肘関節

出典: meddic

elbow joint (K. X-13)


肘関節の屈曲:elbow flexion

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/10 20:18:59」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 等速性肘関節, 膝関節および体幹筋力における屈曲/伸展比の競技種目特性
  • 福冨 恵介,春日 晃章,川口 純子,久保田 浩史,内藤 譲,篠田 知之
  • 岐阜大学教育学部研究報告. 自然科学 35, 133-140, 2011-03
  • NAID 110008427950
  • メンタルプラクティスによる筋力増強効果の検証--最大等尺性筋力の検討
  • 鈴木 迪諒,池田 由美
  • 臨床理学療法研究 28, 17-20, 2011
  • NAID 40018972823

関連リンク

肘関節(ちゅうかんせつ)は、肘にある関節。肘関節は上腕骨と橈骨、尺骨から成る関節 であり複関節に分類される。蝶番関節としても分類される。 ... [編集] 組織. 肘関節を構成 する人体の組織には、以下の様な物がある。 ...

関連画像

肘関節のスポーツ傷害と治療法肘l(ひじ)関節肘関節MRIを読影する上で知って 画像を見る(大)ように、尺骨のほうの肘関節 肘関節(外側から)


★リンクテーブル★
国試過去問107D044」「106I048」「106F022」「093A052」「095B080」「106I006」「102G030
リンク元上肢の筋」「肘内障」「上腕二頭筋」「腕橈骨筋」「回外筋
拡張検索肘関節筋」「外傷性肘関節脱臼」「肘関節遊離体
関連記事関節」「

107D044」

  [★]

  • 69歳の女性。両上肢の感覚異常を主訴に来院した。数か月前から両手から上腕にかけてびりびりした感覚を自覚し、増悪したため受診した。24歳時に関節リウマチと診断され、以後、現在まで薬物治療を継続している。7年前に両側膝関節の人工関節置換術、3年前に右肘の人工関節置換術、1年前に右手指伸筋腱断裂に対する手術を受けている。歩行は不安定で杖を用いてかろうじて自力歩行している。意識は清明。体温、呼吸、脈拍および血圧に異常を認めない。握力は右9.5kg、左7.0kg。
  • 現在の症状をきたす病変部位はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107D043]←[国試_107]→[107D045

106I048」

  [★]

  • 3歳の男児。右腕が動かないことを心配した母親に伴われて来院した。母親がつないでいる児の右手を急に引っ張り上げた直後から、児は右上肢を下垂したまま動かさなくなったという。右手指の自動運動は可能である。歩行に異常を認めない。
  • 障害されている部位として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I047]←[国試_106]→[106I049

106F022」

  [★]

  • 32歳の男性。頚髄損傷患者。手関節背屈はできないが、肘関節の屈曲は可能である。頚椎MRIでは脊髄の連続性が絶たれている。
  • この患者で可能と考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106F021]←[国試_106]→[106F023

093A052」

  [★]

  • a 肘関節の屈曲ができない
  • b 前腕回内ができない
  • c 手関節の背屈ができない
  • d 棒を握ることができない
  • e 母指と示指とのつまみができない。
[show details]

095B080」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095B079]←[国試_095]→[095C001

106I006」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I005]←[国試_106]→[106I007

102G030」

  [★]

  • 人工関節置換術がよく行われるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G029]←[国試_102]→[102G031

上肢の筋」

  [★]

muscles of upper extremity
musculi membri superioris
上肢筋


関節で分類

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
K-12 肩甲挙筋   C1-C4(横突起) 肩甲骨(上角内側縁上部) 肩甲背神経 肩甲骨の挙上、下方回旋
K-14 大菱形筋   T1-T4(棘突起) 肩甲骨(内側縁下部) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、下方回旋
K-13 小菱形筋   C6・C7(棘突起) 肩甲骨(内側縁上方) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、挙上、下方回旋
K-16 僧帽筋 上部 後頭骨、項靱帯 鎖骨(外側1/3) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、挙上、上方回旋
T1-T6(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩峰肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退
T7-T12(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、下制、下方回旋
K-01 前鋸筋   第1~8肋骨(外側面中央部) 肩甲骨(内側縁肋骨面) 長胸神経 肩甲骨の前進、わずかに上方回旋、肋骨の挙上
  鎖骨下筋   第1肋骨肋軟骨の境界 鎖骨内側1/3の下面 鎖骨神経(第5・第6頚神経) 鎖骨を固定し下制する
K-03 小胸筋   第3~5肋骨 肩甲骨(烏口突起) 内側胸筋神経 肩甲骨の下制、わずかに下方回旋、肋骨の挙上
L-01 大胸筋 鎖骨鎖骨(内側1/2) 上腕骨(大結節稜) 内側胸筋神経外側胸筋神経 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
胸肋部 胸骨、第1~6軟骨 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
腹部 外腹斜筋腱膜 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
L-03 広背筋   T6-L5の棘突起仙骨腸骨 上腕骨(結節間溝小結節稜) 胸背神経 肩関節の伸展(後方挙上)、内旋、内転
M-01 三角筋 鎖骨部・前部 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角粗面) 腋窩神経 肩関節の屈曲、内旋、水平屈曲
肩峰部・中部 肩甲骨(肩峰) 肩関節外転
肩甲棘部・後部 肩甲骨(肩甲棘下縁) 肩関節外転、伸展、水平伸展
L-12 小円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(大結節) 肩関節の内転、伸展、外旋
L-10 棘上筋   肩甲骨(棘上窩) 肩甲上神経 肩関節外転
L-11 棘下筋   肩甲骨(棘下窩) 肩関節の外旋、伸展
L-13 肩甲下筋   肩甲骨(肩甲下窩) 上腕骨(小結節) 肩甲下神経 肩関節の内旋、水平屈曲
L-14 大円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(結節間溝小結節稜) 肩関節の伸展(後方挙上)、内転、内旋
M-02 烏口腕筋   肩甲骨(烏口突起) 上腕骨(内側縁) 筋皮神経 肩関節の内転、屈曲
M-11 上腕二頭筋 長頭 肩甲骨(関節上結節) 橈骨(橈骨粗面) 肘関節の屈曲、前腕回外
短頭 肩甲骨(烏口突起) 橈骨(橈骨粗面)、前腕筋膜 肘関節の屈曲、前腕回外
M-17 上腕筋   上腕骨(遠位2/3の前面) 尺骨(尺骨粗面) 肘関節の屈曲
M-6 上腕三頭筋 長頭 肩甲骨(関節下結節) 尺骨(肘頭) 橈骨神経 肘関節の伸展
外側頭 上腕骨(後面) 肘関節の伸展
内側頭 上腕骨(前面) 肘関節の伸展
M-18 腕橈骨筋   上腕骨(外側上顆) 橈骨(茎状突起) 肘関節の屈曲、前腕回内回外位から半回内位に回旋
N-2 回外筋   上腕骨(外側上顆、外側下部) 橈骨(近位外側面) 前腕回外
P-1 長橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆)、尺骨(回外筋) 第2中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-2 短橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆) 第3中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-3 尺側手根伸筋 上腕骨頭 上腕骨(外側上顆) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
尺骨頭 尺骨(斜線と後縁) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
N-1 方形回内筋   尺骨(遠位1/4の前面) 橈骨(遠位1/4の前面) 正中神経 前腕回内
N-3 円回内筋 浅頭・上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
深頭・尺骨頭 尺骨(鈎状突起) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
O-1 橈側手根屈筋   上腕骨(内側上顆) 第2中手骨、第3中手骨(底前面) 手関節の掌屈、橈屈
O-3 長掌筋   上腕骨(内側上顆) 手首の屈筋支帯手掌腱膜 手関節の掌屈、手掌腱膜の緊張
O-6 長母指屈筋   橈骨(中部の前面) 母指末節骨(掌側面) 母指の屈曲(主にIP関節)
O-4 尺側手根屈筋 上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 尺骨神経 手関節の掌屈、尺屈
尺骨頭 尺骨(肘頭、後面上部) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 手関節の掌屈、尺屈


肘内障」

  [★]

internal derangement of the elbow, pulled elbow
脱臼肘関節

受傷機転

  • 小児が肘伸展、前腕回内位で急に手を引っ張られた際に発生する。

疫学

  • 就学前の小児、2-5歳(医学事典)/2-6歳(SOR.385)

症候・身体所見

  • 肘に腫脹は認められない。
  • 疼痛があるため、肘関節伸展、回内位のまま上肢を下垂して動かさない。

検査

  • 単純X線写真:異常はない

治療

  • 整復
  • 無麻酔下で整復できる。
  • 整復後、外固定は不要である。
()ビジュアル基本手技 カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫 改訂版 p.77
1. (患側が右の場合)術者の左手で患側の橈骨頭を軽く押し、右手で患側の前腕を把持し、患側の肘関節を60-70°屈曲、前腕を40-50°回内させる
2. 橈骨頭を強く押しながら患側の前腕を回外させる
あまり参考にならない。



上腕二頭筋」

  [★]

biceps brachii (K.M-11), biceps brachii muscle, biceps
musculus biceps brachii
烏口腕筋上腕筋
  • 図:N.407,414
筋名 起始 停止 支配神経 機能
上腕二頭筋長頭 肩甲骨(関節上結節)→ 橈骨(橈骨粗面) 筋皮神経 肘関節屈曲前腕回外
上腕二頭筋短頭 肩甲骨(烏口突起) 橈骨(橈骨粗面)前腕筋膜 筋皮神経 肘関節屈曲前腕回外

Arm muscle anterior N 414.jpg

  1. ref(biceps_brachii.png,上腕二頭筋)

カテゴリ

上腕の筋>:上腕の筋



腕橈骨筋」

  [★]

brachioradialis muscle(N), brachioradialis
musculus brachioradialis
上肢の筋
  • 図:N.429(前腕前面の浅層) N.430(前腕前面の中間) N.431(前腕前面の深層)
  • 遠位端から始まり遠位端に停止する唯一の筋 (K.55)

起始

停止

  • 橈骨の茎状突起

神経

機能 (K.55に詳しい)

カテゴリー

上腕の筋:>上腕の筋



回外筋」

  [★]

supinator (K), supinator muscle
musculus supinator
外旋筋 lateral rotator
回外筋円回内筋方形回内筋


  • 図:K.55 N.403(筋の付着) N.423

起始

停止

神経

機能

カテゴリ

前腕の回旋筋>:前腕の回旋筋



肘関節筋」

  [★]

articularis cubiti (K), articular muscle of elbow
musculus articularis cubiti


外傷性肘関節脱臼」

  [★]

traumatic dislocation of  the elbow

肘関節遊離体」

  [★]

Ioose bodies in the elbo\*  joint

関節」

  [★]

joint joints, synovial joints
juncturasynovialis, articulationes synoviales
滑膜性の連結 synovial joint junctura synovialis

種類



節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡