肛門縁

出典: meddic

anal verge



和文文献

  • 直腸肛門部悪性黒色腫に対して腹会陰式直腸切断術を行った一例
  • 篠田 崇平,須藤 隆一郎,岡崎 充善 [他],金山 靖代,野島 真治,亀井 敏昭,善甫 宣哉
  • 山口医学 61(4), 167-171, 2012-11-01
  • … 稀な疾患である.今回我々は直腸肛門部悪性黒色腫に対して腹会陰式直腸切断術を施行した一例を経験したため,若干の文献的考察を加え報告する.症例は70歳代の男性,下血と便の狭小化を主訴に近医を受診し,肛門縁より2cmの肛門管~下部直腸に黒色調で半周性の2型の腫瘤を認めた.生検でGroupV,悪性黒色腫と診断され,当科紹介受診し,腹会陰式直腸切断術+D2郭清を行った.病理組織検査所見で#251へリンパ節転移を認めたため …
  • NAID 10031082090
  • Pagetoid spread を伴った肛門腺由来肛門腺癌の1例
  • 市川 伸樹,本間 重紀,片岡 昭彦,高橋 典彦,崎浜 秀康,武冨 紹信
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 65(8), 442-446, 2012-08-01
  • … 症例は73歳女性.肛門部の皮疹を主訴に受診.肛門周囲に全周性に肛門縁から約1cmにわたる比較的境界明瞭な紅色皮疹を認め,生検にて直腸癌のパジェット様進展が疑われた.しかしながら,肛門管および直腸に腫瘤性病変を認めなかった.術前マッピング検査を行い,会陰部の切除範囲を決定し,腹会陰式直腸切断術,D2郭清を施行した.病理組織学検査で初めて,肛門腺部にごく小範囲のSM癌が発見され,原発巣と考 …
  • NAID 10031122700
  • 膀胱, 腟浸潤を伴った壁外発育型直腸粘液癌の1例
  • 黒田 雅利,池田 英二,吉富 誠二
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 65(8), 431-436, 2012-08-01
  • … 発育型大腸癌と呼ばれている.われわれは壁外発育型直腸粘液癌を経験したので報告する.症例は57歳,女性.不正性器出血を主訴に婦人科を受診し直腸癌腟浸潤が疑われ紹介となった.下部内視鏡検査では肛門縁より8cmに2型腫瘍がみられ,CT,MRI検査では上部直腸に8×6cm大の腫瘍を認め,膀胱後壁および腟浸潤が疑われた.直腸癌,膀胱腟浸潤を疑いHartmann手術,膀胱部分切除術,腟合併切除術を施行した.病 …
  • NAID 10031122698

関連リンク

肛門縁(肛門の出口)から約1.5cm奥にある肛門と直腸の境界部分。歯状線より奥を 直腸、手前を肛門と呼んでいる。 肛門. 痛みを感じる知覚神経がきているため、ここに できる病気は強い痛みを伴う。表面は皮膚ににた肛門上皮でおおわれているため、丈夫 で ...

関連画像

区|足立区|墨田区|肛門 a0003_001658.jpg正常な肛門大腸シェーマ肛門疾患肛門癌の照射野


★リンクテーブル★
国試過去問107H028」「106A046
リンク元歯状線」「外科的肛門管
関連記事肛門」「

107H028」

  [★]

  • 63歳の女性。血便を主訴に来院した。4か月前から便に血が混じるようになり、持続しているため心配して受診した。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧124/66mmHg。血液所見:赤血球350万、Hb 10.3g/dl、Ht 30%、白血球6,600、血小板35万。血液生化学所見:総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.3g/dl、AST 25IU/l、ALT 33IU/l、LD 300IU/l(基準176~353)。注腸造影像(別冊No.7A)と肛門縁から3cmの部位の大腸内視鏡像(別冊No.7B)とを別に示す。
  • 次に行う検査として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107H027]←[国試_107]→[107H029

106A046」

  [★]

  • 52歳の男性。血便を主訴に来院した。 1か月前から便に少量の血液が付着していることに気付いていた。徐々に血液の量が増加し改善しないため受診した。
  • 既往歴に特記すべきことはない。大腸内視鏡検査で肛門縁から10cm口側に2型の全周性腫瘍を認める。胸腹部・骨盤部造影CTで、リンパ節転移、肝転移および肺転移を認めない。注腸造影写真(別冊No. 20)を別に示す。
  • 選択すべき術式として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A045]←[国試_106]→[106A047

歯状線」

  [★]

dentate line
櫛状線 ←これは解剖で、歯状線は臨床でよく使われると思われる
肛門管後腸肛門陥


  • 歯状線肛門弁の肛門側にある鋸歯状の境界線である。
  • 解剖学的肛門線とは歯状線から肛門縁?までである。  ⇔  外科的肛門管はもっと口側

解剖、組織、臨床関連


外科的肛門管」

  [★]

肛門管
  • 肛門直腸線から肛門縁まで。肛門縁からおよそ4-5cm口側に入ったところまで。


肛門」

  [★]

anus (Z)

臨床関連

  • 直腸及び肛門部の炎症及び類似疾患
  • クローン病、潰瘍性大腸炎、放射線照射性直腸炎、薬剤性大腸炎、アメーバ赤痢、直腸粘膜脱症候群、急性出血性直腸潰瘍
  • 良性腫瘍
  • 悪性腫瘍
  • 直腸癌
  • 肛門癌
  • 組織型別(悪性黒色腫、カルチノイド、基底細胞癌、類基底細胞癌、Paget病、Bowen病)

肛門疾患の好発部位

  • 内痔核:3時、7時、11時
  • 痔瘻:6時 肛門中心線より後方に外瘻孔のある場合、6時の位置の肛門陰窩が原発口となる


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



縁」

  [★]

edgemarginrimbrimmarginally
限度マージン余裕輪郭わずか余分エッジ周縁部周辺部分




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡