網膜前出血

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Valsalva 網膜症にNd:YAGレーザーが有効であった1例
  • 松崎 淳,谷内 修太郎,井上 真,平形 明人
  • 眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica 2(7), 620-623, 2009-07-15
  • NAID 10025150918

関連リンク

2008年10月1日 ... 網膜前出血は普通は暫くするとこの写真のように血漿と血餅が上下に分かれてお椀型 に水平面を形成する(ニーボーの形成といいます;出典)ものですが、まだその赤血球の 分離沈殿も起きていない、出来立てほやほやの網膜前出血です。
2010年3月1日 ... 臨床的に後部硝子体下出血と内境界膜下出血を合わせて網膜前出血という; 黄斑部に 好発する; 経過とともにniveauを形成する; 硝子体内に血液が拡散すると硝子体出血と なる. ↑. 文献・更新日 † · ref79; 2006-02-11. ↑. コメント †. お名前: ...

関連画像

網膜前出血画像をクリックすると拡大表示 網膜前出血(増殖網膜症)糖尿病網膜症の硝子体手術後網膜の毛細血管が詰まったり 糖尿病網膜症 of さいとう眼科


★リンクテーブル★
リンク元糖尿病網膜症」「眼底出血」「硝子体出血
関連記事網膜」「」「出血

糖尿病網膜症」

  [★]

diabetic retinopathy, DR
retinopathia diabetica
糖尿病性網膜症
糖尿病福田分類
[show details]


疫学

  • 糖尿病の有病率は740万人(2002年の厚生労働省統計)で、糖尿病網膜症はその30-50%が罹患している。
  • 罹病期間が10年以上の糖尿病患者の約50%が何らかの網膜症を有し、全糖尿病患者の少なくとも1%が失明。
  • 糖尿病性網膜症は、未治療で経過した場合、7年で50%、20年以上で90%以上が発症する。25年以上では網膜症を有する患者の25%が増殖網膜症となる。

遺伝形式

病変形成&病理 SOP.138

  • 細小血管 = 内皮細胞 + 基底膜 + 周皮細胞
  • 糖尿病により細小血管が傷害される。
  • 1. 基底膜の肥厚と周皮細胞の消失 → 周皮細胞の消失により血管壁は薄くなり、脆弱化が進行する。
  • 2. 内皮細胞の増殖 → これにより毛細血管瘤が形成
  • 3. 2.がみられるころに、血管網膜関門の破綻により硬性白斑が形成される
  • 4. 1-3.により血流障害、血栓形成をきたし血管床閉塞を生じる

病理変化

分類

眼底所見による分類

SOP.138-139
  • 1. 単純網膜症 :血管症の初期病変
[show details]
  • 2. 前増殖網膜症:病変が進行し毛細血管の閉塞が進行している状態
  • 新生血管:毛細血管の閉塞に続発した虚血性変化。最初は網膜内で発育。
  • 軟性白斑(綿花様白斑):毛細血管の閉塞に続発した虚血性変化。神経線維層の梗塞。網膜神経線維の虚血による軸索の膨化(CBT QB vol2 p.495)。網膜表層は白色の混濁を呈し、境界は硬性白斑よりも不鮮明。
  • 火焔状網膜出血、静脈異常、網膜内細小血管異常(IRMA)。(出典不明)
  • 3. 増殖網膜症 :血管床の閉塞が拡大し網膜虚血が進行し、網膜硝子体に血管新生を発症したもの
  • 新生血管増殖:網膜内から内境界膜を貫き、網膜表面~硝子体に向かって成長していく
  • 硝子体出血:新生血管により網膜と後部硝子体膜とが癒着し、この状態で硝子体剥離が生じると、新生血管が牽引され破綻する。
  • 増殖膜の形成:
  • 牽引性の網膜剥離:硝子体剥離だけでなく、網膜を剥離して牽引性の網膜剥離を生じる。
  • 網膜前出血。(出典不明)

David分類

DMR.200
  • 1. 単純糖尿病網膜症 :毛細血管瘤、点状・斑状出血、火焔状出血、少数の軟性白斑
  • 2. 増殖前糖尿病網膜症:多発する軟性白斑、網膜内細小血管異常、静脈異常、無灌流域
  • 3. 増殖糖尿病網膜症 :新生血管、硝子体出血、線維血管性増殖組織、牽引性網膜剥離 ← 網膜の中ではなく、網膜上の新生血管

参考

  • 1.
[display]http://www.nmckk.jp/pdf/thesis/JJCD/024/007/JJCD_024_007_1051.pdf

国試


眼底出血」

  [★]

fundal hemorrhage, hemorrhage in ocular fundus
硝子体出血


  • 後部硝子体下出血(網膜内境界膜と後部硝子体の間の出血) ←本当はこれだけを指して言う
  • 内境界膜下出血(内境界膜と神経線維層との間の出血)
黄斑部に後発。凝固していない血液が黄斑を覆い、にボーを形成する。
原因:血管疾患、網膜細動脈瘤破裂など網膜浅層の病変、増殖性糖尿病網膜症など網膜症死体新生血管の硝子体牽引
硝子体出血 vitreous hemorrhage
後部硝子体から硝子体内に血液が拡散した場合
神経線維層に出血
原因:急激な静脈のうっ滞(網膜静脈閉塞症、乳頭浮腫)白血病
 →火炎状出血
内顆粒層に分布する毛細血管網からの出血で、外網状層に貯留
原因:糖尿病
→点状出血
視細胞層と網膜色素層の間
原因:網膜下の新生血管、鈍的外傷
脈絡叢から色素上皮下に進入した新生血管の破綻性出血
原因:外傷


硝子体出血」

  [★]

vitreous hemorrhage
haemorrhagia corporis vitrei
眼底出血網膜前出血


原因

出典不明


網膜」

  [★]

retina
眼球



  • 図:SP.275,

組織学

  • 10層よりなる (SP.275)
構造 細胞体
脈絡膜
網膜
1 色素上皮層   色素上皮細胞 pigment epithelium cell
2 杆体錐体層 rod and cone layer    
3 外境界膜      
4 外顆粒層 outer nuclear layer 視細胞 photoreceptor
5 外網状層 outer plexiform layer    
6 内顆粒層 inner nuclear layer 双極細胞 bipolar cell
水平細胞 horizontal cell
アマクリン細胞 amacrine cell
7 内網状層 inner plexiform layer    
8 神経節細胞層 ganglion cell layer 神経節細胞 ganglion cell
9 神経線維層 optic nerve fiber layer    
10 内境界膜      
  • 視細胞層(外顆粒層)には以下の細胞が存在


臨床関連


血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡