胆膵管膨大部括約筋

出典: meddic

sphincter of hepatopancreatic ampulla (Z)
musculus sphincter ampullae hepatopancreaticae
膨大部括約筋胆膵管括約筋オディ括約筋オッデイ括約筋Oddi括約筋



胆膵管括約筋

M. 154

オディ括約筋

KH. 171,172

オッデイ括約筋

KL. 350,379
KA. 297

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/14 21:46:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

詳細はオッディの括約筋の項目にあります. 胆膵管膨大部括約筋とは、研究者の名前を つけてオッディの括約筋という呼び方が有名。 言語, 表記, 発音、読み方. 日本語, 医学, オッディの括約筋*, オッディのかつやくきん. 胆膵管膨大部括約筋, たんすいかんぼう ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み膨大部括約筋
リンク元コレシストキニン」「オッディ括約筋」「大十二指腸乳頭」「Verter乳頭部括約筋」「musculus sphincter ampullae hepatopancreaticae
関連記事膵管」「膨大部」「括約筋」「膨大

膨大部括約筋」

  [★]

hepatopancreatic ampulla (Z)
musculus sphincter ampullae

コレシストキニン」

  [★]

cholecystokinin, CCK
コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin pancreozymin CCK-PZ
パンクレオザイミン pancreozymin
消化管ホルモン胆嚢収縮物質
[show details]



まとめ

  • 小腸内タンパク質分解産物、酸、脂肪酸、アルコールが刺激となって、小腸のI細胞から分泌され、消化酵素に富む膵液を分泌させる。またオッディ括約筋を弛緩させ、胆嚢を収縮させて胆汁の分泌を促す。

分泌部位と細胞

作用

  • ↓:胃排出(First Aid step 1 p.269)
  • ↑:胃酸分泌(CBT QB vol2 p.295)

胆嚢

  • ↑:胆嚢を収縮 (SP.706)
  • ↑:胆嚢外分泌腺増加

胆膵管

  • ↑:膵液分泌(First Aid step 1 p.269)
  • ↑:外分泌腺増加

調節 (First Aid step 1 p.269)

  • 脂肪酸、アミノ酸

臨床関連

  • 胆石症
  • 脂肪摂取→CCK↑→胆汁↑→いたいっ



オッディ括約筋」

  [★]

Oddi sphincter, sphincter of OddiOddi's sphincter
musculus sphincter Oddii
胆膵管膨大部括約筋 sphincter of hepatopancreatic ampulla musculus sphincter ampullae hepatopancreaticae膨大部括約筋 musculus sphincter ampullae総胆管括約筋 sphincter of common bile ductオディ括約筋Oddi括約筋
胆膵管膨大部
[show details]


収縮

弛緩

  • 胆汁圧のたかまり


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



大十二指腸乳頭」

  [★]

major duodenal papilla (M,Z)
papilla duodeni major
ファーター乳頭 Vater乳頭 Vater's papilla papilla of Vaterファーテル乳頭
主膵管総胆管胆膵管膨大部括約筋小十二指腸乳頭十二指腸乳頭




Verter乳頭部括約筋」

  [★] 胆膵管膨大部括約筋


musculus sphincter ampullae hepatopancreaticae」

  [★] 胆膵管膨大部括約筋

膵管」

  [★]

pancreatic duct (Z)
ductus pancreaticus
膵臓副膵管主膵管


解剖

膵管の拡張 → 膵管拡張

SRA.515
  • 慢性膵炎:膵石症は慢性膵炎を合併することがあり、主膵管の拡張をきたし、数珠状拡張をきたす。(YN.B)
  • 主膵管型の粘液産生腫瘍:拡張が高度 or 壁から内宮に充実性腫瘍が濃染される場合


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連


膨大部」

  [★]

ampulla, ampullae
毛隆起


括約筋」

  [★]

sphincter muscle, sphincter
musculus sphincter


膨大」

  [★]

vastly
大いに広々




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡