神経ペプチド受容体

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 精神・神経 神経ペプチド受容体/代謝型グルタミン酸受容体--うつ病との関連および抗うつ薬創製の新規ターゲットとしての可能性 (第5土曜特集 最新 G蛋白質共役受容体研究--疾患解明とシグナル制御の新時代) -- (受容体機能の新たな展開)
  • 甲殻類および昆虫類神経ペプチドの分子生理学
  • MERCIER Joffre,DOUCET Daniel,RETNAKARAN Arthur
  • Journal of pesticide science 32(4), 345-359, 2007-11-20
  • 神経ペプチド生理学の現状を理解するためには,動物種の中で最も多数を占める甲殻類および昆虫類から始めるのが最適である.神経ペプチドはたいていの場合Gタンパク質共役型受容体によって認識され,神経ペプチド-受容体系は,例えば生殖,消化あるいは分泌に関連した物質の輸送を担う多くの体内の管の不随意運動を制御している.甲殻類や昆虫類が成長し変態を行うためには外骨格の定期的な脱皮が必要であり,それは神経ペプチド …
  • NAID 110006452933
  • 神経ペプチド受容体 : 抗うつ薬創出の新しいターゲット
  • 茶木 茂之,奥山 茂
  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 127(3), 196-200, 2006-03-01
  • … には通常数種類のサブタイプが存在することが知られている.各神経ペプチド受容体サブタイプに特異的な化合物および受容体サブタイプの遺伝子改変動物を用いた行動薬理学的検討により,各神経ペプチド受容体サブタイプの生理機能およびうつ病との関連が明らかになりつつある.これら神経ペプチド受容体の中で,コルチコトロピン放出因子1型受容体,バソプレッシン1b …
  • NAID 10019251900

関連リンク

シナプス前細胞に神経伝達物質の合成系があり、シナプス後細胞に神経伝達物質の 受容体がある。神経伝達物質は放出後に不 ... 分類; 3 主な神経伝達物質. 3.1 アミノ酸; 3.2 アセチルコリン; 3.3 モノアミン類; 3.4 ポリペプチド類(神経ペプチド類); 3.5 その他 ...
受容体は、7回膜貫通型の構造をもち、細胞膜に存在します。細胞膜の外側から情報 伝達因子・神経ペプチドが受容体に結合すると、受容体の構造が変化し(コンホメー ション変化)、細胞質側で受容体に結合しているGタンパク質の一連の分子間相互作用 を誘起 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元neuropeptide receptor」「ニューロペプチドレセプター
関連記事受容体」「神経ペプチド」「神経」「受容」「

neuropeptide receptor」

  [★]


ニューロペプチドレセプター」

  [★]

neuropeptide receptor
神経ペプチド受容体

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

  • 神経ペプチド受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

神経ペプチド」

  [★]

neuropeptide
ニューロペプチド
神経伝達物質ペプチド性ニューロン心房性ナトリウム利尿ペプチド


  • 神経系で発現していて、生理活性を持つ物質
  • 分子量は>7kDa, 50残基以下。
  • 受容体は7回膜貫通型のGタンパク共役型受容体
  • 中枢神経系では多くの神経細胞に含まれており、末梢でも消化管や内分泌器官などに存在。


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡