粘性率

出典: meddic

coefficient of viscosity
粘度ニュートンの粘性法則

 γ(ずり速度 cm/s) = η(粘性率) × τ(ずり応力 g・cm/s2)
 粘性率ηの単位は
 γ:ずり速度
 τ:ずり応力
 η:粘性率。物質に固有の値。温度に依存。


血液の粘性率 (SP.577-)

  • 血流速度、血管の内径に依存するため、粘性率ηは定数でなくなる


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/16 04:20:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マイクロバブル豆乳泡沫の起泡力と排液率に影響する諸因子
  • 柘植 光代,高橋 智子,岩崎 裕子,大越 ひろ
  • 日本調理科学会誌 44(4), 263-271, 2011-08-05
  • … さらに豆乳粘性率と起泡時間を設定すればMB泡沫の起泡力と排液率を求める関係式を得た。 …
  • NAID 110008687449
  • キヌア澱粉糊およびゲルのレオロジー的性質
  • 大迫 早苗,永島 伸浩,石田 裕,岡田 早苗
  • 日本調理科学会誌 44(2), 169-173, 2011-04-05
  • … 5℃で測定した各10%澱粉ゲルのクリープ曲線は,すべて瞬間変形部をフック弾性体,遅延変形部は1組のフォークト粘弾性および定常変形部はニュートン粘性体の4要素型模型に対応させて解析したところ,キヌアは,遅延時間が短く,定常粘性率も比較的低いのが特徴であった。 …
  • NAID 110008593966
  • 豆乳泡沫の特性からみたマイクロバブル起泡の特徴
  • 柘植 光代,大越 ひろ
  • 日本調理科学会誌 44(1), 39-48, 2011-02-05
  • … 特に低粘性率の豆乳試料で起泡時間を延長すると, この効果が大きかった。 …
  • NAID 110008465031

関連リンク

粘度(ねんど,viscosity)は、流体のねばりの度合である。粘性率、粘性係数とも呼ぶ。 粘性のある液体を間にはさんだ面積 S の2枚の平板を相対速度 U で平行に動かすと、 動いている方向と反対方向に剪断応力(摩擦応力ともいう) τが発生する。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元viscosity」「ニュートンの粘性法則」「粘度」「ずり応力」「coefficient of viscosity
関連記事」「粘性

viscosity」

  [★]

  • n.
coefficient of viscosityviscous

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ねばねばすること,粘性」

WordNet   license wordnet

「resistance of a liquid to shear forces (and hence to flow)」
viscousness

ニュートンの粘性法則」

  [★]

newtonian law of viscosity
粘性率粘度
γ = η × τ
 γ:ずり速度
 τ:ずり応力
 η:粘性率。物質に固有の値。温度に依存。


粘度」

  [★]

viscosity
粘性率ポアズイユの法則血液粘性
  • 粘稠性の指標
  • 比例定数として粘性率がある



ずり応力」

  [★]

shear stress
粘性率



coefficient of viscosity」

  [★]

  • 粘性率
viscosity

率」

  [★]

rate
  • 集団における現象発生の頻度を表す指標。全体に対する部分の割合を示す。
  • 値は0~1


粘性」

  [★]

viscosity
粘性係数 viscosity coefficient

粘度





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡