白板症

出典: meddic

plakia
leukoplakia
白斑症ロイコプラキー、白板角化症 白色角化症 leukokeratosis



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/09 18:57:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Q41 外陰部の白色病変のみかたを教えてください。 (日常診療で盲点となる皮膚科疾患 : 毛,爪,粘膜を中心とするQ&A) -- (粘膜)
  • 安部 正敏,石川 治
  • 皮膚科の臨床 53(11), 1690-1694, 2011-10
  • NAID 40019056970
  • Q29 白板症の鑑別を概説してください。 (日常診療で盲点となる皮膚科疾患 : 毛,爪,粘膜を中心とするQ&A) -- (粘膜)
  • 舌の異常 (日常診療でよくみる症状・病態--診断の指針・治療の指針) -- (口内・歯の異常)

関連リンク

白板症(はくばんしょう、leukoplakia)とは、肉眼的に粘膜が白色を呈することを示す 臨床的用語である。主に口腔外科学領域で、ときに婦人科学領域(外陰部)などで用い られる。 病理組織学的には、単に重層扁平上皮(英語版)の角化異常の一つである角化 ...
口腔白板症(はくばんしょう)とは、1978年WHOの診断基準によれば、口腔粘膜に生じた 摩擦によって除去できない白色の板状(ばんじょう)あるいは斑状の角化性病変で臨床的 あるいは病理組織学的に他のいかなる疾患にも分類されないような白斑と定義され ...

関連画像

傷病名 舌白板症白板症画像2白板症の画像 p1_35白板症図1 舌に発生した白板症白板症


★リンクテーブル★
先読みplakia
国試過去問097D011」「105G051」「101H024」「076B031」「081C066
リンク元有棘細胞癌」「口腔白斑症」「外陰白斑症
拡張検索口腔毛状白板症」「口腔内白板症」「咽頭白板症
関連記事」「白板

plakia」

  [★]

  • suffix meaning "a plate or flat plane, usually on a mucous membrane"
  • ex.


097D011」

  [★]

  • 27歳の男性。口唇部の痛みを主訴に来院した。数年前から口腔内に痛みを伴う小さな病変ができ、5,6日で自然に治癒する。このようなことが年に数回ある。体の他の部位に異常はない。体温36.2℃。血液所見:赤血球402万、Hb 1.0g/dl、白血球4,600。CRP 0.1mg/dl(基準0.3以下)。口唇部の写真を以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。



※国試ナビ4※ 097D010]←[国試_097]→[097D012

105G051」

  [★]

  • 68歳の男性。口腔内病変と四肢の皮疹とを主訴に来院した。3年前から両側頻粘膜に粘膜疹がある。最近、四肢皮疹が出現してきた。頬粘膜病変の写真(別冊No.9A)と皮膚病変の写真(別冊No.9B)とを別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G050]←[国試_105]→[105G052

101H024」

  [★]

  • 78歳の男性。口腔内病変と四肢の皮疹とを主訴に来院した。3年前から両側頬粘膜に粘膜疹がある。最近、四肢に皮疹が出現してきた。頬粘膜病変の写真と皮膚病変の写真とを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101H023]←[国試_101]→[101H025

076B031」

  [★]

  • (1) 成年に始まった魚鱗癬では悪性腫瘍の合併を疑う
  • (2) 局面性類乾癬では菌状息肉症への移行に注意する
  • (3) 粘膜の扁平苔癬白板症に移行する
  • (4) 尋常性乾癬では表皮のturnover timeが延長する
  • (5) 毛孔性苔癬は下腿伸側に好発する。

081C066」

  [★]

  • 50歳の男性、2ヶ月前から左舌の疼痛があり来院した。左舌縁の中央部に、灰白色苔をつけた不規則な浅い潰瘍がある。考えられる疾患は?

有棘細胞癌」

  [★]

squamous cell carcinoma, SCC, prickle cell carcinoma
棘細胞癌 spinous cell carcinoma spinalioma
carcinoma spinocellulare
皮膚癌扁平上皮癌有棘細胞


概念

  • 先行病変の上に小丘疹~結節を生じる。
  • 表皮基底膜を破壊し、浸潤性に肥厚した表皮の内部に異常ケラノサイトを認める。
  • 光線角化症(紫外線刺激によって、特に基底層にケラノサイトが悪性化し表皮内で増殖)が悪化してなる。
  • 中年以降の男性に好発し、皮膚悪性腫瘍の50%。

リスクファクター

  • 紫外線照射
  • イオン化放射線
  • 免疫抑制
  • 慢性炎症
  • ヒ素の接触/暴露
  • 遺伝子変異:例えば、腫瘍抑制遺伝子のp53の変異など
  • 家族歴
  • 遺伝性疾患

前癌病変

参考1 NDE.392

病理

顔面
[show details]

徴候

  • 皮膚症状:潰瘍・壊死を伴う結節状病変
熱傷瘢痕からの発生
[show details]

参考

  • 1. [charged] Epidemiology and risk factors for cutaneous squamous cell carcinoma (SCC) - uptodate [1]

国試


口腔白斑症」

  [★]

oral leukoplakia, leukoplakia of oral cavity
口腔白板症口腔内白斑症口腔内白板症
白板症


外陰白斑症」

  [★]

leukoplakia of the vulva
leukoplakia vulvae
外陰白板症
白板症外陰ジストロフィー



口腔毛状白板症」

  [★]

oral hairy leukoplakia
毛状白板症口腔内毛様白斑症口腔毛状白斑症


口腔内白板症」

  [★]

oral leukoplakia
口腔白板症口腔白斑症口腔内白斑症


咽頭白板症」

  [★]

pharyngeal leukoplakia
咽頭白斑症


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


白板」

  [★]

alveus
槽神経束




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3