細胞内液

出典: meddic

intracellular fluid ICF
細胞外液

体液量

  新生児 乳児 幼児 成人 高齢者
全体液量 80 70 65 60 50
 細胞内液40 40 40 40 35
 細胞外液40 30 25 20 15
  組織間液 35 25 20 15 10
  血漿 5 5 5 5 5

性差、年齢

  • 女性、肥満者は脂肪細胞(水分を保持しない)のために体液量が男性より少ない
  • 新生児には組織間液が多い

細胞内液の組成

  • 細胞内液の陰イオンはリン酸イオンが大半を占め、次いで蛋白質、であり重炭酸イオンや塩素イオンはわずかである。(SP.761)。リン酸イオンが多いのは細胞内のATPの合成に使われる他、pH緩衝にも用いられるため、と思う。




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/03 03:08:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スラリー状態にある回収ビール酵母の物理的損傷の評価
  • 川村 公人,中嶋 光敏
  • 日本食品科学工学会誌 59(5), 205-212, 2012
  • … ファーメンターを用いた連続ストレス試験を実施した.本酵母は飢餓状態にあり,この酵母に対する保存温度および保存中に攪拌が及ぼす影響を評価した.酵母スラリー中のタンパク質濃度,pH調査による細胞内液漏出物を用いた生化学的評価および形態観察結果から,以下の結論を得た.<BR>4℃の低温において酵母は保存温度および攪拌強度によるダメージを受けにくく,酵母保存温度の上昇に伴い酵母はダメー …
  • NAID 130002079575
  • 体肢の体水分量に月経周期が与える影響
  • 松田 かおり,畑 優樹,秋山 友美 [他]
  • 京都府立医科大学看護学科紀要 19, 29-33, 2010
  • NAID 40017057140
  • ヤングリサーチャーレポート 身体組成とエネルギー消費量のより精確な簡便法とその応用--二重標識水(DLW)法を用いた検証 (第21回ランニング学会大会・プログラム報告)
  • 体液,細胞内液,細胞外液の考え方 (今すぐに役立つ輸液ガイドブック) -- (生理学総論)

関連リンク

細胞内液(さいぼうないえき、英: intracellular fluid)は、体液のうち細胞内に存在する ものの総称。動物種により異なるが、体重の30~40%程度を占め、細胞の種類により その含有率は異なる。細胞膜を介して物質交換を行っており、同一の細胞であっても 活動 ...
体液は大きく細胞内液(ICF)と細胞外液(ECF)に分けられるが、細胞内液は体液に 含まないことが多い。 細胞外液には、血液や ... ヒトの成人男性において、健常時の 全体液(細胞内液+細胞外液)は体重の60%を占める。 内訳は、体重に対して細胞内 液 ...

関連画像

 Intracellular fluid(細胞内液 は体重に対して細胞内液が40%細胞内液ナトリウムイオンとカリウム  細胞内液は体液に含めないこと


★リンクテーブル★
リンク元体液」「細胞外液」「間質
関連記事細胞

体液」

  [★]

body fluid
細胞外液細胞内液


体液と血液の容量 ICU.184

  男性 女性
体液 600 mL/kg 500 mL/kg
 全血液 66 mL/kg 60 mL/kg
  血漿 40 mL/kg 36 mL/kg
  赤血球 26 mL/kg 24 mL/kg

体液の区分

  • 成人で体重の60%
  • 体液はさらに血漿・組織液・細胞内液に分類される
    • 血漿  :5%
    • 組織液 :15%
    • 細胞内液:40%
  • 体液のうち、血漿のみが外部環境との連絡がある。すなわち開放系である。
  • 血漿と組織液は濾過、浸透により物質が移動する

体液の組成

  • 図:SP.761, PT.3
  • 細胞外:Na+,Cl*が多い
  • 細胞内:K+が多い
  • 組織液:タンパク質が少ない

体液の恒常性

  • 組成・量・浸透圧・pHはほぼ一定に保たれている
  • 血漿電解質の正常値
    • Na 139*146 mEq/l
    • Cl 101*109 mEq/l
    • K 3.7*4.7 mEq/l
    • Ca 8.5*10.2 mg/dl
    • P 2.5*4.5 mg/dl
  • 血漿のタンパクの正常量
    • TP 8.5 g/dl ←Total protein
    • Alb 4.5 g/dl
    • Globulin 3.0 g/dl

体液(水分)の出納

摂取 排出
食物 1100 ml 尿 1400 ml
飲水 1100 ml 不感蒸散 1000 ml
代謝水 300 ml 大便 100 ml
合計 2500 ml 合計 2500 ml

血漿浸透圧の正常値

    • 275*290 mOsm/kg・H2O
    • 血漿浸透圧の算出

  血漿浸透圧(mOsm/kg・H2O) = 2[Na]+BS/18+BUN/2.8

   [Na]:(mEq/l)

  BS  :blood suger, 血糖 (mg/dl)   BUN :blood urea nitrogen, 血中尿素窒素 (mg/dl)

    • 血漿pHの正常値

  7.35*7.45   Henderson*Hasselbalchの式 (この式の導出はSP.767)    pH=pK+log([HCO3*]/αPCo2)

      • アシドーシス
      • アルカローシス

体液の動態

1.血漿と組織液の間の移動

  • 連続型毛細血管が血管と組織を隔てている→小さな分子は通し、大きな分子は通さない
  • 血漿と組織液の間で体液の移動を考える際の要素は「静水圧(厳密には違う)」と「膠質浸透圧」である
静水圧 膠質浸透圧
細動脈 細静脈
血漿 30mmHg 10mmHg 25mmHg
間質   ≒0mmHg 5mmHg
  • SP.580*も参考に。

リンパ循環

  • SP.583*も参考に。
  • 毛細血管→組織液 20 l/day
  • 組織液→毛細血管 18 l/day
  • 組織液→リンパ循環 2 l/day

2.組織液と細胞内液の間の移動

  • 組織液と細胞内液の間で体液の移動を考える際の要素は、「化学的平衡」と「電気的平衡」である。


細胞外液」

  [★]

extracellular fluid ECF
細胞内液細胞外液量


(簡単に言えば)細胞外液 = 血漿 + 組織間液


体液量

  新生児 乳児 幼児 成人 高齢者
全体液量 80 70 65 60 50
 細胞内液40 40 40 40 35
 細胞外液40 30 25 20 15
  組織間液 35 25 20 15 10
  血漿 5 5 5 5 5
  • 女性、肥満者は脂肪細胞(水分を保持しない)のために体液量が男性より少ない
  • 新生児には組織間液が多い


間質」

  [★]

interstitium, interstitial tissue, stroma
細胞内液細胞外液



細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡