無発疹性猩紅熱

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

横田予防医学研究所 (横田貴史) 心臓発作、脳卒中、カゼ、動脈硬化などの発生メカニズムについて、父の代からの ... 現在の普通のカゼの正体は、無発疹性猩紅熱 上述しました通り、猩紅熱の病型の変化には、抗生物質の出現と ...
溶連菌感染症(猩紅熱)の発疹 は、全身の皮膚が鮮紅色になり(紅斑様発疹)、粟粒大の隆起した小丘疹(粟粒大丘疹)が見られることが、特徴。猩紅熱型の溶連菌感染症では、回復期に、手や足の指の皮 などが、膜状に剥離 ...

関連画像

診断には、 VCA-IgG と EBNA の測定 溶連菌性咽頭炎(SP型):小川 リケッチア感染症 Rickettial 葛根湯の適応するもの発熱は、抗生剤で無治療の場合


★リンクテーブル★
関連記事猩紅熱」「発疹」「

猩紅熱」

  [★]

scarlet fever, scarlatina
連鎖球菌属Streptococcus pyogenes


特徴

病原体

疫学

潜伏期間

  • 2-3日

感染経路

症状

  • 突然の発熱と咽頭痛
  • 発疹は発病後1-2日後に現れ、解熱につれて消退する。
  • 莓舌はおよそ第3病日に現れ、第9病日までに消える
  • 皮疹の消退と共に膜様落屑の出現


合併症

感染後合併症

経過

  • 解熱までの経過は3-4日
  • 色素沈着はない (有り:麻疹。無し:風疹)

検査

  • ASO上昇、ASK上昇、白血球増加、核左方移動
  • 迅速診断キット

診断

治療

予防

発疹」

  [★]

eruption, skin rash, lesion
exanthema
皮疹
皮疹
  • 出現時期、消長、同様のエピソードの有無、周囲での流行、接触、旅行歴、遺伝性疾患の有無、基礎疾患、予防接種状況



熱」

  [★]

heathotfever(→発熱)
アイソトープ加温発情発情期放射性加熱熱い熱感ホット




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡