羊水混濁

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CTによるAutopsy imagingが死因検索に有用であった新生児呼吸障害の一例
  • 楊井 章紀 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 86(2), 69-74, 2011-06-25
  • 羊水混濁と呼吸障害から胎便吸引症候群を疑ったが、気管内挿管困難であった。 …
  • NAID 110008620335
  • P1-21-11 抗亜鉛コプロポルフィリン抗体の胎盤病理組織染色における有用性について : 正常症例,羊水混濁症例においての免疫組織染色の検討(Group46 妊娠・分娩・産褥の生理・病理11 羊水・胎盤,一般演題,第63回日本産婦人科学会学術講演会)
  • 古田 直美,谷口 千津子,小林 友季子,中村 友紀,平井 久也,内田 季之,鈴木 一有,杉原 一廣,伊東 宏晃,金山 尚裕
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 607, 2011-02-01
  • NAID 110008509246

関連リンク

羊水混濁とは?原因と胎児への影響は?羊水が緑に濁るの? 2016年10月7日 こそだてハック 妊娠中に子宮の中を満たし、赤ちゃんを守っている「羊水」。赤ちゃんが羊水を飲み込んだり吐き出したりすることで肺の成長も促しています。
羊水が濁っているって、どういうこと?羊水が濁っていることを、羊水混濁といいます。おなかの中で赤ちゃんの腸はほとんど動いていませんが、何かの原因で赤ちゃんが苦しくなると、副交感神経の働きが強くなってしまい腸の運動 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問108G053」「092E034」「098G085
関連記事羊水」「混濁

108G053」

  [★]

  • 35歳の初妊婦。妊娠 40週 4日。陣痛発来のため入院した。妊娠 39週時の妊婦健康診査では胎児推定体重は 2,450gで、羊水ポケットは 3 cmと測定された。身長 161cm、体重 61 kg(非妊時 52 kg)。内診所見は、児頭は骨盤入口部にあり、展退度 50%、子宮口は 3 cm開大、頸管の硬度はやや軟、児頭下降度 SP-2 cm。その他に異常所見を認めない。陣痛はほぼ 10分周期である。その後、陣痛は次第に増強し、入院後7時間経過した時点で破水し、羊水混濁を認めた。内診所見は子宮口は 10 cm開大、児頭下降度 SP+1 cmとなった。その時の胎児心拍数陣痛図 (別冊 No.7A)と、さらに 30分後の胎児心拍数陣痛図 (別冊 No.7B)とを別に示す。内診所見は児頭下降度SP+3 cmで、矢状縫合は骨盤前後径に一致し小泉門を恥骨後面に触れる。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108G052]←[国試_108]→[108G054

092E034」

  [★]

  • 出生直後の新生児。41週5日、3,200gで出生した。分娩時間第I期14時間、第II期1時間40分。羊水混濁があり、胎盤は黄染していた。臍帯動脈血pH 7.25。Apgarスコア5点(1分)、7点(5分)。鳴き声が弱く、軽度のチアノーゼを認めた。口腔内を吸引し、酸素を再び投与たところ、チアノーゼは改善し泣き声も強くなった。約10分後、再びチアノーゼと多呼吸とが出現した。、聴診上、心雑音はないが、呼吸音は両側とも減弱している。
  • まず行うべき処置はどれか。

098G085」

  [★]

  • 正しい組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G084]←[国試_098]→[098G086

羊水」

  [★]

amniotic fluid (Z)
liquor amnii
胎水
[[]]

性状

  • pH 8-9
  • 比重:1.006-1.012

成分

  • 種々の成長因子、電解質、低濃度の蛋白質、アミノ酸、糖質、α-フェトプロテイン、リン脂質、酵素、プロラクチン、性ステロイドホルモン

産生

  • 妊娠初期:羊膜
  • 妊娠中期:胎児腎臓(胎児尿)、胎児肺(肺胞液)

腎による羊水の産生

  • 尿細管は妊娠7週で形成され、妊娠10週には腎は尿を排泄するようになる。妊娠5ヶ月頃から腎盂、膀胱に尿が貯留し、随意的排尿が見られるようになる。(NGY.283)

羊水量

  • 胎盤完成期から急増して、妊娠7-8ヶ月でピーク(700ml)となり、妊娠末期に減少して50-500mlとなる。

吸収

  • 妊娠初期:羊膜
  • 妊娠中期:嚥下→腸管から吸収→胎盤→母胎

機能

MGY.292 G10M34
  • 胎児の保護(物理的衝撃、体温保持)
  • 運動空間の確保
  • 胚の成熟

臨床関連

量的な異常

疾患 最大羊水深度 羊水インデックス
MVP AFI
羊水過多症 ≧8cm ≧24cm
羊水過少症 ≦2m ≦5cm


混濁」

  [★]

opacity
乳白度不透明



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡