石綿肺

出典: meddic

asbestos lung, asbestosis, lung asbestosis
asbestosis pulmonum
アスベスト肺
塵肺
[show details]

病理

  • 石綿小体:喀痰や経気管支肺生検中に見られる
  • 胸膜斑:壁側胸膜の石灰化(下肺野、横隔膜)

病態

  • 胸膜:胸水?、ヒアリン性胸膜肥厚斑、臓側胸膜線維症、胸膜変化(石綿肺>珪肺)で胸膜炎多い
  • 肺野:間質性びまん性線維化病巣(両肺下肺野の間質性びまん性線維症を呈しUIP様。)、進展すれば蜂窩肺

症状

  • 呼吸困難(珪肺より早期)

身体所見

  • 聴診:下肺野に捻髪音
  • ばち指:珪肺と比べて多い。

検査

  • 喀痰・肺胞洗浄液より石綿小体を特定
  • 胸部単純X線写真
  • 肺機能検査:拘束性肺障害(%VC↓)、拡散障害(DLCO↓)

合併症

  • 1. 肺癌(石綿肺患者:発症の相対危険度10、石綿肺患者+喫煙:発症の相対危険度100)。暴露から10-20年後
  • 2. 悪性胸膜中皮腫:暴露から20-40年後。
  • 3. 肺線維腫
  • 4. 良性胸膜病変

参考

  • 1.
[display]http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec04/ch049/ch049d.html
  • 2.
[display]http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/07/tp0729-1.html
  • 3.
[display]http://www.asbestos-center.jp/asbestos/qanda.html
  • 4.
[display]http://www.research12.jp/jinpai/16.html
  • 5. 石綿による疾病の労災認定基準の改正 厚生労働省発表 平成18年2月9日(木)
[display]http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0209-1.html
  • 6. [charged] Asbestosis - uptodate [1]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 京都における石綿肺ガンの労災申請をめぐる問題 (特集 各地の粉じん・アスベストをめぐる取り組み)
  • トンネル鉱夫・土工として働き続けた鈴木金一さんの石綿肺 (出稼ぎ労働者の石綿肺)

関連リンク

アスベスト肺の症状は、肺が広範囲にわたって瘢痕化した後に徐々に現れます。瘢痕化 によって肺は弾力性を失います。初期症状は、軽い息切れと運動能力の低下です。慢性 気管支炎のある喫煙者がアスベスト肺を併発すると、せきや喘鳴(ぜんめい)が現れます ...

関連画像

 発生するじん肺症(石綿肺スライド「石綿肺」石綿肺:CT図5-5 石綿肺の胸部 石綿肺中下肺野に不整形陰影が 左下肺野には細かい網目状陰影 石綿による肺繊維症


★リンクテーブル★
国試過去問099G015」「095A092
リンク元聴診」「肺野」「塵肺症」「気管支肺胞洗浄液」「asbestosis
拡張検索石綿肺症
関連記事」「綿肺

099G015」

  [★]

  • 56歳の男性。自動車整備工。咳嗽と労作時呼吸困難とを主訴に来院した。症状は2年ほど前から出現し、徐々に増悪している。15本/日、30年間の喫煙歴がある。胸部エックス線写真と気管支肺胞洗浄液May-Giemsa染色標本とを以下に示す。最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099G014]←[国試_099]→[099G016

095A092」

  [★]

  • 胸部エックス線写真で異常な石灰化陰影を認めるのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095A091]←[国試_095]→[095A093

聴診」

  [★]

auscultation


  • 頚部:総頚動脈、甲状腺
  • 胸部:肺、心臓
  • 腹部:腸蠕動音、大動脈雑音
  • 下肢:大腿動脈雑音

肺音の聴診

連続性 吸気時 strider       気道狭窄音 気道狭窄音
連続性 低調整 呼気時 rhonchi   ≦200Hz >250ms   COPD気管支喘息気管支拡張症びまん性汎細気管支炎
連続性 高調性 呼気時 wheeze   ≧400Hz >250ms 気管壁がフラッタリングすることで発生 COPD気管支喘息気管支拡張症びまん性汎細気管支炎気管支喘息では複数の様々な音声が発生し、random polyphonic wheezes
連続性/断続性 高調性 吸気時 squawk     ≦100ms 吸気により細い気管支が再開放する時に、気管支壁が短時間共振し発生 間質性肺炎肺線維症びまん性汎細気管支炎過敏性肺臓炎ウェゲナー肉芽腫症気管支拡張症石綿肺
断続性 低調整 吸気時 coarse crackle early inspiratory crackle 250-500Hz 10~25ms 太い気道内の分泌液の膜の前後に、吸気時の圧較差が生じ、それが破れるときに発生。個々の音はfine crackleより長め 気管支拡張症COPDびまん性汎細気管支炎、進行した肺水腫
断続性 高調性 吸気時 fine crackle late inspiratory crackle 500~1000Hz ≦5ms 呼気時に閉塞した末梢気道が吸気時に再開放されるときに発生 特発性間質性肺炎特発性肺線維症石綿肺過敏性肺炎、肺水腫初期


  • 腹部



肺野」

  [★]

lung field
  • 胸部単純X線写真上の呼称で、上肺野中肺野、下肺野に分けられる

疾患と肺野の関係

  laterality region lobule characteristic
肺線維症 両側 下肺野 小葉辺縁性病変? 網状陰影、輪状陰影
珪肺症 両側 上肺野 小葉辺縁性病変? 粒状陰影
石綿肺 両側 中/下 小葉辺縁性病変? 線状陰影、網状陰影。不整形陰影。すりガラス状。胸膜肥厚、胸水貯留、胸膜石灰化
粟粒結核   びまん性 無関係 Φ1mmのびまんせい小結節~斑状陰影
びまん性汎細気管支炎 両側 下肺野(びまん性) 小葉中心性病変 びまん性散在性粒状影。過膨張所見。気管支拡張。
腫瘍肺転移   末梢肺野 無関係 多発
肺好酸球性肉芽腫   上/中   小結節影、小嚢胞状影
肺結核一次感染   中/下    
肺結核二次感染   S1,S2,S6    


塵肺症」

  [★]

pneumo + conio + sis
pneumoconiosis
塵肺じん肺症
じん肺法

塵肺の画像所見 RNT.140

  原因物質 画像所見
珪肺 珪酸(SiO2) 上肺野に優位な陰影
粒状陰影
不整型陰影(線状、網状、蜂巣状)
結節陰影
肺門リンパ節腫大(貝殻状石灰化20%)
石綿肺 石綿 下肺野に優位な線状・蜂窩状陰影
胸膜・横隔膜の肥厚斑、石灰化
胸膜中皮腫、末梢肺癌の合併が多い
ベリリウム肺 ベリリウム サルコイドーシス類似
微細粒状陰影
肺門リンパ節腫大

参考

  • 塵肺の診断
[display]http://www.research12.jp/jinpai/09.html


気管支肺胞洗浄液」

  [★]

bronchoalveolar lavage fluid, bronchial lavage fluid, BALF
肺胞洗浄液
気管支肺胞洗浄

Tリンパ球サブセット(CD4/CD8比)

  • 高値
  • 低値 ・・・ 細胞傷害性T細胞優位?



asbestosis」

  [★] 石綿肺

WordNet   license wordnet

「lung disease caused by inhaling asbestos particles」

石綿肺症」

  [★]

asbestosis
石綿沈着症石綿肺

肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 以降、肺胞上皮が二種類に分化し、肺胞が形成される。  肺表面活性物質
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)






綿肺」

  [★]

byssinosis
ビシノーシス
綿肺症綿糸肺綿線維沈着症。綿花。慢性綿肺 chronic byssinosis





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡