第1度無月経

出典: meddic

amenorrhea first grade
第I度無月経第一度無月経第1度無月経
クッパーマン試験無月経第2度無月経消退出血
[show details]

概念

  • クッパーマン試験において、プロゲステロン投与によって消退出血を起こしうる無月経
  • 比較的軽度の無月経と判断される。
  • エストロゲンは十分に子宮内膜に作用しているが、プロゲステロンが作用しきれない?

原因

治療

  • プロゲステロンの周期投与
  • クロミフェン療法(エストロゲン分泌軽度低下~正常、プロゲステロン×)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 生殖・内分泌委員会報告 : 思春期における続発無月経の病態と治療に関する小委員会(平成9年度〜10年度検討結果報告) : 18歳以下の続発無月経に関するアンケート調査 : 第1度無月経と第2度無月経の比較を中心として
  • 中村 幸雄,宮川 勇生,石丸 忠之,加藤 紘,木下 勝之,黒島 淳子,小辻 文和,玉舎 輝彦,中村 幸雄,楢原 久司,野田 洋一
  • 日本産科婦人科學會雜誌 51(8), 755-761, 1999-08-01
  • 第1度無月経の誘因は, 不明が最も多く, 減食がこれに次いだ. … 減食が誘因の第2度無月経では同誘因の第1度無月経に比較して初診時までの体重減少が有意に著しかった(p<0.02). … 第2度無月経では第1度無月経に比較してBMIが有意に低かった(p<0.001). … 第2度無月経では第1度無月経に比較して有意に無月経の期間が長かった(p<0.001). …
  • NAID 110002103625
  • 各種排卵障害婦人に対するLH-RH脈動的皮下投与法の適応と限界について
  • 水沼 英樹,小原 満雄,山田 清彦,伊吹 令人
  • 日本産科婦人科學會雜誌 42(3), 253-258, 1990-03-01
  • … 下垂体性小人症( 1例4周期), ゴナドトロピン単独欠損症(5例22周期), 続発性視床下部性第2度無月経症(10例24周期), 同第1度無月経症(5例8周期), 無排卵周期症(1例2周期)およびPCO(6例16周期)の周期別排卵率はそれぞれ0, 54.5, 83.3, 12.5, 0, 50.0%であり疾患により排卵率に有意の差(p<0.001〜0.05)がみられた. …
  • NAID 110002105537
  • 下垂体病変による高ゴナドトロピン血症性排卵障害の3例
  • 奥田 喜代司,好川 元庸,杉山 修成,坪倉 省吾,後山 尚久,植木 実,杉本 修
  • 日本産科婦人科學會雜誌 39(9), 1579-1584, 1987-09-01
  • … 対象は25歳(症例A),34歳(症例B),36歳(症例C)の月経異常を主訴とした1例の無排卵周期症(A)と2例の第1度無月経(B,C)である。 …
  • NAID 110002123872

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み第2度無月経」「クッパーマン試験
国試過去問100A044」「079A047
リンク元消退出血」「プロゲステロン負荷試験」「クロミフェン療法
関連記事無月経」「月経

第2度無月経」

  [★]

クッパーマン試験無月経

定義

  • 1.かつ2.
  • 1. プロゲステロンテストで消退出血なく
  • 2. エストロゲン・プロゲステロンテストで消退出血有り

意義

  • 2.でエストロゲンとプロゲステロンの両方が存在すれば消退出血する、すなわち子宮内膜の状態は問題がないことが分かる。もし、このテストで消退出血が無ければ子宮に問題があることになる(子宮性無月経)。
  • 以降、エストロゲンの産生に問題があるのではないかと言うことを疑ってかかる。
  • 鑑別にあげられるのは、エストロゲンの産生がうまくいかない病態を考えれば中枢性無月経(視床下部、下垂体)、卵巣性無月経(多嚢胞性卵巣症候群など)をあげることができる。

治療


クッパーマン試験」

  [★]

Kuppermann試験Kupperman方式 Kupperman method
無月経

概念

  • 無月経、無排卵症の障害部位の診断のための内分泌学的負荷試験

手順

  • 1. プロゲステロンテスト
消退出血無し:2.へ
消退出血有り:第1度無月経
  • 2. エストロゲン・プロゲステロンテスト
消退出血無し:子宮性無月経(子宮体が機能不全である)
消退出血有り:第2度無月経。3.へ
  • 3. FSHテスト
消退出血無し:卵巣性無月経(卵巣でプロゲステロン・エストロゲンを産生できない状態ということ)
消退出血有り:下垂体性無月経(FSHが欠乏していた、つまり下垂体の機能不全)


100A044」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100A043]←[国試_100]→[100A045

079A047」

  [★]

  • 治療法との組み合わせについて正しいもの
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

消退出血」

  [★]

withdrawal bleeding
ゲスターゲンクッパーマン試験第1度無月経第2度無月経
  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の減少に伴う子宮出血
  • 簡単に言えば、エストロゲンの存在下で子宮内膜が成長、プロゲステロンで分泌・子宮内膜が維持されているが、プロゲステロンが減少したときに、子宮内膜は剥脱し、出血を伴う。これが消退出血として観察される。


プロゲステロン負荷試験」

  [★]

progesterone challenge test
プロゲステロン無月経第1度無月経クッパーマン試験
  • 無月経、無排卵症を診断するために行う検査。
  • プロゲステロン投与により消退出血が生じれば、第1度無月経と診断できる


クロミフェン療法」

  [★]

clomiphene therapy
クロミフェン排卵誘発法

無月経」

  [★]

amenorrhea
月経 menorrhea、月経異常


発症時期による分類

原因による分類

  原発性無月経 続発性無月経
視床下部性無月経 カルマン症候群 視床下部の機能障害
フレーリッヒ症候群 神経性食思不振症
ローレンス・ムーン・ビードル症候群 体重減少性無月経
プラダー・ウィリー症候群 高プロラクチン血症
  Chiari-Frommel症候群
  Argonz-del Castillo症候群
下垂体性無月経 先天性ゴナドトロピン欠損症 Sheehan症候群
empty sella症候群 下垂体腺腫
  Forbes-Albright症候群
  Simmonds病
卵巣性無月経 性腺形成不全 早発卵巣機能不全
ターナー症候群 多嚢胞性卵巣症候群
  卵巣摘出
  卵巣の放射線障害
子宮性無月経 ロキタンスキー・キュスター・ハウザー症候群 アッシャーマン症候群
子宮奇形 子宮内膜炎
処女膜閉鎖 子宮摘出術後
膣性無月経 処女膜閉鎖症  
膣閉鎖症  
その他 半陰陽(先天性副腎過形成アンドロゲン不応症) Cushing症候群
  Addison病
  Basedow病
  甲状腺機能低下症
  糖尿病
生理的   妊娠、産褥、授乳、閉経

Kupperman方式による分類

検査

無月経と基礎体温


月経」

  [★]

menstruation, menses
月経周期





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡