硫酸ナトリウム

出典: meddic

sodium sulfate
乾燥硫酸ナトリウムアスコルビン酸アストーマアスペノンアプリトーンアモキシシリンアモペニキシンアモリンアルギスタットアルフロシンアレンフラールアンチレクスイソパール・Pイノバンウレパールエカテリシンエクセラーゼエクセラーゼ配合エホチールエルゴメトリンマレイン酸塩オーネスSPオーネスSZオーペグ カズマリンガモファーカラシミンCカルデナリンカルメゾシングルコリンSケイラーゼAケフラールケフレックスゲンタマイシンゲンタロールコスパノンコバマミドコントミンコンドロイチン硫酸ナトリウムジアイナミックスシーシーエルシータックシェトラゾーナジソピラミドスクリット配合セクロダンセフジトレンピボキシルセフジニルセブンイー・PセンセファリンダイメジンスリービーダウンテンシンタフマックEダラシンタンチパン配合テクネMAG3デトキソールトキクロルドキサゾシンドキサゾンドパミン塩酸塩トレキサメットドロキシドパトロキシンニザチジンニトレナールニトロールRニフプラス ニフレック配合ニューロライトネオ・エフラーゼ配合ハイポプロモーション
塩類下剤


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/25 14:15:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヒトアルカリ性ホスファターゼ・アイソザイムの阻害剤に対する感受性の相違
  • 飯岡 拓馬,出山 義昭,吉村 善隆,鈴木 邦明
  • 北海道歯学雑誌 32(2), 202-209, 2012-03
  • ヒトアルカリ性ホスファターゼ(ALP)アイソザイムは臓器特異的な小腸型,胎盤型,胚細胞型と,臓器非特異的な骨型,肝臓型,腎臓型などに分類される.多くの動物種の臓器由来のALPでは,アイソザイムのタイプによってALP活性の阻害剤に対する反応性が異なることが報告されているが,ヒトALPでは報告が少ない.そこで4種のアイソザイムを用いて,ヒトの場合にも,遺伝子レベルでのアイソザイムの違いにより阻害剤に対 …
  • NAID 120003918967
  • 光化学堆積法による新たな混晶半導体Cu_xZn_yS薄膜の作製(薄膜プロセス・材料,一般)
  • 満都拉,市村 正也
  • 電子情報通信学会技術研究報告. CPM, 電子部品・材料 111(264), 31-36, 2011-10-19
  • … 純水に硫酸銅、硫酸亜鉛、チオ硫酸ナトリウムを溶かし、その濃度やpHなどを変え堆積を行った。 …
  • NAID 110008899868

関連リンク

並べ替えを有効にするにはカテゴリーを選択してください
硫酸ナトリウム | 詳細 | ニュース 検索 フレッシュアイペディアは、ウィキペディア財団が運営するウィキペディア日本語版に含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、提供しております。
化粧品原料 コンドロイチン硫酸ナトリウム(外原規) 日本バイオコン株式会社 化粧品原料 コンドロイチン硫酸ナトリウム(外原規) 日本バイオコン株式会社 日本バイオコン株式会社 トップ > 医薬品・化粧品原料 > コンドロイチン ...

関連画像

シリコンじゃなくてシリコーン シーボン「フェイシャリスト 自らうるおう肌に導く保湿 シリコンじゃなくてシリコーン シーボン「フェイシャリスト シーボン「フェイシャリスト シリコンじゃなくてシリコーン

添付文書

薬効分類名

  • 経口腸管洗浄剤

販売名

ニフプラス

組成

成分〔1袋(137.155g)中〕

  • 日局塩化ナトリウム 2.93g
    日局塩化カリウム 1.485g
    日局炭酸水素ナトリウム 3.37g
    無水硫酸ナトリウム 11.37g
  • 本剤は、マクロゴール4000(ポリエチレングリコール4000:等張化剤)、サッカリンナトリウム水和物、香料を添加した製剤である。

溶解液の電解質濃度(1袋を水に溶解して2Lとする。)

  • イオン:濃度(mEq/L)
    Na:125
    K:10
    Cl:35
    HCO3:20
    SO42−:80

禁忌

  • 胃腸管閉塞症及び腸閉塞の疑いのある患者〔腸管穿孔を起こすおそれがある。〕
  • 腸管穿孔〔腹膜炎その他重篤な合併症を起こすおそれがある。〕
  • 中毒性巨大結腸症〔穿孔を引き起こし腹膜炎、腸管出血を起こすおそれがある。〕

効能または効果

  • 大腸内視鏡検査及び大腸手術時の前処置における腸管内容物の排除
  • 本品1袋を水に溶解して約2Lとし、溶解液とする。
    通常、成人1回溶解液2〜4Lを1時間あたり約1Lの速度で経口投与する。ただし、排泄液が透明になった時点で投与を終了し、4Lを超えての投与は行わない。

大腸内視鏡検査前処置

検査当日に投与する場合

  • 当日の朝食は絶食(水分摂取のみ可)とし、検査開始予定時間の約4時間前から投与を開始する。

検査前日に投与する場合

  • 前日の夕食後は絶食(水分摂取のみ可)とし、夕食後約1時間以上経過した後、投与を開始する。ただし、前日の朝食、昼食は残渣の少ないもの、夕食は固形物の入っていない液状食とする。

大腸手術前処置

  • 手術前日の昼食後は絶食(水分摂取のみ可)とし、昼食後約3時間以上経過した後、投与を開始する。
  • 排便、腹痛等の状況を確認しながら慎重に投与すること。
    約1Lを投与しても排便がない場合には、腹痛、嘔気、嘔吐のないことを必ず確認したうえで投与を継続し、排便が認められるまで十分観察すること。2Lを投与しても排便がない場合は投与を中断し、腹痛、嘔吐等がないことを確認するとともに、腹部の診察や画像検査(単純X線、超音波、CT等)を行い、投与継続の可否について、慎重に検討すること。
    また、高齢者では特に時間をかけて投与すること。

慎重投与

  • 狭心症、陳旧性心筋梗塞の患者〔本剤投与により体が冷えるため、まれに胸痛を起こすおそれがある。〕
  • 腎機能障害を有する患者〔まれに嘔吐があらわれることがある。〕
  • 腸管狭窄、高度な便秘の患者〔腸閉塞及び腸管穿孔を起こすおそれがある。〕
  • 腸管憩室のある患者〔腸管穿孔を起こしたとの報告がある。〕
  • 高齢者〔腸管穿孔、腸閉塞を起こした場合は、より重篤な転帰をたどることがある。〕
  • 腹部手術歴のある患者〔腸閉塞を起こしたとの報告がある。〕
  • 誤嚥を起こすおそれのある患者〔「重要な基本的注意4.」の項参照。〕

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状

(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、顔面蒼白、血圧低下、嘔吐、嘔気持続、気分不良、眩暈、冷感、蕁麻疹、呼吸困難、顔面浮腫等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
    なお、自宅で服用させる場合は、「重要な基本的注意3.」の項を参照し、指導すること。

腸管穿孔、腸閉塞、鼡径ヘルニア嵌頓

(頻度不明)

  • 腸管穿孔、腸閉塞、鼡径ヘルニア嵌頓を起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、腹部の診察や画像検査(単純X線、超音波、CT等)を行い、適切な処置を行うこと。
    なお、自宅で服用させる場合は、「重要な基本的注意3.」の項を参照し、指導すること。

低ナトリウム血症

(頻度不明)

  • 嘔吐によって低ナトリウム血症をきたし、意識障害、痙攣等があらわれることがあるので、この様な症状があらわれた場合には、電解質補正等の適切な処置を行うこと。
    なお、自宅で服用させる場合は、「重要な基本的注意3.」の項を参照し、指導すること。

虚血性大腸炎

(頻度不明)

  • 虚血性大腸炎を起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な処置を行うこと。
    なお、自宅で服用させる場合は、「重要な基本的注意3.」の項を参照し、指導すること。

マロリー・ワイス症候群

(頻度不明)

  • 嘔吐、嘔気に伴うマロリー・ワイス症候群を起こすことがあるので、観察を十分に行い、吐血、血便等が認められた場合には、適切な処置を行うこと。
    なお、自宅で服用させる場合は、「重要な基本的注意3.」の項を参照し、指導すること。

薬効薬理

腸管内洗浄効果

  • 本剤の反復経口投与(溶解液20mL/kg/回、10分間隔、15回投与)によりラット(投与日の朝から絶食)では水様便を排泄して腸管内容物が有意に減少し、明らかな腸管内洗浄効果が確認された2)
  • 本剤の反復経口投与(溶解液20mL/kg/回、10分間隔、初回水様便を認めるまで投与)により、イヌ(16時間絶食)においても7.5±0.5回の投与で水様便を排泄して腸管内容物が有意に減少し、明らかな腸管内洗浄効果が確認された3)

電解質バランスに及ぼす影響

  • 本剤はラット(投与日の朝から絶食)の血清電解質(Na+、K+、SO42-)pH及びCO2分圧、イヌ(16時間絶食)の血清K+に変動を認めたが、血清電解質バランスを大きく崩さなかった。イヌの尿中電解質について、K+のみ変動を認めたが軽度なものであった2),3)

有効成分に関する理化学的知見

塩化ナトリウム

一般名

  • Sodium Chloride

分子式

  • NaCl

性状

  • 本品は無色又は白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく味は塩辛い。本品は水に溶けやすく、エタノール(99.5)にほとんど溶けない。

塩化カリウム

一般名

  • Potassium Chloride

分子式

  • KCl

性状

  • 本品は無色又は白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、味は塩辛い。本品は水に溶けやすく、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。本品の水溶液(1→10)は中性である。

炭酸水素ナトリウム

一般名

  • Sodium Bicarbonate

分子式

  • NaHCO3

性状

  • 本品は白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、特異な塩味がある。本品は水にやや溶けやすく、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。湿った空気中で徐々に分解する。

無水硫酸ナトリウム

一般名

  • Anhydrous Sodium Sulfate

分子式

  • Na2SO4

性状

  • 本品は白色の粉末で、味はやや苦く、塩辛い。
    本品は水に溶けやすく、エタノールにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
先読みアスコルビン酸」「ニザチジン」「ジアイナミックス」「ジソピラミド」「ゲンタマイシン
リンク元人工カルルス塩」「オーペグ」「スクリット」「ニフプラス」「無水硫酸ナトリウム
拡張検索ドデシル硫酸ナトリウム・ポリアクリルアミドゲル電気泳動」「重亜硫酸ナトリウム」「テトラデシル硫酸ナトリウム」「コンドロイチン硫酸ナトリウム」「乾燥硫酸ナトリウム
関連記事ナトリウム」「トリウム」「」「硫酸」「トリ

アスコルビン酸」

  [★]

ascorbic acid
L-ケフラールM.V.I.M.V.I.-12MAGシンチアシアロシンチアミノレバンEN配合アレンフラールイオフェタミンエビプロスタット配合エルゴメトリンマレイン酸塩エルネオパ1号輸液エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッドオーツカMVオフタルムK配合カラシミンCキドニーシンチキドニーシンチTc-99mクリアボーンクリストファンケフポリンケフラールコントミンサブビタンシータックシーパラシナール配合セクロダンセファクロルダイメジン・マルチツインラインNF配合ツインライン配合テクネMDPデラキシー配合ネオM.V.I.-9ネオパレン1号輸液ネオラミン・マルチVパーヒューザミンハイシーパンビタンビーシービタCビタジェクトビタシミンビタシンビタミンCビューシー配合プールシンチフェニルアラニン除去ミルク配合、フルカリック1号輸液、プレビタSプロモーションヘパティメージヘパンED配合ベンゾダインマイオビューマルタミンラコールNF配合ラコール配合ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ワッサーV配合
ビタミンCビタミンC剤


ニザチジン」

  [★]

nizatidine
アシノンアテミノンチザノンドルセンニザチンニザトリックニザノン


効能又は効果

  • ニザチジンカプセル75mg「タナベ」:
  • 胃潰瘍,十二指腸潰瘍,逆流性食道炎
  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん,出血,発赤,浮腫)の改善
 急性胃炎,慢性胃炎の急性増悪期
  • ニザチジンカプセル150mg「タナベ」:
  • 胃潰瘍,十二指腸潰瘍,逆流性食道炎

用法及び用量

  • 胃潰瘍,十二指腸潰瘍
  • 通常,成人にはニザチジンとして1回150mgを1日2回(朝食後,就寝前)経口投与する.また1回300mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる.なお,年齢,症状により適宜増減する.
  • 逆流性食道炎
  • 通常,成人にはニザチジンとして1回150mgを1日2回(朝食後,就寝前)経口投与する.なお,年齢,症状により適宜増減する.
  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん,出血,発赤,浮腫)の改善
  • 急性胃炎,慢性胃炎の急性増悪期
  • 通常,成人にはニザチジンとして1回75mgを1日2回(朝食後,就寝前)経口投与する.なお,年齢,症状により適宜増減する.

添付文書

  • ニザチジンカプセル 75mg「タナベ」/ニザチジンカプセル 150mg「タナベ」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2325005M1120_1_02/2325005M1120_1_02?view=body


ジアイナミックス」

  [★] シアノコバラミンヒドロキソコバラミンピリドキシンチアミンジスルフィド

成分

参考(1)
アンプル10mL 中に次の成分・分量を含有する
  • チアミンジスルフィド・・・・・50mg
  • ピリドキシン塩酸塩・・・・・100mg
  • ヒドロキソコバラミン酢酸塩・・・・・1.04mg
(ヒドロキソコバラミンとして1mg)

開発の経緯

参考(1)
  • ジアイナミックス注射液は,鶴原製薬株式会社が後発医薬品として開発を企画し,規格及び試

験方法を設定,安定性試験を実施し,1988 年10 月27 日に承認を取得,1990 年7 月13 日に 上市した。

製品の治療学的・製剤学的特性

参考(1)
  • ジアイナミックス注射液の成分であるビタミン中、ビタミンB1は酸化的脱炭酸反応やトランスケトラーゼ反応、ビタミンB6はアミノ基転位や脱炭酸反応、ビタミンB12はメチル基転位や異性化反応の補酵素として広く生体内の代謝反応に関与している。
  • これらのビタミンは既に、消耗性疾患等による欠乏症の予防や治療あるいは神経系疾患に対して広く使用されている。しかし、これらのビタミンは互いに深く関連しあってその作用を発揮しており、単独で投与した場合より同時に投与した場合の方が優れた効果を示すことが報告されている。

参考

1. [display]http://www.tsuruhara-seiyaku.co.jp/if_pdf/i_td1.pdf


ジソピラミド」

  [★]

disopyramide
リン酸ジソピラミド disopyramide phosphate
カフィールジソピランチヨバンノルペースファンミルリスピンリスモダンリスラミド
抗不整脈薬
不整脈用剤
  • Ia群抗不整脈薬
  • Procainamideと類似
  • 抗コリン作用が強い欠点がある
  • 心房細動心房粗動、発作性上室頻脈の治療と予防
  • 治療域:2-4μg/ml、半減期:6-8時間、代謝:腎50%、肝50%




ゲンタマイシン」

  [★]

gentamicin, GM
硫酸ゲンタマイシン gentamicin sulfate ゲンタマイシン硫酸塩
エルタシンルイネシンゲルナートゲンタシン。(点眼液)ゲンタロールリフタマイシンルリクールリンデロンリダスロンベトノバールデルモゾールデキサン(ベタメタゾンゲンタマイシン)
抗菌薬
  • 抗菌薬
  • 蛋白合成阻害




人工カルルス塩」

  [★]

artificial Carlsbad salt, artificial carlsbad salt
人工カルルス泉塩
人工カルルス塩


オーペグ」

  [★]

塩化カリウム塩化ナトリウム炭酸水素ナトリウム硫酸ナトリウム


スクリット」

  [★]

塩化カリウム塩化ナトリウム炭酸水素ナトリウム硫酸ナトリウム


ニフプラス」

  [★]

塩化カリウム塩化ナトリウム炭酸水素ナトリウム硫酸ナトリウム


無水硫酸ナトリウム」

  [★]


  • 硫酸ナトリウム


ドデシル硫酸ナトリウム・ポリアクリルアミドゲル電気泳動」

  [★]

sodium dodecyl sulfate-polyacrylamide gel electrophoresisSDS-PAGE
ポリアクリルアミドゲル電気泳動


重亜硫酸ナトリウム」

  [★]

sodium bisulfite
亜硫酸水素ナトリウム


テトラデシル硫酸ナトリウム」

  [★]

sodium tetradecyl sulfate


コンドロイチン硫酸ナトリウム」

  [★] コンドロイチン硫酸


乾燥硫酸ナトリウム」

  [★]


  • 硫酸ナトリウム


ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

硫酸」

  [★]

sulfuric acid, sulfate
  • H2SO4。



トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡