肋骨横隔膜角

出典: meddic

costophrenic angle CPA
胸水心横隔膜角

  • 単純胸部X線写真で認められる肺底外側部における壁側胸膜の折り返し部分
  • 正常では鋭角となる。
  • 胸水の貯留により弧状に鈍化する。

和文文献

  • 胸部X線像における肺尖から肋骨横隔膜角までの肺境界検出
  • 永田 亮一,川口 剛,三宅 秀敏
  • Medical imaging technology 27(5), 341-349, 2009-11-25
  • NAID 10026248257
  • 肺線維平滑筋腫性過誤腫の1例
  • 石倉 久嗣,吉澤 潔,森田 純二,三浦 一真,高橋 裕児
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 12(7), 832-836, 1998-11-15
  • … 平滑筋由来のものは稀である.今回我々は, 嚢胞内に単発性陰影を呈した肺線維平滑筋性過誤腫を経験したので, 若干の文献的考察を加え報告する.症例は35歳, 女性.主訴は左胸痛.胸部X線写真及びCTにて, 左肋骨横隔膜角に嚢胞と充実性の腫瘤陰影があり, 胸腔鏡下に生検した.術中迅速診で過誤腫が最も疑われるとの診断であった.永久標本にては軟骨組織, 血管成分は全く認められず, 平滑筋が結節状に増生し, 気管支上皮 …
  • NAID 110001271442

関連リンク

さて今回は、胸部レントゲン写真から解る「横隔膜」に関係した所見の解説 を再開したいと思います。 ⑫肋骨横隔膜角鈍化:なんとなくでも結構ですから、胸部レントゲン写真(正 面から見たところ)を頭の中で思い浮かべ ...
シルエット・サインについては、ご理解いただけたでしょうか。大事なところですから、よーく確認してください。さてさて、ようやく次の項目へ進めますね。縦隔を見たら、次は横隔膜、そして肋横角(肋骨横隔膜角=costophrenic angle ...
【ベストアンサー】肋骨の横隔膜角、肋骨横隔膜角 (costophrenic angle) といい、左右肺のレントゲン写真で通常最も下端にでてくる 鋭角の三角形の部分。 右のコストフレニックアングルが鈍角に ...


★リンクテーブル★
先読み胸水
国試過去問106H037
リンク元CPA」「心横隔膜角
関連記事横隔膜」「肋骨」「」「隔膜

胸水」

  [★]

pleural effusion, pleural fluid
胸膜滲出液 pleural exudate
胸水貯留あるいは胸水、胸水貯留
  • 胸膜腔内の液体。

組成

IMD.457
0.1-0.2 ml/kg
細胞数 1000-5000 /ul
 mesothelial cells 3-70%
 monocytes 30-75%
 lymphocytes 2-30%
 granulocyte 10$
蛋白 1-2 g/dl
アルブミン 50-70%
血糖と同じ
LDH 血清レベルの50%以下
pH 血清よりややアルカリ性

種類

  漏出性胸水 滲出性胸水
外観 透明 混濁
比重 <1.015 >1.018
タンパク <2.5 g/dL >3.0 g/dL
LDH <200単位 >200単位
Rivalta反応 (-) (+)

原因疾患

  • 漏出性胸水:うっ血性心不全が多い
  • 滲出性胸水:結核性胸膜炎と癌性胸膜炎が半数以上

漏出性胸水

原因による分類

  • 静水圧↑:うっ血性心不全、収縮性心膜炎、アミロイドーシス
  • 血漿膠質浸透圧↓:ネフローゼ症候群、肝硬変、低栄養

滲出性胸水

身体所見

  • 打診
  • 肺肝境界:(右肺ならば)上昇
  • 心濁音境界:(十分に貯留していれば)消失
  • 聴診
  • 呼吸音:減弱~消失。
  • 肺胞呼吸音減弱
  • 気管支呼吸音増強




106H037」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 57歳の男性。会社員。労作時の息苦しさを主訴に来院した。
  • 現病歴: 10日前から夜に咳込むようになった。 4日前から自宅の階段を昇るときに息苦しさを自覚するようになり、次第に症状が増悪したため受診した。
  • 既往歴 : 43歳時に尿管結石。会社の健康診断で、 45歳時に高血圧を、 55歳時に心房細動を指摘されたが、受診しなかった。
  • 生活歴 : 3か月前からオウムを飼っている。
  • 家族歴:父親が高血圧症で加療中。
  • 現 症:意識は清明。身長167cm、体重64kg。体温36.1℃。脈拍124/分、不整。血圧146/84mmHg。呼吸数30/分。甲状腺の腫大を認めない。聴診上、 III音を聴取する。両側の胸部でcoarse cracklesを聴取する。両側の下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見:心電図で心房細動を認める。胸部エックス線写真(別冊No. 4)を別に示す。
  • この患者の胸部エックス線写真の所見として認められるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H036]←[国試_106]→[106H038

CPA」

  [★]


心横隔膜角」

  [★]

cardiophrenic angle
肋骨横隔膜角


  • 胸部単純X写真上、心臓と横隔膜が作る角


横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






肋骨」

  [★]

rib, ribs
costae

発生学


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



角」

  [★]

角度コーナー触角


隔膜」

  [★]

diaphragma
横隔膜




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3