穿頭術

出典: meddic

産科

perforation


脳外科

burr hole opening
穿孔術



和文文献

  • 頭部外傷における穿頭術の位置づけ (特集 頭部外傷診療) -- (救急医に必要な基本的な手術手技と手術適応)
  • 慢性硬膜下血腫の再発因子についての検討
  • 長嶋 宏明,坂田 純一,石井 大嗣,千葉 義幸,三宅 茂
  • 脳神経外科ジャーナル 19(11), 845-849, 2010-11-20
  • 穿頭術を行った成人慢性硬膜下血腫172例を再発例(23例)と非再発例(149例)の2群に分けて比較検討した.明らかな外傷の既往がない症例,外傷から手術までの日数が短い症例に再発が有意に多かった.男性,初診時神経所見が重症,血腫吸収値が低吸収,ニボー形成の症例で再発が多い傾向がみられた.飲酒歴,糖尿病の有無,抗血小板薬,抗凝固薬内服の有無,手術法には有意差は認めなかった.明らかな外傷の既往がない症例および外 …
  • NAID 110007817764

関連リンク

穿頭術 局所麻酔を用いて行う脳神経外科の代表的な手術手技です。 慢性硬膜下血腫や脳室内出血等の頭蓋内に貯まった液体を抜く目的や一部の組織を生検する目的で行う神経内視鏡手術や定位脳神経手術で用いることが多い方法です。
幸いこの慢性硬膜下血腫は、穿頭洗浄術と呼ばれる簡単な手術により溜まった血腫を抜けば治る脳外科の手術の中でも極めて予後のよい病気です。手術は、通常清潔を期するために毛髪を小範囲剃って局所麻酔で行います。頭皮を3cm 1.5 ...
世界大百科事典 第2版 穿頭術の用語解説 - オキシトシンの代りにプロスタグランジンF2α 2000γのような陣痛剤なども使用される。妊娠4月以後は胎児が大きく,胎盤もかなり大きくなっているので,分娩の形式で妊娠中絶するのが安全であり ...

関連画像

Google Search慢性硬膜下血腫の例(穿頭術に 22cdc919866bbba4509b2f7251faedd9.jpg新石器時代の穿頭術穿搭 061.JPG手術室の風景


★リンクテーブル★
先読みperforation
国試過去問086D039
リンク元慢性硬膜下血腫」「急性硬膜外血腫」「胎児縮小術
関連記事

perforation」

  [★]

  • n.
  • 穿孔
boredrillperforate

WordNet   license wordnet

「a line of small holes for tearing at a particular place」

WordNet   license wordnet

「the act of punching a hole (especially a row of holes as for ease of separation)」

WordNet   license wordnet

「a hole made in something; "a perforation of the eardrum"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉穴をあけること / 〈C〉《しばしば複数形で》穴,ミシン目,切り取り線」

086D039」

  [★]

  • 43歳の男性。トラックの荷台から転落し、右前頭部を打撲した。受賞直後から意識障害があり、徐々に進行し、受賞後約4時間後に半昏睡の状態で来院した。頭部X線単純CTを次に示す。
  • 適切な治療はどれか。

慢性硬膜下血腫」

  [★]

chronic subdural hematoma
急性硬膜下血腫硬膜下血腫 凹、硬膜外血腫

定義

  • 何らかのきっかけにより出血し(頭部外傷が多い。20%の症例では外傷の既往がない)、その出血から3週間以降に症状が出現した場合
1週間以内に発症したものは急性硬膜下血腫

概念

  • 硬膜内面の外側皮膜(外膜)とくも膜表面の内側皮膜(内膜)に包まれた暗赤色流動性の血腫(SCN.266)

疫学

  • 中高年以上の男性に多い
  • 片側性(90%)、両側性(10%)

病理

  • 慢性硬膜下血腫の外膜は組織的には肉芽組織で血管に富む。内膜はコラーゲン束からなり血管は見られない(SCN.266 図:SCN.267(病理組織))
  • 血腫は凝固因子を欠如しているため、凝固しない(SCN.266)

症状

  • 初発症状は頭痛が多い。
  • 頭痛→片麻痺→意識障害
YN.
  • 片麻痺、記憶力低下、意識障害
  • 若年者・・・頭痛、高齢者・・・認知症が多い。
  • 頭蓋内圧亢進症状 >> 脳圧迫症

検査

CT

  • 三日月型の血腫が典型的  ⇔  急性硬膜外血腫
  • 血腫は新鮮なものはhighしだいにisoからlowに変化する。
  • 出血後2-4修吾の血腫は、血腫被膜部の増強効果がみられる。

MRI

治療

  • 穿頭術により流動性血腫を除去後、血腫腔を生理食塩水で洗浄した後、血腫腔にドレーンを1日留置することで症状が劇的に改善する(SCN.267)

国試


急性硬膜外血腫」

  [★]

acute epidural hematoma
硬膜外血腫


急性硬膜外血腫急性硬膜下血腫

  CTにおける血腫の像 発症後の意識 好発部位
急性硬膜外血腫 凸レンズ 約6時間の意識清明期を経て意識障害 側頭葉
急性硬膜下血腫 凹レンズ 意識回復がないことが多い  


治療

SCN.263
  • 手術療法 ⇔ 慢性硬膜下血腫では穿頭術
  • 開頭術による血腫除去、出血源の止血、硬膜の吊り上げ縫合による血腫の再貯留の予防。
  • 脳ヘルニアが急激に進行している場合には救急処置として穿頭術を施行し、頭蓋内圧を計った後に開頭術に以降。

画像

  • モザイク状にみえる血腫は再出血のリスクが高い

国試


胎児縮小術」

  [★]

destructive operation of the fetus, destructive operation of infant
穿頭術


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡