細胞性半月体

出典: meddic

cellular crescent


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 糸球体ボウマン嚢上皮にウイルス感染細胞を認めたBKウイルス腎症の1例
  • 川西 邦夫,本田 一穂,清水 朋一,田邉 一成,小田 秀明,西川 俊郎
  • 東京女子医科大学雑誌 84(E2), E289-E294, 2014-03-31
  • … 免疫抑制剤を増量し経過をみていた.移植後約2年に、血清クレアチニン(Cr) 1.95 mg/dLと上昇を認め、急性拒絶反応を疑い腎生検を施行したところ、広範な尿細管間質炎、尿細管上皮傷害に加え、核内封入体の形成を認め、抗SV-40 (Simian virus 40) -T antigen抗体陽性であることからBKVNと診断した.SV-40陽性細胞は、髄質・皮質の尿細管のみならず、一部のボウマン嚢上皮にも認められ、細胞性半月体様の増殖性変化を伴っていた. …
  • NAID 110009770497
  • IgA腎症と細胞性半月体を伴う管内増殖性糸球体腎炎合併例に対する血漿交換とステロイドパルス療法
  • 菊池 麻美,小川 哲也,樋口 千恵子 [他],大塚 邦明,KIKUCHI Asami,OGAWA Tetsuya,HIGUCHI Chieko,OTSUKA Kuniaki
  • 東京女子医科大学雑誌 82(4), 229-232, 2012-08-25
  • 【症例】 39歳 女性 【主訴】 肉眼的血尿,【現病歴】 33歳より尿蛋白,尿潜血を認め,37歳時には感冒直後に肉眼的血尿を呈していた。今回,溶連菌感染性扁桃腺炎に罹患し,直後からの肉眼的血尿,蛋白尿およびBUN 35.2mg/dl,Cre3.94mg/dlと腎機能障害を認めたため入院となった。入院後,輸液と抗生剤の投与にて血清Creの改善を認めたが,血尿の改善を認めず尿蛋白は増加傾向であった。臨 …
  • NAID 110009557322
  • 細胞性半月体を伴う管内増殖性糸球体腎炎に対し血漿交換とステロイドパルス療法を施行した1例
  • 菊池 麻美,小川 哲也,樋口 千恵子,大塚 邦明
  • 東京女子医科大学雑誌 82(1), 41-42, 2012-02-25
  • 第345回東京女子医科大学学会例会 平成24年2月25日(土) 東京女子医科大学 綜合外来センター5階
  • NAID 120005262976

関連リンク

腎臓・泌尿器:半月体形成性糸球体腎炎:ミクロ像(HE強拡大):細胞性半月体をBowman嚢内腔に認める(黄色点線)。またその近傍の係蹄にはfibrinの析出がみられる(赤色点線)。
上図:急速進行性糸球体腎炎の腎生検組織(PAS染色)。糸球体とボウマン嚢の間に細胞性半月体が認められる。時間の経過とともに線維化が進行し、治療に反応しなくなる。細胞性半月体では、同部にフィブリノーゲンが強く染色 ...
病理学的には多数の糸球体に細胞性から線維細胞性の半月体の形成を認める壊死性半月体形成性糸球体腎炎(necrotizing crescentic glomerulonephritis)が典型像である ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事半月体」「」「細胞性」「細胞」「半月

半月体」

  [★]

腎臓内科

crescent
半月体形成
  • ボーマン腔が細胞によって満たされ、半月様の形態を呈しているもの

感染症

malarial crescent
  • 熱帯マラリア原虫の生殖母体である。
  • 末梢血中の赤血球中に見られる?




体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


細胞性」

  [★]

cellularitycellularcell-mediated
細胞


細胞」

  [★]

cell
cellula





半月」

  [★]

semilunar
カフ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3