胃カメラ

出典: meddic

()
gastrocamera


gastrocamera

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/12 03:22:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 潰瘍治療の変遷と内視鏡
  • 丹羽 寛文
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 53(9), 2963-2987, 2011-09-20
  • … はまだ極めて未熟であった.したがって診断に基づき的確な治療が行われる事はほとんど無かったといっても良い.胃鏡もごく少数の施設で試験的に使われはしたものの,日本での内視鏡の本格的な応用は胃カメラが実用になった昭和32,3年以来のことである.潰瘍治療の薬剤としては終戦後かなり時日を経てから抗コリン薬が登場し,その後相次いで種々な抗コリン薬が登場した.その結果抗コリン薬と制酸薬の合剤 …
  • NAID 10029837183
  • 九州の内視鏡先覚者
  • 丹羽 寛文
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 53(8), 1957-1978, 2011-08-20
  • … 実上胃カメラから始まったが,九州内では昭和32年6月第4回胃カメラ研究会に於ける柚木らの報告ならびに同日の第4回消化器病学会九州地方会での佐藤の報告をもって嚆矢とする.第1回胃カメラ学会は昭和34年6月に開催されたが,この会では熊本大学外科,鹿児島大学佐藤内科,九州厚生年金病院内科からの発表があった.さらに親学会結成前に胃カメラ学会 …
  • NAID 10029562549

関連リンク

胃がん(内視鏡)は定期的な検査による早期発見が重要です。胃カメラの楽な受け方と検診から精密検査を受けるまでの過程を説明致します!
鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)のご紹介サイト。経鼻内視鏡検査の特長や検査の進め方、受診できる医療施設情報などをご覧いただけます。おえっとしにくく、苦痛が少ない経鼻内視鏡検査を定期的に受けて、胃がんの予防 ...

関連画像

胃カメラのイラスト(健康診断  胃カメラ 検査 で 小さな 潰瘍いよいよ挿入です うたい文句 胃カメラ検査室左)今までの胃カメラ、(右  様にやさしい胃カメラ〟です


★リンクテーブル★
リンク元gastroscope」「胃内視鏡」「gastrocamera」「gastric camera
関連記事」「カメ

gastroscope」

  [★]

fiber gastroscopegastric cameragastrocamera

WordNet   license wordnet

「a type of endoscope for visually examining the stomach」

胃内視鏡」

  [★]

gastroscopefiber gastroscope
胃カメラ胃ファイバースコープ

gastrocamera」

  [★]

  • 胃カメラ
gastric cameragastroscope


gastric camera」

  [★]

  • 胃カメラ
gastrocameragastroscope

胃」

  [★]

stomach (Z)
gaster, ventriculus
消化器系#上皮の移行
  • 図:KL.346(動脈)

解剖

  • 胃は以下の間膜によって連結されている。
    • 横隔膜の下面との間は胃横隔間膜
    • 脾臓との間は胃脾間膜

胃の位置

  • 噴門口:第7肋軟骨の胸骨付着部より約2cm左(T11の高さ) (KL.342)
  • 胃底:胃底の上端は左第5肋骨の高さ (KL.342)
  • 幽門:L1の高さ (KL.342)

胃の動脈


生理

胃腺の分布

2007年後期生理学授業プリント

粘膜上皮細胞 主細胞 壁細胞 副細胞
(頚粘液細胞)
腸クロム親和様細胞 D細胞 G細胞
噴門腺            
固有胃腺  
幽門腺          

HIS

部位 胃小窩 胃表面上皮細胞 主細胞 頚粘液細胞
(副細胞)
壁細胞 幹細胞 内分泌細胞
噴門部 噴門腺 浅い  
胃体部 固有胃腺 中間
幽門部 幽門腺 深い  

胃腺の移動

  • 胃底腺幽門腺の境界は移動する。
  • 年齢に伴って上昇する?らしく、これにともない胃酸の分泌が低下する。

胃液のホルモンによる分泌調節

消化管ホルモン 分泌細胞 分泌調節(+) 分泌調節(-) 作用
ヒスタミン 腸クロム親和様細胞 アセチルコリン
ガストリン
  胃酸分泌
ソマトスタチン D細胞     胃酸分泌抑制
ガストリン G細胞   胃pH低下 胃酸分泌

生理

神経支配

  • 内在神経系
  • 1.粘膜下神経叢
  • 2.筋層間神経叢
  • 外来神経系
  • 1.交感神経系
T6,7の側柱→大内臓神経(節前線維)→腹腔神経叢(節後線維)→内在神経叢内でシナプス前抑制、一部直接作用
  • 2.副交感神経系
迷走神経(節前線維)→内在神経系(アセチルコリン作動性ニューロン(興奮性)、VIP,NO作動性ニューロン(抑制性))

役割

  • 1. タンパク質の消化
  • 2. 食物の貯蔵
  • 3. 殺菌

機能

  • 1. 食物貯蔵
受け入れ弛緩(胃近位部弛緩)
  • 2. 食物混和
蠕動運動、逆移送
  • 3. 糜粥排出

受け入れ弛緩

  • 迷走神経反射。胃近位部伸展受容器→迷走神経→脳幹→迷走神経

臨床関連




カメ」

  [★]

turtletortoisechelonian



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡