破砕赤血球

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 混合性結合組織病に血栓性血小板減少性紫斑病を合併した1例
  • 梶田 直美,室 慶直,富田 章裕,平島 寛司,松下 正,直江 知樹,富田 靖
  • アレルギー 58(5), 567-572, 2009-05-30
  • … 年秋に両手指の腫脹とレイノー症状が出現,2007年2月当科受診し,混合性結合組織病と診断された.プレドニゾロン10mg/日の内服で症状は軽快した.同年9月,著明な血小板減少と溶血性貧血を認め,末梢血液像には破砕赤血球が多数存在していた.A disintegrin-like and metalloproteinase with thrombospondin type1 motifs13(ADAMTS13)活性を測定したところ測定感度以下であったことから,血栓性血小板減少性紫斑病と診断した.7回の血漿交換後血栓性血 …
  • NAID 110007337981
  • 造血細胞移植における経時的破砕赤血球算定の有意性
  • 山田 映子,川崎 達也,林 克彦,左右田 昌彦,鈴木 敏仁,西尾 一美,河野 彰夫,森下 剛久
  • 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology 57(9), 1144-1148, 2008-09-25
  • NAID 10026955477

関連リンク

破砕赤血球(red cell fragment, schistocyte, schizocyte, keratocyte) 物理的な力で引き裂かれて断片化した赤血球(red cell fragments)で正常赤血球よりも小さい。形態は小球状型、三角型、ヘルメット型など多彩である(図XV-9)。不安定Hb症 ...
Vol.24 ,2003/7/28 発行 今月のテーマ “ 破砕赤血球症候群について” 破砕赤血球は、臨床的に極めて重要なシグナルで重篤な疾患を多く含むことから、迅速に 対処する必要があります。 カウント基準 1990年に厚生省から出された診断基準 ...
... して赤血球が部分的に損傷し、これと共に血管内溶血を出現させることになりますが、赤血球破砕症候群(せっけっきゅうはさいしょうこうぐん)は、これらの病状をまとめて総称するものです。様々な原因から引き起こされます ...

関連画像

目指せスーパー臨床検査技師Ⅱ血液像フォトサーベイ破砕 赤血球 91 % 9 %破砕赤血球( schizocyte )】破砕赤血球


★リンクテーブル★
国試過去問098C005」「104I052」「106A060」「098D057」「099E037」「102I006
拡張検索破砕赤血球症候群
関連記事血球」「赤血球」「」「破砕

098C005」

  [★]

  • 次の文を読み、4~6の問いに答えよ。
  • 66歳の男性。全身倦怠感と腹部膨満とを訴えて来院した。
  • 現病歴 : 1年前の健康診断で貧血を指摘されたが放置していた。3か月前から徐々に倦怠感が増強し、腹部膨満が出現し食事摂取量が減少した。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長168cm、体重60kg。体温37.5℃。脈拍96/分、整。血圧114/70mmHg。眼瞼結膜は貧血様、眼球結膜に黄染を認めない。胸部で胸骨左縁第4肋間に2/6度の収縮期雑音を聴取するが、呼吸音に異常はない。腹部は心窩部から左季肋部が膨隆し、肝を右肋骨弓下に5cm、脾を左肋骨弓下に15cm触知する。両下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球210万、Hb6.5g/dl、Ht20%、網赤血球20‰、白血球3,200(前骨髄球1%、骨髄球3%、桿状核好中球6%、分葉核好中球58%、好酸球2%、好塩基球3%、単球5%、リンパ球22%、赤芽球3/100)、血小板6.2万。プロトロンビン時間〈PT〉12秒(基準10~14)、APTT30秒(基準対照32.2)、フィブリノゲン360mg/dl(基準200~400)。血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.5g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、尿酸9.0mg/dl、総コレステロール110mg/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、直接ビリルビン0.4mg/dl、AST35単位(基準40以下)、ALT52単位(基準35以下)、LDH520単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ320単位(基準260以下)、γ-GTP70単位(基準8~50)、CK40単位(基準10~40)、Na135mEq/l、K4.5mEq/l、Cl105mEq/l、Ca8.0mg/dl、Fe150μg/dl(基準80~160)。骨髄穿刺は吸引不能。
  • この疾患の赤血球所見として特徴的なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098C004]←[国試_098]→[098C006

104I052」

  [★]

  • 41歳の男性。発熱を主訴に来院した。1か月前に左眼の視力低下を認め、自宅近くの診療所で左内頚動脈閉塞症と診断された。1週前から38℃台の発熱頭痛および全身の紫斑が出現した。また、このころから一過性せん妄を認めるようになった。意識は清明。身長 168cm、体重 72kg。体温 38.6℃。脈拍 108/分、整。血圧 120/64mmHg。著明な貧血四肢を中心にした紫斑を認める。神経学的所見に異常を認めない。血液所見: 赤血球 194万、Hb 5.4g/dl、Ht 18%、網赤血球 7.5%、白血球 9.300(桿状核好中球6%、分葉核好中球58%、好酸球2%、好塩基球1%、単球11%、リンパ球22%)、破砕赤血球+、血小板 1.3万、PT 12.0秒(基準10-14)、APTT 30.4秒(基準対照32.2)。血液生化学所見: クレアチニン 1.8mg/dl、総ビリルビン 2.9mg/dl 直接ビリルビン 0.7mg/dl, AST 42IU/l ALT 30IU/l、LD 1,852IU/l(基準176-353)、頭部単純CTで異常を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104I051]←[国試_104]→[104I053

106A060」

  [★]

  • 4歳の男児。 5日前から続く強い腹痛と血便とを主訴に来院した。昨日から尿量が減少したという。
  • 体温38.2℃。脈拍120/分、整。血圧120/86mmHg。呼吸数18/分。 SpO2 96%(room air)。顔面は蒼白である。眼球結膜に軽度の黄染を認める。前脛骨部にpitting edemaを認める。
  • 尿所見:蛋白3+、糖(-)、沈渣に赤血球多数/1視野。血液所見:赤血球298万、 Hb7.0g/dl、 Ht23%、白血球23,000(桿状核好中球8%、分葉核好中球55%、単球7%、リンパ球30%)、血小板5万。末梢血塗抹標本で破砕赤血球を認める。血液生化学所見:尿素窒素40mg/dl、クレアチニン1.1mg/dl(基準0.2-0.4)、総ビリルビン3.5mg/dl、 AST45IU/l、ALT 16IU/l、 Na 128mEq/l、 K 5.5 mEq/l、 Cl97mEq/l。
  • 保護者への説明で適切なのはどれか。 3つ選べ。
  • a 「抗菌薬が有効です」
  • b 「まず、点滴で治療を開始します」
  • c 「に障害が出ることがあります」
  • d 「病原菌のつくる毒素が原因です」
  • e 「ほとんどの患者さんには透析が必要になります」


[正答]


※国試ナビ4※ 106A059]←[国試_106]→[106B001

098D057」

  [★]

  • 72歳の男性。腹部全体の激痛と出血性下痢とを主訴に来院した。昨日昼ころから腹痛と下痢とが始まった。便中からべ口毒素産生菌が検出され入院した。入院後も下痢症状が続いている。血液所見:赤血球 290万、Hb 10.0g/dl、Ht 28%。破砕赤血球を認める。血清生化学所見:尿素窒素 34mg/dl、クレアチニン 1.8mg/dl。適切な治療方針はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098D056]←[国試_098]→[098D058

099E037」

  [★]

  • 自己免疫性溶血性貧血にみられる赤血球形態所見はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099E036]←[国試_099]→[099E038

102I006」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102I005]←[国試_102]→[102I007

破砕赤血球症候群」

  [★]

red cell fragmentation syndrome


血球」

  [★]

hemocyte, blood corpuscle, hematocyte
hemocytus
血液細胞 blood cell
血液



血球の割合

  • 下図の値から算出。
  個数(/ul)   個数(/ul) 個数(%)
赤血球 男:500万
女:450万
  5000000 95.1
白血球
 
5000-10000   7500 0.1
血小板
 
15万-35万   250000 4.8
血球 直径(μm)
前赤芽球 14~19
好塩基性赤芽球 12~17
多染性赤芽球 10~15
正染性赤芽球 8~12
赤血球 7~8.5
骨髄芽球 12~20
前骨髄球 16~23
骨髄球 12~20
後骨髄球 12~18
杆状核(好中球) 10~18
分節核(好中球) 10~16
分節核(好酸球) 13~18
分節核(好塩基球) 12~16
リンパ芽球 11~18
リンパ球 7~16
形質球 10~20
異形リンパ球 15~30
単球 13~21
巨核球(骨髄巨核球) 35~160
血小板 2~4

寿命

  • 赤血球:120日
  • 好中球:6-8時間
  • 血小板:10日
  • 形質細胞:1-3日
  • メモリー細胞:数年

血球の特徴

 
赤血球 単球 好酸球 好中球 好塩基球 リンパ球
大きさ 7~8μm 12~20μm 10~15μm 10~13μm 9~12μm 7~15μm
赤血球と比べた大きさ ------ かなり大きい 2倍以上 約2倍 2倍弱 小リンパ球は同じ程度
細胞質   アズール顆粒。
広く不規則な突起
橙赤色の粗大円形顆粒 暗紫色に染まる微細な顆粒
アズール顆粒
赤紫色の大小不同の顆粒 狭く淡い青色
  くびれ有り 2葉、眼鏡型 桿状好中球
分葉好中球
格の上にも顆粒あり 球形


  • 核小体

  • クロマチン

  • 細胞質

  • 顆粒


赤血球」

  [★]

erythrocyte (Z), red blood cell (Z), RBC
血液貧血血液像

赤血球の形状

  • 直径:7.62±0.61μm → 7-8μm
  • 厚さ:1.0-2.0μm
  • 容積:90μm3
  • 表面積:130μm2
  • 比重:1.097

分化

基準値

2007前期解剖学授業プリント
♂:420万 - 570万 (/μl)  495万±75万 x 10^6 (/μl)
♀:380万 - 550万 (/μl)  465万±85万 x 10^6 (/μl)
-2007前期生理学授業プリント
♂:450万 - 610万 /μl
♀:380万 - 530万 /μl
-PT.233
♂:500万 /mm3
♀:450万 /mm3
-異常値の出るメカニズム第5版 p.79
男:400万-700万/ul
女:350万-600万/ul
-HIM
男:430–560 x 10^4/μl
女:400–520 x 10^4/μl

寿命

  • 100-120日 → 4ヶ月


赤血球の増加

  • テストステロン、低酸素、コルチゾール、エリスロポエチン




球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる

破砕」

  [★]

fracture
骨折




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡