猩紅熱

出典: meddic

scarlet fever, scarlatina
連鎖球菌属Streptococcus pyogenes



特徴

病原体

疫学

潜伏期間

  • 2-3日

感染経路

症状

  • 突然の発熱と咽頭痛
  • 発疹は発病後1-2日後に現れ、解熱につれて消退する。
  • 莓舌はおよそ第3病日に現れ、第9病日までに消える
  • 皮疹の消退と共に膜様落屑の出現


合併症

感染後合併症

経過

  • 解熱までの経過は3-4日
  • 色素沈着はない (有り:麻疹。無し:風疹)

検査

  • ASO上昇、ASK上昇、白血球増加、核左方移動
  • 迅速診断キット

診断

治療

予防

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/15 09:25:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 皮膚の細菌感染症 (特集 発熱の診かた) -- (見逃したくない発熱の原因--見落としやすい感染症)
  • 溶連菌感染症 (特集 当直医のための小児急性感染症の初期治療のポイント) -- (当直医のための小児急性感染症への対応のポイント)
  • 川崎病発見前の川崎病 (特集/川崎病--川崎病を総合的に科学する) -- (疫学と病因・病態)

関連リンク

猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に 法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には 、容易に治療が可能となった。このため、法定伝染病として届け出が必要な猩紅熱と ...
A群溶連菌でも、発赤毒素(Dick毒素、猩紅熱毒素)を産生する株に初感染した際、全身 に、粟粒状の発疹や、苺舌が現れ、従来 ... 発疹の特徴 溶連菌感染症(猩紅熱)で見 られる発疹は、ほぼ全身の皮膚が一様に鮮紅色になり(汎発性紅疹:紅斑様発疹)、毛 嚢 ...

関連画像

麻疹样或猩红热样型 皮疹为 猩紅熱いちご舌提防猩紅熱猩紅熱患者身體特徵之一。資料 Img_3552猩紅熱的其中一個病徵是在軀幹 猩紅熱 在我國屬於 法定傳染


★リンクテーブル★
先読み連鎖球菌属
国試過去問092B029」「081A069
リンク元A群溶血性連鎖球菌咽頭炎」「Streptococcus pyogenes」「苺舌」「口囲蒼白」「scarlatina
拡張検索猩紅熱粟粒疹
関連記事

連鎖球菌属」

  [★]

Streptococcus
ストレプトコッカス属Streptococcusストレプトコッカス連鎖球菌

概念

  • 増殖に際して二連、レンサ上に配列する球形、卵円系のグラム陽性球菌の総称 (SMB.243)
  • 連鎖球菌は属名なので、連鎖球菌属(Streptococcus属)
  • グラム陽性球菌
  • 通性嫌気性菌:糖を発酵分解、乳酸を産生。
  • カタラーゼ非産生 ← ブドウ球菌属との判別に利用

分類

溶血の性状による分類

  • ヒツジ赤血球寒天培地における溶血性で分類
  • α溶血性:不完全溶血。緑色不透明環
  • γ溶血性:非溶血性

β溶血性連鎖球菌の分類(ランスフィールドの群別, SMB.244)

細胞壁の構成成分である多糖抗原の違いにより分類




092B029」

  [★]

  • 疾患と病原体との組み合わせで正しいもの
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

081A069」

  [★]

  • 正しい組み合わせはどれ
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

A群溶血性連鎖球菌咽頭炎」

  [★]

group A streptococcal pharyngitis
連鎖球菌性咽頭炎A群溶血性連鎖球菌
  • 急性咽頭炎で受診する多くの例はウイルス性で、本疾患は5-15%程度
  • Streptococcus pyogenesによる咽頭炎(上気道炎)
  • 5類感染症定点把握疾患
  • 感染から1~数週間後に起こりうるリウマチ熱や急性糸球体腎炎(溶連菌感染後急性糸球体腎炎)があるために診断が必要となる。
  • 症状:咽頭痛発熱で発症。消化器症状(嘔吐)がありうる
  • 身体所見:口蓋扁桃発赤・白苔付着、軟口蓋の点状出血、苺舌。全身の点状紅斑様、日焼け様の皮疹、口囲蒼白がみられる場合もある(猩紅熱)
  • 診断:センタースコア2点以上で迅速検査もしくは培養施行し陽性ならば治療。
  • 治療:ペニシリン系抗菌薬が第一選択で、治療期間は10日間。ペニシリンにアレルギーがある場合にはマクロライド系抗菌薬を考慮する。治療はリウマチ熱や化膿性合併症(扁桃周囲炎)の予防のために行われ、急性糸球体腎炎の予防効果は証明されていない

Streptococcus pyogenes」

  [★]

pyogenic streptococcus
Streptococcus pyogenes
ストレプトコッカス・ピオゲネス化膿性レンサ球菌化膿性連鎖球菌A群連鎖球菌Streptococcus group Agroup A StreptococcusGAS?、A群β溶連菌A群β溶血性連鎖球菌A群β溶血性レンサ球菌 group A beta-haemolytic streptococci GABHS
連鎖球菌属溶血性レンサ球菌

感染症




苺舌」

  [★]

strawberry tongue, raspberry tongue
苺状舌イチゴ舌
猩紅熱舌
[show details]


  • 溶連菌感染症(猩紅熱)
  • 川崎病:口唇の発赤や亀裂を伴う


口囲蒼白」

  [★]

perioral pallor, circumoral pallor
  • 口唇周囲に紅斑が認められないこと。溶連菌感染による猩紅熱で見られる。
  • その他の発疹性疾患(麻疹、風疹など)では口囲を含め全身に出現する。



scarlatina」

  [★]

猩紅熱

scarlatinalscarlet fever


猩紅熱粟粒疹」

  [★]

miliaria scarlatina


熱」

  [★]

heathotfever(→発熱)
アイソトープ加温発情発情期放射性加熱熱い熱感ホット




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡