真皮内母斑

出典: meddic

intradermal nevusintradermal nevi
真皮母斑 dermal nevus休止性母斑 resting nevus
色素性母斑



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 良性色素細胞性母斑における真皮浅層胞巣形成部位および深部neuroid componentでの細胞増殖能,アポトーシスならびにアポトーシス抑制に関する比較研究
  • 手塚 弓紀子,澤口 聡子,澤口 彰子,若松 信吾,手塚 弓紀子,澤口 聡子,澤口 彰子,若松 信吾
  • 東京女子医科大学雑誌 72(2), 69-79, 2002-02-25
  • … る研究は少ない.本研究では,色素性母斑における細胞分裂とアポトーシスの関係を明らかにすることを目的とした.後天性の色素性母斑のうち,HE染色で真皮浅層で胞巣形成,深層にneuroid componentを認めた15例(真皮内母斑10例,複合母斑5例)に対し,抗S-100抗体,抗Bcl-2抗体,抗Bax抗体,抗Ki-67抗体およびTUNEL法で免疫組織化学的染色を行った.母斑細胞数100当りの各マーカー陽性細胞数を,真皮内胞巣形成部位と真皮深部のneuroid …
  • NAID 110007525607
  • 巨大な腫瘤形成を認めた口蓋粘膜色素性母斑の1例
  • 佐渡 忠司,石川 圭子,伊藤 重人,岩井 正行,古田 勲
  • 日本口腔外科学会雑誌 43(11), 846-848, 1997-11-20
  • Nevocellular nevi (pigmented nevi) are less common in the oral cavity than on the skin. Most reported cases are lesions within 10 mm in diameter, and few are over 40mm.<BR>This article reports a …
  • NAID 10009466828
  • Immunohistochemical study of a pigmented nevus in the oral mucosa. A case affecting the palate.:A case affecting the palate
  • 高木 寿史,橋本 淳二,山田 和人,磯野 和男,森 昌彦
  • 日本口腔外科学会雑誌 39(4), 423-427, 1993
  • A pigmented nevus is defined as a hamartomatous proliferation of nevus cells, and it is a most common skin lesion. Pigmented nevi of the oral mucosa are considered to a rare lesion with only a few cas …
  • NAID 130001349534

関連リンク

青色母斑 頻度:比較的多い。 性状:多くは乳幼児期に生ずる直径1cm以下の平らか、 少し盛り上がった青色斑で通常型と云い、やや硬く触れる。きわめて稀に大型のものが ある(細胞増埴型)。 原因:メラニン色素に富む青色母斑細胞真皮内で増殖する。
リンク元, 「intradermal nevi」. 関連記事, 「母斑」「真皮」「皮内」「斑」. 「intradermal nevi 」. [☆]. 真皮内母斑. 関: intradermal nevus ... 真皮メラノサイト系母斑. 1. 青色母斑: 真皮メラノサイトが増殖。丘疹・小結節。小児期までに出現。頭部、四肢、臀部に好発; 2.

関連画像

母斑細胞母斑(真皮内・境界 滋賀医科大学 分子診断病理 母斑細胞母斑(真皮内・境界  17 頬と鼻の有毛性母斑細胞母斑太田母斑の中でも特殊なもの 母斑細胞母斑(真皮内・境界


★リンクテーブル★
先読み色素性母斑
リンク元intradermal nevi
関連記事母斑」「真皮」「皮内」「

色素性母斑」

  [★]

melanocytic nevusmelanocytic nevipigmented nevuspigmented nevi, nevus pigmentosus
色素細胞性母斑色素細胞母斑メラノサイト性母斑、母斑細胞母斑


intradermal nevi」

  [★]

真皮内母斑

intradermal nevus


母斑」

  [★]

nevus, birthmark
naevus
あざ

定義

  • 遺伝的ないし胎生的素因に基づき、生涯のさまざまな時期に発現し、きわめて徐々に発育し、皮膚の色調あるいは形の異常を主体とする限局性の皮膚の奇形

分類

由来による分類

  • A. メラノサイト系母斑(神経堤由来):
  • B. 上皮細胞系母斑
  • C. 間葉細胞系母斑

母斑

  • a. 母斑細胞母斑 nevus cells nevus
通常型
特殊型
  • D. 皮膚の色素異常を伴うその他の母斑

神経皮膚症候群



真皮」

  [★]

dermis (M)
corium
皮膚皮膚の構造表皮



臨床関連

  • 熱傷:II度熱傷
  • 血液疾患


皮内」

  [★]

intradermalintracutaneousendodermicintradermallyintracutaneously


斑」

  [★]

macula
発疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡