肺胞出血

出典: meddic

pulmonary alveolar hemorrhage, alveolar hemorrhage


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-01-3 プロピルチオウラシル内服開始後30年以上経過して発症したびまん性肺胞出血の1例(P2-01 薬物アレルギー2,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 若林 規良,門脇 徹,池田 敏和,小林 賀奈子,木村 雅広,石川 成範,矢野 修一
  • アレルギー 60(3・4), 477, 2011-04-10
  • NAID 110008594592
  • 10.肺胞出血を契機に診断されたシェーラインヘノッホ紫斑病の1例(第40回 日本呼吸器内視鏡学会中部支部会)
  • 遠渡 純輝,大野 康,柳瀬 恒明,神谷 文彦,伊藤 文隆,森 秀法,舟口 祝彦,青山 琢磨,西垣 和彦,湊口 信也
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(1), 65, 2011-01-25
  • NAID 110008460816

関連リンク

薄い肺胞の壁では毛細血管が網の目構造を形成しています。この毛細血管が損傷され て、肺胞腔内に血液が出ることを肺胞出血といいます。多くの場合は、肺胞に出た血液 は細気管支・気管支を通って、口の中に出てきますので、喀血(咳と一緒に血が出る) ...

関連画像

肺胞出血.JPGびまん性肺胞出血の 1 症例気道解剖 性間質性肺炎や肺胞出血文郎氏が肺胞出血で死去肺胞壁における繊維化


★リンクテーブル★
国試過去問105B044」「106B044」「098D013」「107I021
リンク元一酸化炭素肺拡散能力
拡張検索びまん性肺胞出血症候群
関連記事肺胞」「」「出血

105B044」

  [★]

  • 61歳の男性。血痰を主訴に来院した。 1か月前から全身倦怠感を自覚し、食欲が低下していた。 2日前から尿量が少なくなり、下腿に浮腫が出現した。今朝から尿が赤くなり、血痰が出るようになった。体温37.8℃。脈拍104/分、整。血圧182/108 mmHg。皮膚に出血斑を認めない。両側肺野にcoarse cracklesを聴取する。下腿に浮腫を認める。尿所見:肉眼的血尿、蛋白2+、糖(-)、潜血3+。血液所見:赤血球 250万、 Hb 7.8g/dl, Ht 23%、白血球 8,500、血小板 21万。血液生化学所見:総蛋白 6.8g/dl、アルブミン 4.9g/dl、尿素窒素 72mg/dl、クレアチニン 5.5mg/dl、尿酸 9.2mg/dl、Na 141mEq/l、K 5.9mEq/l、Cl 102mEq/l。免疫学所見:CRP 3.2mg/dl、抗基底膜抗体陰性。
  • アレルギー反応のCoombs分類で、この疾患と同じ型に属するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B043]←[国試_105]→[105B045

106B044」

  [★]

  • 64歳の男性。呼吸困難を主訴に来院した。 4日前に左胸痛と息切れとが出現し、次第に増悪してきたため受診した。
  • 体温36.2℃。脈拍100/分、整。血圧120/80mmHg。呼吸数20/分。 SpO2 92%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頚部リンパ節を触知しない。左胸部に呼吸音を聴取しない。
  • 血液所見:赤血球420万、 Hb13.0g/dl、 Ht37%、白血球4,400(桿状核好中球5%、分葉核好中球60%、好酸球1%、好塩基球2%、単球7%、リンパ球25%)、血小板21万。CRP0.4mg/dl。来院時の胸部エックス線写真(別冊No. 4A)を別に示す。入院後、胸腔ドレーンを挿入したところ、直後から咳嗽と泡沫状の喀痰とが出現した。この時点の胸部エックス線写真(別冊No. 4B)を別に示す。
  • 胸腔ドレーン挿入後の病態として正しいのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106B043]←[国試_106]→[106B045

098D013」

  [★]


[正答]
※国試ナビ4※ 098D012]←[国試_098]→[098D014

107I021」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107I020]←[国試_107]→[107I022

一酸化炭素肺拡散能力」

  [★]

carbon monoxide pulmonary diffusing capacity carbon monoxide diffusing capacity of lung DLCO
CO拡散能力
一酸化炭素トランスファーファクター拡散能

概念

  • 肺胞気から肺毛細血管に至るガス移動効率の指標
  • 肺毛細血管内を通過する血液の気層との接触時間は0.75sあれば酸素化に影響はない。この接触時間が短くなる、すなわち血流速度が増加した状態では酸素化が不十分となり拡散能の低下として認められる。血流速度は運動時や、あるいは毛細血管が破壊されたり閉塞したりして血管床が減少した病態で上昇する。(SPU.24)
  • 20-30ml/min/Torr(YN.I-27)

方法

  • 4種混合ガスを用い、最大呼出後急速に最大吸気位まで吸気し、10秒息止めをした後、急速に最大呼出をしCOガスの吸収量を測定して肺拡散能を検査する。

DLCOを低下せしめるファクター

肺間質、気道、肺血管の異常
  • (1) 肺胞から肺毛細血管赤血球内ヘモグロビンに至るまでの拡散距離の増加
  • (2) 肺胞・肺毛細血管の有効拡散面積の減少
  • (3) 換気、血流、拡散能力の肺内不均等分布
YN.I-27

読み方

DLCO上昇

  • 軽度肺うっ血 → 肺血流量の増加により軽度上昇(SPU.354)

DLCO低下

  • 肺水腫

呼吸器内科 必修マニュアル

p.86

DLCOの基準

  • 高値   :予測値の141%以上
  • 正常   :予測値の76-140%
  • 軽度低下 :予測値の61-75%
  • 中等度低下:予測値の41-60%
  • 高度低下 :予測値の40%以下

解釈

スパイロメトリー DLCO  
閉塞性障害あり 低下 肺気腫
正常~上昇 気管支喘息
拘束性障害あり 低下 肺線維症、(肺切除後)
正常 胸郭・胸膜異常、神経筋疾患
正常 低下 早期の間質性肺疾患、肺血管障害貧血一酸化炭素中毒
上昇 高度肥満、多血症、(気管支喘息)、左右心内シャント、軽度の左心不全、肺胞出血

参考

  • [display]http://xakimich.hp.infoseek.co.jp/laboratory/node30.html



びまん性肺胞出血症候群」

  [★]

diffuse alveolar hemorrhage syndrome DAH
肺胞出血症候群 alveolar hemorrhage syndrome


肺胞」

  [★]

alveolus (Z), alveoli, pulmonary alveoli, alveoli of the lung
alveoli pulmonis
肺胞中隔


解剖

  • 表面積:80m2。40-120m2。(およそテニスコートの広さ) 参考によると 縦23.77m横10.97mの長方形だけど?
  • 48畳くらいか(ワンルームマンション6畳x8部屋分くらい) = 80(m2) / 1.65(m2/畳)。 1畳 ≒ 0.9(m) x 1.8(m) = 1.62 (m2) ← コンパネの大きさですね

組織

呼吸生理

  • 肺胞を押しつぶす力P, 肺胞の半径r, 表面張力T
P = 2T / r



血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡