脳梁

出典: meddic

corpus callosum (KH)
脳梁幹、胼胝体
大脳の交連、内包
脳梁放線脳梁吻脳梁膝脳梁体脳梁膨大




  • 左右の大脳皮質を結ぶ横走線維→脳梁放線をなす
  • 脳梁の表面には痕跡的な灰白質が存在する (KA.106)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/08/27 15:10:20」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Epileptic spasmsを呈したMECP2領域微細重複症候群の一例
  • 衞藤 薫/坂内 優子/島田 姿野/大谷 ゆい/塩田 睦記/石垣 景子/下島 圭子/山本 俊至/小國 弘量/大澤 眞木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E250-E254, 2013-01-31
  • … 頭部MRI上大脳全体の萎縮、側脳室拡大、及び脳梁体部の後方の深部白質に嚢胞性病変を認めた。 …
  • NAID 110009559411
  • 可逆性脳梁膨大部病変を伴う軽症脳炎・脳症を合併した急性巣状細菌性腎炎の4例
  • 藤原 祐,田中 文子,若宮 卓也 他
  • 日本小児科学会雑誌 = The journal of the Japan Pediatric Society 116(12), 1880-1885, 2012-12-00
  • NAID 40019533273
  • 臨床研究・症例報告 急性脳症と多臓器障害を呈したYersinia pseudotuberculosis感染症の1例
  • 近藤 秀仁,松下 浩子,坂本 謙一 他
  • 小児科臨床 65(10), 2223-2228, 2012-10-00
  • NAID 40019415515

関連リンク

Corpus callosum, 脳梁, Corpus callosum 1. Corpus callosum(脳梁)Corpus callosum →脳梁は左右の大脳皮質、ことに新皮質を結合する線維の集合したもので、系統発生的には最も新しく、ヒトでは非常に発育がよい。その前後経はほぼ ...
脳表面と脳梁の位置関係を示した図。赤色で示す領域が脳梁。 左は側面から見た図。右は正面から見た図。
脳表面と脳梁の位置関係を示した図。赤色で示す領域が脳梁。 左は側面から見た図。右は正面から見た図。

関連画像

 脳梁の低形成(異形成)がさてさて、何か異常は見当たる 脳 梁脳 梁再検したところ、脳梁膨大部 脳表面と脳梁の位置関係を ② 脳 梁 の 発生 脳 梁 は 膝 部


★リンクテーブル★
先読み内包
国試過去問090D018」「103B005」「098G078」「103B028」「097G028
リンク元キアリ奇形」「前大脳動脈」「脳弓」「交連線維」「帯状回
拡張検索脳梁欠損症

内包」

  [★]

internal capsule (KH)
capsula interna
内嚢


  • 図:KL.751(体部位局在)

内包

  • 尾状核と被殻+淡蒼球の間を、白質からなる包みである内包が隔てている (PT.112)
  • 内包は外側のレンズ核と内側の尾状核および視床との間にある、大きい線維束の集団で、その大部分は下方に集まって大脳脚に移行する。内包は大脳半球の水平断は広く開いたV字形を呈し、その尖端が内側方に向かう。これに前脚、膝および後脚の3部が区別される。内包では種々の長い上行性ならびに下行性の投射路が密集して通過し、しかもここはしばしば出血を起こしやすい所である(脳出血) (http://web.sc.itc.keio.ac.jp/~funatoka/cerebrum/cerebrum8c.html)

体性局在

  • 内包には体性局在があり、内包膝から内包後脚に向かって、頭、上肢、下肢の順に皮質延髄・脊髄路が配列している。(B L-18 CNUR.296)

血管



090D018」

  [★]

  • 59歳の男性。5日前から右眼の奥に痛みが生じてきた。2日前から右眼瞼が下がり、物が二重に見えるようになってきたので来院した。神経学的には右前頭部の表在感覚は低下している。右眼は外転位で、内転はできない。瞳孔径は右6mm、左4mm。視力は正常。項部硬直はない。四肢の筋力、深部腱反射及び感覚はいずれも正常。
  • 病変部位はどれか。

103B005」

  [★]

  • 頭部単純MRIのT1強調正中矢状断像を以下に示す。組合せで正しいのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103B004]←[国試_103]→[103B006

098G078」

  [★]

  • 損傷されると反社会的人格変化を起こしやすい部位はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G077]←[国試_098]→[098G079

103B028」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103B027]←[国試_103]→[103B029

097G028」

  [★]

  • 大脳辺縁系に属する部位はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G027]←[国試_097]→[097G029

キアリ奇形」

  [★]

Chiari malformation
Chiari奇形アーノルド-キアリ症候群 Arnold-Chiari syndrome、アーノルド・キアリ奇形 Arnold-Chiari奇形 Arnold-Chiari malformation、キアリ-アーノルド奇形 Chiari-Arnold malformation


定義

  • 先天性水頭症を伴う小脳奇形の4型 → アーノルド・キアリ奇形(1891年Chiariが記載) → 後脳奇形全体をまとめてアーノルド・キアリ症候群とよぶ
  • アーノルド・キアリ奇形はキアリ奇形II型を指す。

Chiari奇形I型とChiari奇形II型。その他

SCN.282改変
  I型 II型 III型 IV型
脊柱管への陥入 小脳扁桃 延髄
第四脳室
小脳虫部
(頚部の二分脊椎部に
小脳が陥入(脳瘤)

延髄下垂。水頭症)
(小脳の形成不全)
発症年齢 小児、成人 乳幼児    
臨床症状 非特異的 喉頭喘鳴、
無呼吸発作、
嚥下困難
   
水頭症 +++    
脊髄髄膜瘤 +++    
脊髄空洞症 ++    

病型 SOR.437

I型

  • 小脳扁桃の下垂
  • (MRI像、頭蓋底陥入症、脊髄空洞症合併が見られる。矢頭は小脳扁桃)
  • 脊髄空洞症を伴いやすい

II型

異常部位

大脳 脳梁形成不全、大脳鎌形成不全、小多脳回
小脳 下垂
中脳 中脳水道の閉塞
 
延髄 下垂
脳室 水頭症(ほぼ全例)(側脳室・第3脳室の拡大、側脳室後角の拡大)
脊椎 脊髄髄膜瘤(ほぼ全例)


III型

  • 頚部の二分脊椎部に小脳が陥入(脳瘤)。延髄下垂。水頭症


IV型

  • 小脳の形成不全


前大脳動脈」

  [★]

anterior cerebral artery (N), ACA
arteria cerebri anterior
中大脳動脈後大脳動脈


  • 図:KH.347(分布) N.130(頭蓋内) N.132-135

起始

走行

  • 内頚動脈から前方に向かって分岐し、視神経の奥(大脳を下部から見て)に潜り前方かつ正中に向かう。正中付近で前交通動脈を出して交通しつつ両側性に脳梁の正面に沿って脳梁幹の半分以上進む。その間、大脳縦裂の外に向かって枝を出す。終枝は後大脳動脈と吻合しうる。(N.132-135の図から想像)

分布

臨床関連

  • 前大脳動脈の梗塞
  • hypesthesia and paresis of the contralateral lower extremity



脳弓」

  [★]

fornix (KL,B), fornix cerebrae (B)
弓隆穹窿
大脳の交連


解剖



交連線維」

  [★]

commissure fibers (KL), commissural fibers
fibrae commissurales



帯状回」

  [★]

cingulate gyrus
gyrus cinguli
大脳溝ペーペズ回路帯状束


  • 脳梁を取り囲む長い脳回


脳梁欠損症」

  [★]

agenesis of corpus callosum, agenesis of the corpus callosum
脳梁欠損コルポセファリー colpocephaly
脳梁






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡