線維芽細胞

出典: meddic

fibroblast
線維芽球



増殖のトリガー


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/08 13:46:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 25.胸壁・胸膜に発生した炎症性筋線維芽細胞腫瘍の1例(第37回 日本呼吸器内視鏡学会東北支部会)
  • 対馬 敬夫,木村 大輔,境 雄大,福田 幾夫,畑山 佳臣,掛端 伸也,西條 康夫,鎌田 義正
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(5), 390, 2011-09-25
  • NAID 110008750473
  • iPS細胞を用いた脳再生療法の実現に向けて : 腫瘍化をいかに防ぐか(<特集>明日の脳神経外科を拓く神経科学)
  • 山下 徹,河相 裕美,阿部 康二
  • 脳神経外科ジャーナル 20(8), 585-588, 2011-08-20
  • … pluripotent stem cells(iPS細胞)は,皮膚線維芽細胞などの体細胞に複数の転写因子を導入することで作製される多能性幹細胞である.さまざまな種類の細胞や組織を分化誘導できる可能性がある反面,細胞移植治療に用いるためには腫瘍形成等の安全性の問題を解決する必要がある.最近,われわれはマウス一過性虚血モデルに複数のiPS細胞株を移植し腫瘍形成などを評価したところ,レトロウイルスを用いずに作製したiPS細胞 …
  • NAID 110008713065
  • O5-4 マウス消化管筋層における線維芽細胞様細胞の組織学的検討(一般口演5,第53回日本平滑筋学会総会)
  • 堀口 和秀,飯野 哲
  • 日本平滑筋学会雑誌 15(1), "J-33", 2011-07-06
  • NAID 110008686555

関連リンク

線維芽細胞. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内、 検索. 線維芽細胞(せんいがさいぼう、英: fibroblast)は、結合組織を構成する細胞の1つ。 コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった真皮の成分を作り出す。 Fibroblast.jpg ...
Fibroblast. 皮膚の機能を保つ上で最も重要な細胞である.正常組織ではめだった機能 を有しないが,揖傷が加わると揖傷部に遊走し,コラーゲンなどの細胞外マトリックスの 産生を始める結合組織の固有細胞であり,細胞外マトリックスを更新する,細胞及び ...

関連画像

間質:線維芽細胞(強拡大像)線維芽細胞線維芽細胞の賦活の画像図1 ヒトiPS細胞 線維芽細胞線維芽細胞 線維芽細胞は、コラーゲン線維


★リンクテーブル★
国試過去問102B037」「100G038」「107E015」「102E023
リンク元インターフェロン」「血管」「fibroblast」「細網細胞」「線維細胞
拡張検索酸性線維芽細胞成長因子」「マウス胚性線維芽細胞」「マウス胎仔線維芽細胞
関連記事芽細胞」「細胞」「線維

102B037」

  [★]

  • 肺の細胞と機能の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B036]←[国試_102]→[102B038

100G038」

  [★]

  • 肺表面活性物質を産生するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G037]←[国試_100]→[100G039

107E015」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107E014]←[国試_107]→[107E016

102E023」

  [★]

  • 創傷の肉芽形成で増えるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E022]←[国試_102]→[102E024

インターフェロン」

  [★]

interferon interferons IFN
オーアイエフIFNβモチダアドバフェロンアボネックスイムノマックス-γ、イントロンA、スミフェロンフエロンベタフェロンペガシスペグイントロン

概念

  • サイトカインの一種で抗ウイルス作用、免疫修飾作用、抗増殖活性を有する。(GOO.1261)

種類

  • I型インターフェロン
ウイルスに感染して誘導され、強い抗ウイルス作用を有する
  • II型インターフェロン
非ウイルス誘導性

表(SMB.426)

    産生細胞 種類 誘発因子 作用
I型インターフェロン IFN-α 好中球マクロファージなど 14種類以上 ウイルス細菌内毒素 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
IFN-β 線維芽細胞、上皮細胞など 1種類 ウイルス、2本鎖RNA 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
II型インターフェロン IFN-γ T細胞NK細胞など 1種類 抗原刺激、サイトカイン 免疫細胞の活性化、免疫系の制御

各インターフェロンについて

GOO.1261
  • ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 意義:ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 産生細胞:ほとんど全ての細胞
  • 産生のトリガー:二本鎖RNA、ある種のサイトカイン(IL-1, IL-2, TNF)
  • 作用:抗ウイルス作用、抗増殖作用:(1) リンパ球、NK細胞、およびマクロファージの細胞障害作用の亢進、(2) MHC class Iの発現の亢進作用  ← 抗ウイルス活性
  • 意義:マクロファージの活性化
  • 産生細胞:T細胞、NK細胞、マクロファージのみ!
  • 産生のトリガー:抗原刺激、mitogen、特定のサイトカイン
  • 作用:抗ウイルス作用は弱い。強力な免疫調整作用:(1) マクロファージの強力な活性化、(2) MHC class IIの発現の亢進、(3) 局所炎症反応の仲介(madiation)

インターフェロンの抗ウイルス作用

  • インターフェロンをシグナルとして受け取った細胞は以下の物質を産生して抗ウイルス作用を発揮する。

適応

副作用

発熱 ほぼ必発
甲状腺機能異常 約10%
間質性肺炎 非常に稀
精神症状 約10%
白血球減少 ほぼ必発
血小板減少 ほぼ必発
蛋白尿 約10%
糖尿病 0.1-5%
口腔内病変 約20%
脱毛 約5%
眼底出血 約20%


血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



fibroblast」

  [★] 線維芽細胞

fibroblasts, scleroderma phenotype

WordNet   license wordnet

「a cell from which connective tissue develops」


細網細胞」

  [★]

reticulum cell, reticular cell
細網組織線維芽細胞




線維細胞」

  [★]

fibrocyte
線維芽細胞



酸性線維芽細胞成長因子」

  [★]

acidic fibroblast growth factoraFGF
線維芽細胞増殖因子-1、線維芽細胞増殖因子1、酸性線維芽細胞増殖因子


マウス胚性線維芽細胞」

  [★]

mouse embryonic fibroblastMEF
マウス胎仔線維芽細胞マウス胎仔由来線維芽細胞

マウス胎仔線維芽細胞」

  [★]

mouse embryonic fibroblast
マウス胚性線維芽細胞マウス胎仔由来線維芽細胞


芽細胞」

  [★]

glast cell, blast, blastocyte
幼若化応答


細胞」

  [★]

cell
cellula




線維」

  [★]

fiber, fibre





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡