脾動脈

出典: meddic

splenic artery (M)
arteria lienalis
脾臓



起始

走行

  • 胃の後方で膵臓の上縁に沿って左方に走行

分布




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肝硬変症における肝脾相関 : 脾臓摘出術,部分的脾動脈塞栓術の視点から (特集 肝疾患における臓器相関のup-to-date)
  • 症例報告 脾動脈結紮を伴う生体肝移植後に脾動脈症候群を呈した一例
  • 佐藤 太祐,八木 孝仁,貞森 裕 [他]
  • 岡山医学会雑誌 123(3), 207-211, 2011-12
  • After orthotopic liver transplantation, splenic artery syndrome (SAS), a phenomenon by which the main blood flow of the impaired hepatic artery is shifted to the splenic artery or gastroduodenal arter …
  • NAID 40019163938

関連リンク

脾臓(ひぞう)は脾動脈および脾静脈に介在する臓器である。以下の記述は特に断りが ない限りヒトの脾臓についての記述である。 左の上腹部にあり、上方は横隔膜に接し 内側は左の腎臓と接している。前方には胃が存在する。肋骨の下に隠れており通常は体 表 ...
肝硬変症における肝脾相関 : 脾臓摘出術,部分的脾動脈塞栓術の視点から (特集 肝 疾患における臓器相関のup-to-date). 赤星 朋比古,橋爪 誠; 肝臓 53(6), 310-315, 2012-06; NAID 40019315424. 症例報告 脾動脈結紮を伴う生体肝移植後に脾動脈 症候群 ...

関連画像

図 664 腹腔 動脈 の 分枝内頸動脈(Carotid Artery, Internal 動脈( Arteries )とは、血液 動脈: 腹腔動脈, 脾動脈, 固有肝 わたしが確立した世界観 肝内門脈系


★リンクテーブル★
先読み脾臓
国試過去問101B035
リンク元解剖学」「腹腔動脈」「腹部大動脈」「右胃大網動脈」「背側膵動脈
拡張検索部分脾動脈塞栓療法」「部分脾動脈塞栓術」「脾動脈瘤切除術
関連記事動脈

脾臓」

  [★]

spleen (SP)
  • 図:N.288,289

解剖

体表解剖 (2007年度後期解剖学授業プリント)

臓器と接する面 (KL.383, N.288)

組織

  • 赤脾髄:大部分を占め、赤色に見える
  • 白脾髄を取り巻くように存在し、赤脾髄と白脾髄を隔てている。
  • 辺縁体では、数多くの小さな血管がリンパ小節を取り囲むように存在しており、辺縁洞をなす。中心動脈から放射状に伸びる細い血管が赤脾髄に入り、その後再び戻って辺縁洞に注ぐ。

機能 (SP.499)

  • 1. 赤血球の処理
  • 2. 防衛機能
  • 3. 胎生期における造血作用
  • 4. 赤血球の貯蔵

臨床関連

  • 血小板増加による血栓症
  • 免疫能低下
  • 易感染性
  • 莢膜を持つ菌に感染しやすくなる→脾網内系はIgMを産生する場らしい?
  • 脾摘後重症感染症症候群


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.








101B035」

  [★]

  • 通常みられる血管の分岐の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B034]←[国試_101]→[101B036

解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部



腹腔動脈」

  [★]

celiac trunk (M,N,KH,KL,KA), celiac artery (Z)
  • 図:KL.404

由来

走行

腹腔動脈 腹大動脈で横隔
膜の大動脈裂孔
のすぐ遠位
ただちに分かれて,左胃動脈,脾動脈,総肝動脈となる 食道,胃,十二指腸(胆管よりも近位部),肝臓,胆汁路,膵臓
左胃動脈 腹腔動脈 後腹膜を上行して食道裂孔に至り,そこで肝胃間膜の2葉のあいだを通る 食道の遠位部と胃の小窩
脾動脈 腹腔動脈 後腹膜を膵臓の上緑に沿って走り,それから脾腎ヒダの2葉のあいだを脾門まで走る 膵体,脾臓,胃の大網
左胃大網動脈 脾動脈で脾門の近く 胃脾間膜の葉のあいだを通り,胃の大雪に向かう 胃の大考の左側
短胃動脈 脾動脈で脾門の近く 胃脾間膜の葉のあいだを通り,胃底に向かう 胃底
肝動脈 腹腔動脈 後腹膜を走って肝十二指腸間膜に至り,その葉のあいだを走って関門に達し,2本に分かれて右および左肝動脈となる 肝臓,胆嚢,胃,膵臓,十二指腸,肝臓の各葉
胆嚢動脈 右肝動脈 肝十二指腸問膜の中で起こる 胆嚢と胆管
右胃動脈 肝動脈 肝胃間膜の葉のあいだを走る 胃の小琴の右側
胃十二指腸動脈 肝動脈 後腹膜を下行し,胃十二指腸境界の後方を通る 胃,膵臓,十二指腸の第1部,胆管の遠位部
右胃大網動脈 胃十二指腸動脈 大網の葉のあいだを走り,胃の大雪に至る 胃の大雪の右側
前上膵十二指腸動脈および後上膵十二指腸動脈 胃十二指腸動脈 膵頭を下行する 十二指腸の近位部と膵頭
前下膵十二指腸動脈および後下膵十二指腸動脈 上腸間膜動脈 後腹膜で膵頭を上行する 十二指腸の遠位部と膵頭





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



腹部大動脈」

  [★]

adbominal aorta (Z)
aorta abdominalis
腹大動脈(解剖学では腹大動脈、臨床では腹部大動脈が一般的?)
大動脈
[show details]


  • 下行大動脈であって腹腔内にある大動脈
  • 図:N.257

由来

走行

枝 (KL.404-408)

  1. 腹側臓側枝:前面から起こる無対性の枝で、消化管および消化管から由来する臓器に分布
    1. 腹腔動脈
      1. 左胃動脈
      2. 脾動脈
      3. 総肝動脈
    2. 上腸間膜動脈
      1. 下膵十二指腸動脈
      2. 空腸動脈
      3. 回腸動脈
      4. 中結腸動脈
      5. 右結腸動脈
      6. 回結腸動脈
    3. 下腸間膜動脈
      1. 左結腸動脈
      2. S状結腸動脈
      3. 上直腸動脈
  2. 外側臓側枝:前外側に向かう有対性の枝で、有対性の臓器、主として泌尿器に分布
    1. 中副腎動脈
    2. 腎動脈
    3. 精巣動脈卵巣動脈
  3. 壁側枝:後外側に向かう枝で、体壁に分布
    1. 下横隔動脈
    2. 腰動脈
    3. 正中仙骨動脈
  4. 終枝
    1. 総腸骨動脈


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

右胃大網動脈」

  [★]

right gastroepiploic artery (KL), arteria gastroepiploic adextra
胃大網動脈
由来
"epiploic"はadj.で「大網の」
  • 図:KL.405, N.290

由来

走行

分布

Gray532.png


背側膵動脈」

  [★]

dorsal pancreatic artery
後膵動脈

部分脾動脈塞栓療法」

  [★]

partial splenic artery embolization, PSE
部分脾動脈塞栓術

部分脾動脈塞栓術」

  [★]

partial splenic artery embolization, PSE


脾動脈瘤切除術」

  [★]

splenic artery aneurysm resection


動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡