筋トーヌス

出典: meddic

muscle tonus
トーヌス



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/10 17:52:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 診断支援機器の開発 (特集 パーキンソン病)
  • 遠藤 卓行,奥野 竜平,横江 勝 [他]
  • 綜合臨床 59(12), 2400-2403, 2010-12
  • NAID 40017415138
  • ダイナミックシステム同定法による筋トーヌス異常の系統的解析
  • 遠藤 卓行,奥野 竜平,横江 勝,赤澤 堅造,佐古田 三郎
  • バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms 34(2), 111-115, 2010-05-01
  • NAID 10026477804

関連リンク

目的 筋緊張(筋トーヌス)の状態を調べ、錐体路障害の有無を判断する 方法 全身の力を抜いてもらう 他動的に手、肘、膝、足の関節を屈曲し、抵抗の有無を調べる 観察項目 屈曲時における各部位の抵抗の有無 抵抗の消失・減弱、減 ...
筋トーヌスの亢進とは何か 筋トーヌスとは日本語でいうならば筋の緊張である。 筋緊張亢進には痙縮と筋強剛の2つに分けることができる。 痙縮は錐体路の障害によって出現する。急激な他動運動によって大きな抵抗を示すが、運動 ...
それは筋トーヌス (筋緊張)の亢進(痙縮と呼ばれます)です。 骨格筋はたえず不随意に緊張した状態にあると考えます。肘、手、膝、足関節を他動的に動かして、そのとき受ける抵抗から筋トーヌスをみます。 筋トーヌスの異常に ...

関連画像

背景筋緊張(タイトネス)テスト筋トーヌスの低下投稿画像


★リンクテーブル★
国試過去問108A031」「098E022
リンク元筋緊張異常

108A031」

  [★]

  • 48歳の男性。最近落ち着きがないことを主訴に来院した。 3か月ほど前から、歩くときに手が勝手に素早く動いてしまう、座っていると体幹が不規則に前後に揺れるなどを妻から指摘されている。このごろ理由なく激昂してしまう。顔面が不規則にしかめ面になり、構音はやや明瞭さを欠く。眼球運動障害はない。四肢の筋トーヌスは低下し、四肢体幹筋の素早い収縮による不随意運動があり、歩行時に著明になる。腱反射は正常、 Babinski徴候はみられない。 12歳の息子が最近同一疾患を発症したことが疑われている。
  • 本疾患と遺伝子変異様式が同一なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108A030]←[国試_108]→[108A032

098E022」

  [★]

  • 誤っているのはどれか。
  • a. 脊柱前彎とは後方凸の彎曲である。
  • b. 徒手筋力テストでは「5」が正常である。
  • c. Parkinson病では筋トーヌスが増加する。
  • d. 関節可動域は基本肢位を0度として測定する。
  • e. 脳卒中後遺症では深部反射が亢進する。
[正答]


※国試ナビ4※ 098E021]←[国試_098]→[098E023

筋緊張異常」

  [★]

dystonia
筋トーヌス





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡