節後ニューロン

出典: meddic

postganglionic neuron
節前ニューロン節前線維シナプス・アン・パサン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 先天性無痛無汗症 (特集 小児の痛み) -- (疾患・病態における鎮痛コントロール)
  • 犬童 康弘
  • 小児科 49(11), 1623-1629, 2008-10
  • 先天性無痛無汗症は温覚・痛覚と発汗機能を欠如し,精神遅滞を伴う常染色体劣性遺伝性疾患である。神経成長因子(NGF)のチロシンキナーゼ型受容体遺伝子TRKAの機能喪失性変異のため,NGFに依存するニューロンの分化と生存を維持する機構が障害される。結果として,侵害受容ニューロン,交感神経節後ニューロン,中枢神経ニューロンの一部が欠損する。侵害受容ニューロンは痛みを伝えるだけでなく,種々の生体反応をモニ …
  • NAID 120003072392
  • 脳幹における心臓血管運動ニューロンの機能解剖
  • 松本 正弘
  • The KITAKANTO Medical Journal 48(2), 103-125, 1998
  • 脳幹において心臓血管運動調節に関与する神経回路網について最近の知見を概観した.とくに吻側延髄腹外側野は脳幹において心臓血管運動の統合・制御を行う最後の出力野であり, 上位脳幹からの情報を脊髄循環中枢に投射している.脊髄循環中枢を構成する交感神経節後ニューロンは, 脊髄心臓運動ニューロンと脊髄血管運動ニューロンに分類でき, これらに投射する交感神経下行路はその機能によって規則的に配列している.しかし …
  • NAID 130000879952
  • 正常ネコおよび仙髄神経根切断ネコにおける外尿道括約筋の検討 : 第2報 : 下腹神経刺激に対する外尿道括約筋の反応
  • 柿崎 秀宏
  • 日本泌尿器科學會雜誌 83(7), 1085-1093, 1992-07-20
  • 正常ネコ(N群,28頭),術後短期(1〜3週,4頭)および長期(10〜24週,9頭)の仙髄神経根切断ネコ(それぞれSR群,LR群)を対象として,下腹神経刺激に対する外尿道括約筋の反応を検討した.1Hzの下腹神経刺激により,N群およびLR群において外尿道括約筋に誘発電位が記録された.誘発電位の潜時,刺激閾値は両群間に有意差はなかったが,誘発電位の大きさはLR群で有意に大きかった.N群,LR群とも誘発 …
  • NAID 110004036501

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 節後ニューロンの用語解説 - すなわち,体性神経系が生体の外界への反応を媒介する性格を示す一方で,自律神経系は生体の内部環境を整えるものであるとの見方ができる。自律神経の遠心性要素は,節前 ...
【ベストアンサー】節前線維は自律神経の神経節より前の線維で、脊髄側角に起こって神経節に終わります。節後線維は神経節から効果器までの線維で、神経節に起こって効果器に終わります ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み節前線維」「節前ニューロン
リンク元顔面神経」「下顎神経」「副交感神経系」「コリン作動性ニューロン」「アドレナリン作動性ニューロン
拡張検索交感神経節後ニューロン
関連記事ニューロン」「」「ニューロ

節前線維」

  [★]

preganglionic fiber, preganglionic fibers (B)
fibrae praeganglionares
節前ニューロン節後線維



節前ニューロン」

  [★]

()
preganglionic neuron


顔面神経」

  [★]

facial nerve
nervus facialis
第VII脳神経, 第七脳神経, 第7脳神経, CN VII, cranial nerve VII, seventh cranial nerve
中間神経脳神経
  • 図:N.117(全体) N.108,111,112(脳幹から出るところ)
  • 特殊感覚性と臓性運動性の線維は中間神経として顔面神経から分かれて脳幹から出ている (KL.648)
一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞 ○-< 節後ニューロン 分布と機能
中枢神経外 中脳 延髄 脊髄
          膝神経節           外耳道皮膚の感覚
          膝神経節           の2/3,口腔底、口蓋味覚
                  翼口神経節、顎下神経節 副交感神経顎下腺舌下腺涙腺、鼻と口蓋の腺
                    支配筋:顔の表情筋中耳アブミ骨茎突舌骨筋、顎二腹筋の後腹、広頚筋

由来

支配

走行

枝 (KL.649, N.117)

頭蓋からの出口

臨床関連



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






下顎神経」

  [★]

mandibular nerve (KL,KH)
nervus mandibularis
ガッセル神経節


一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞() 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
          三叉神経節           卵円孔 下唇を含む下顎と顔の外側部皮膚、下顎の顎関節、口の粘膜の2/3の感覚
                    卵円孔 支配筋:咀嚼筋顎舌骨筋、顎二腹筋の前腹、口蓋帆張筋鼓膜張筋
  • 三叉神経の枝のうち、唯一運動性の神経を有する。かつ、最大枝

由来

支配

走行

枝 (KL.645,646)

  • posterior trunk


副交感神経系」

  [★]

parasympathetic nervous system (KL)
pars parasympathica
自律神経系交感神経系副交感神経
  • 脳幹:CN III, CN VII, CN IX, CN X
  • S2-S4

節後ニューロン



コリン作動性ニューロン」

  [★]

cholinergic neuron
アドレナリン作動性ニューロン
  節前ニューロン 節後ニューロン
副交感神経 コリン作動性ニューロン コリン作動性ニューロン
交感神経 コリン作動性ニューロン アドレナリン作動性ニューロン
cholinergic neuron


アドレナリン作動性ニューロン」

  [★]

adrenergic neuron
コリン作動性ニューロン
  節前ニューロン 節後ニューロン
副交感神経 コリン作動性ニューロン コリン作動性ニューロン
交感神経 コリン作動性ニューロン アドレナリン作動性ニューロン
  • アドレナリンやノルアドレナリンを含むニューロン


交感神経節後ニューロン」

  [★]

交感神経交感神経節前線維交感神経節後線維


ニューロン」

  [★]

neuron, nerve cell
神経細胞、神経元?、神経単位?

組織学

構造

分類




後」

  [★]

afterfollowingsubsequentlateposteriorbehindafterwardafterwardspost
下記後期後方後側遅発遅発型晩発引き続くポスト遅い


ニューロ」

  [★]

neuro
神経




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3