特発性骨壊死

出典: meddic

idiopathic osteonecrosis



  • 大腿骨頭
大腿骨頭壊死症
  • 膝の特発性骨壊死
SOR.588
膝特発性骨壊死

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 人工膝関節全置換術後の歩行能力回腹に関する予測因子
  • 白井 利明,伊藤 淳,伊藤 真紀
  • The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 48(3), 212-217, 2011
  • … 形性膝関節症治療判定基準 (以下JOA score) を調査し,歩行能力の回復に影響する予測因子を検討した.当院でTKAを施行した67 例 (男性7 例,女性60 例),88 膝を対象とした.原因疾患は変形性膝関節症80 膝,特発性骨壊死症8 膝であった.術後歩行能力の獲得時期として平行棒歩行,T字杖歩行,手すりによる階段昇降が可能となるまでの期間を調査した.平行棒歩行が可能となった時期は平均5.7 日,T字杖歩行16.1 …
  • NAID 130000662193
  • 内側半月板切除後に生じた脛骨内顆特発性骨壊死の2例
  • 金子 大毅,三尾 健介,瀧川 真人,小林 龍生,三原 政彦,根本 孝一
  • JOSKAS 35(2), 358-363, 2010-05-10
  • NAID 10027616338

関連リンク

膝関節に比較的希に起こる特発性骨壊死について解説します.
1. 特発性ステロイド性骨壊死症とは. SLE(全身性エリテマトーデス)などの膠原病や 各種臓器移植後において、ステロイド剤の大量投与に関連して起こる病気です。多くは 大腿骨頭に壊死が生じますが、腕のつけ根、膝などにもでることがあります。股関節が 痛ん ...

関連画像

特発性骨壊死図5 膝関節特発性骨壊死の単純X  な。「特発性骨壊死」です特発性膝骨壊死 3特発性大腿骨頭壊死画像MRIを撮りますと、骨壊死と診断


★リンクテーブル★
国試過去問105I040
リンク元プライザー症候群
拡張検索膝特発性骨壊死
関連記事骨壊死」「壊死」「」「特発性

105I040」

  [★]

  • 76歳の女性。右膝痛を主訴に来院した。以前から時々右膝の腫脹と疼痛とがあったが、1週間程度で改善していた。10日前から右膝痛が出現し、昨日から増悪し歩行困難となった。体温38.7℃。右膝関節に腫脹、発赤、局所熱感および関節水症を認める。関節穿刺液は黄色半透明である。右膝関節エックス線写真(別冊No.4)を別に示す。
  • 右膝痛の原因として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I039]←[国試_105]→[105I041

プライザー症候群」

  [★]

Preiser syndrome
特発性骨壊死

膝特発性骨壊死」

  [★]

spontaneous osteonecrosis of knee
特発性骨壊死大腿骨内側顆骨壊死特発性大腿骨骨壊死

疫学

  • 60歳以上の高齢女性に多い。(SOR.588)

好発部位

  • 大腿内側顆部関節面に好発
  • 一側性

徴候・身体所見

急激な疼痛で発症し、夜間痛がある(SOR.588)。
  • 滑膜肥厚
  • 関節液貯留
  • 内反強制位で膝関節を屈曲させることで疼痛を誘発

検査

単純X線写真

  • X線像では疼痛発作後1-2ヶ月は所見はない
  • 大腿骨内側顆の荷重部関節面が局所的に扁平化。続いて関節軟骨直下に透亮像が認められる。
  • 透亮像の周囲には卵円系または円形の比較的幅の広い骨硬化像が出現する。
  • さらに伸展すると関節裂隙狭小化、骨棘形成などOAの変化を生じる。

骨シンチグラフィー

  • 大腿骨内側顆に異常集積

予後

  • 多くは半年の経過で軽快

骨壊死」

  [★]

osteonecrosis
無血管性骨壊死無腐性骨壊死無菌性壊死キーンベック病

分類 SOR.268

  • 一次性骨壊死 (特発性骨壊死)
  • 二次性骨壊死 (症候性骨壊死)



壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死



死」

  [★]

death
死亡脳死心臓死


特発性」

  [★]

idiopathyidiopathiccryptogenicagnogenic, essential
本態性
原因不明





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡