実質性急性腎不全1症例, および腎前性急性腎不全1症例を対象とし尿検体を採取した。 … 1例ずつの検討ではあるが, 腎実質性急性腎不全における尿中 cystatin C の増加は, β2mGを含む他のLMWPに比べて大きく, 腎前性急性腎不全例では小さかった。 …
  • NAID 130004170756
  • 急性腎不全にて発症した球後性十二指腸潰よう狭窄の1例
  • 増田 崇,石橋 照三,久留 哲夫,宮薗 博貴
  • 日本臨床外科学会雑誌 64(10), 2459-2462, 2003
  • … 十二指腸球後部潰瘍狭窄による嘔吐により腎前性急性腎不全をきたした稀な症例を経験した.症例は34歳男性で,当科受診3日前より頻回の嘔吐,全身倦怠感および呼吸困難が出現したため救急車にて来院した. …
  • NAID 130003603293

関連リンク

腎前性急性腎不全の症状、原因、診断・治療方法についてご紹介します。腎臓内科・外科に関連する腎前性急性腎不全の治療なら病院・クリニック検索のホスピタにお任せ下さい。腎前性急性腎不全の診察ができるおすすめの病院をご ...
急性腎不全 急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)は、腎不全の一つです。 腎前性急性腎不全では体液が減少しているため、ナトリウムを温存することによって浸透圧を上げて脱水を防ごうとして、尿中ナトリウムは低下します。
腎後性腎不全 超音波エコーにより閉塞性病変を発見すればよい 治療 ①腎前性急性腎不全 原疾患に対する治療が行われる ②腎性急性腎不全(急性尿細管壊死) 乏尿期の治療としては、高K血症の是正(グルコン酸カルシウム静注、陽 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み腎前性腎不全
国試過去問097A038
リンク元ナトリウム排泄率
関連記事急性腎不全」「腎不全」「不全」「急性

腎前性腎不全」

  [★]

prerenal failure
肝腎症候群腎不全急性腎不全

病因

体液量減少

  • 消化管からの体液喪失
  • 腎性喪失:利尿薬、尿細管障害、アジソン病など
  • 出血
  • third spaceへの喪失
  • 有効循環血液量の減少

低血圧

腎の血行動態変化

診断

利尿薬を使用していない患者の腎前性腎不全の診断

考える技術第2版 p.529
  腎前性腎不全 腎性腎不全
(急性尿細管壊死)
利尿薬を使用していない腎前性腎不全の
診断に関する検査特性
感度(%) 特異度(%) 陽性尤度比 陰性尤度比
尿Na (mEq/L) <20 >20 90 82 5 0.12
FENa (%) <1 >2 96 95 19 0.04
FEurea (%) <35 >50 90 96 22.5 0.1


097A038」

  [★]

  • 55歳の男性。尿量の減少と全身倦怠感とのため来院した。腰痛のため市販の非ステロイド性抗炎症薬を3日間大量に服用した。顔面と下腿とに軽い浮腫を認める。脈拍104/分、整。血圧180/100mmHg。肺野にcoarse crackles(水泡音)を聴取する。尿道カテーテルを留置し10ml/時の尿量が得られた。尿所見:蛋白3+、糖1+、クレアチニン95mg/dl、Na50mEq/l、K11mEq/l。血清生化学所見:総蛋白6.3g/dl、尿素窒素40mg/dl、クレアチニン4.2mg/dl、Na131mEq/l、K6.7mEq/l、Cl100mEq/l。腹部エックス線単純写真で腎陰影の長径は左右とも14cmである。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A037]←[国試_097]→[097A039

ナトリウム排泄率」

  [★]

fractional excretion rate of sodium FENa
ナトリウム分画排泄率Na分画排泄率Na排泄率尿中ナトリウム排泄率 urinary sodium excretion rate
[show details]

概念

  • 糸球体で濾過されたNaのうち実際に尿中に排泄されるNaの割合

定義

尿量(ml/hr)をVとすると
  • FENa = CNa / CCr x 100 = (UNa x V ) / SNa / ( (UCr x V ) / SCr )
= UNa / SNa / ( UCr / SCr )

計算フォーム


  [Na+](mEq/l) Cre(mg/dl)
血液
尿

FENA =


判断



急性腎不全」

  [★]

acute renal failure, ARF
腎不全
HIM.1752-

定義

  • 急激な腎機能の低下により恒常性が維持された状態。

分類

原因部位による分類

  • 1. 腎前性急性腎不全
  • 2. 腎性急性腎不全
  • 3. 腎後性急性腎不全

検査

腎前性急性腎不全と腎性急性腎不全の鑑別

YN.E-21改変
指標 腎前性 腎性
濃縮能 尿浸透圧 >500 mOsm/L <350 mOsm/L
尿/血漿浸透圧 >1.5 <1.1
尿/血清Cr比 > 40 < 20
尿/血清BUN比 > 20
尿の濃縮は正常(ってこと?)
< 20
BUN/血清Cr
(BUN/Cr比)
> 20
腎前性要素(腎血量↓)を示唆
< 20
Na再吸収 尿中Na濃度 < 20 mEq/L > 40 mEq/L
FENa < 1.0%
尿細管機能は保たれる
> 1.0%
Naダダ漏れ

治療

病期に応じた治療

  • 発症期
  • 体液欠乏の補充、腎後性閉塞の検索、腎毒性物質の中止、基礎疾患の治療、フロセミド、マンニトールの使用
  • 乏尿期
  • 血液浄化療法、水・電解質の維持、K摂取制限、アシドーシス補正、リン結合薬・Caの投与、適切な蛋白・カロリーの摂取、尿毒症の自他覚所見の監視、感染の監視、腎機能障害の程度に応じた薬物投与量の減量
  • 利尿期
  • 多量の体液電解質喪失の監視と補充、感染の監視、適切な薬物投与量

血液浄化療法

急性腎不全における血液浄化療法の導入基準

出典不明
  • 1.臨床症状
  • 1)腎不全による溢水症状、肺水腫、心タンボナーデ
  • 2)腎不全による中枢神経症状
  • 3)腎不全による消化器症状
  • 2.治療反応性
  • 利尿剤に反応しない無尿・乏尿
  • 3.臨床検査値
  • 1)BUN上昇1日20mg/dl以上
  • 2)血清K  6-6.5mEq/I以上
  • 3)血清重炭酸イオン 12-15mEq/l未満
出典不明
  • 意識障害、肺水腫の出現
  • 3日以上続く乏尿
  • 血清Cr 7mg/dl以上
  • 血清K 6mg/l以上

予防

  • 医原性の急性腎不全
  • 全般 :必要最小限の薬剤使用、補液による尿量の確保
  • 造影剤:腎機能低下例(多発性骨髄腫、糖尿病性腎症、慢性腎不全)では造影剤の使用を避ける
  • 高尿酸尿の予防:悪性腫瘍、白血病に対し細胞崩壊を来す薬剤を使用する場合にはアロプリノールを投与し尿酸の産生を抑制する




腎不全」

  [★]

renal failure, renal insufficiency, renal dysfunction
腎臓腎排泄
  • 腎機能の低下を来す病態の総称

定義

腎不全

経過による分類

  • 急激に腎機能が低下。組織の一時的な障害
  • ネフロン数の持続的な減少。進行は緩徐。

原因による分類

症状

  • 呼吸・循環器症状
  • 消化器症状
  • 中枢・末梢神経症状
  • 骨代謝異常
  • 造血障害
  • 免疫不全
  • 内分泌機能異常
  • 糖・脂質代謝障害
  • 眼症状
  • 皮膚症状

検査

  • 高窒素血症
  • 代謝性アシドーシス
  • 高カリウム血症
  • 高リン血症
  • 低カルシウム血症
  • 副甲状腺ホルモン増加
  • 画像検査:(超音波エコー、CT、MRI)慢性腎不全であれば腎の萎縮が認められる。

治療

  • 重篤な腎不全:血液浄化療法(人工腎)

注意

  • 造影剤の使用:腎機能をさらに悪化させる ← 血液透析で造影剤を除去する


参考

  • 1. CKD診察ガイド2009
[display]http://www.jsn.or.jp/jsn_new/iryou/kaiin/free/primers/pdf/CKDguide2009.pdf


国試



不全」

  [★]

機能不全、失敗、不十分不全症不足無能無能力弁閉鎖不全弁閉鎖不全症機能不全症

急性」

  [★]

acute
急性的鋭い鋭形急性型



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡