第XIII因子活性中心

出典: meddic

active center of factor XIII

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

損傷部位のコラーゲンとトロンビンが血小板を活性化し、ホスホリパーゼCが活性化され る。 ホスホリパーゼCは ... モノマーにする。フィブリンモノマーは第XIII因子によって架橋 されてフィブリンポリマーとなり、他の血球を巻き込んで血餅(かさぶた)となる。
フィブリン繊維はさらに活性化第XIII因子(FXIIa)による分子内および分子間架橋反応 により安定化フィブリンに変換されて止血機能 .... される糖タンパク(分子量88,000)で あり,4つのappleドメインからなるheavy chainと,セリンプロテアーゼ活性中心を含む light ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「中心」「活性」「活性中心」「因子

心」

  [★]

heartmindcardiac
核心強心心臓心臓性
精神心陰影
心虚


漢方医学

機能

  • 1. 意識水準を保つ
  • 2. 覚醒・睡眠のリズムを調節する
  • 3. 血を循環させる

失調症状

→ 心虚
  • 焦燥感、不安感、集中力の低下、不眠、嗜眠、情緒不安定、顔面紅潮、舌尖の真紅、動悸、脈の結代、胸内苦悶感、息切れ


中心」

  [★]

centercentrehubcentrumcentrocentralmedial
センター中央中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的内側内側性中央に置く椎体中枢ハブ

活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動


活性中心」

  [★]

active center
活性部位 active site



因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡