潜在性黄疸

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 潜在性黄疸と過Bilirubin血症

関連リンク

黄疸 黄疸の定義 黄疸とは、種々の原因により血清中にビリルビンが増加し、皮膚、粘膜、及び眼球結膜が黄染した状態をいう。正常時には血液中のビリルビン濃度は1mg/dl以下である。1~2mg/dlの間では、皮膚や粘膜 ...
記事を途中から表示しています [最初から表示] 臨床的分類 潜在性黄疸(高ビリルビン血症) 血清ビリルビンが正常値を超えるが肉眼的に黄疸はない。ビリルビンについての血液検査の参考基準値 項目下限値上限値単位備考

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事黄疸」「潜在性」「潜在

黄疸」

  [★]

jaundice (prejndiceと似ている?), choloplania
icterus
ビリルビン新生児黄疸


  • 基準値:総ビリルビン(TB) 0.2-1.2 mg/dl
総ビリルビンが2.0 mg/dl を超えると肉眼的に黄疸が認められる

黄疸の原因 (内科診断学 第2版)

間接ビリルビン優位 産生過剰 網内系赤血球破壊 先天性溶血性貧血
後天性溶血性貧血
血管内溶血 発作性夜間血色素尿症
寒冷凝集素症
血液型不適合溶血
血栓性血小板減少性紫斑病
骨髄内無効造血 シャントビリルビン血症
悪性貧血
肝臓摂取障害 シャント形成 肝硬変
抱合障害 Crigler-Najjar症候群(I,II型)
Gilbert症候群
直接ビリルビン優位 排泄障害 Rotor症候群
Dubin-Johnson症候群
肝細胞障害 急性肝炎
慢性肝炎
肝硬変
胆管障害 肝内胆汁うっ滞 原発性胆汁性肝硬変
原発性硬化性胆管炎
薬物性胆汁うっ滞
閉塞性黄疸


jaundice
付録16


潜在性」

  [★]

latencylatentinitiatedoccultcrypticsubclinical
陰性神秘的潜時潜伏潜伏感染潜伏期不顕性無症候性無症状性隠れた潜在潜在型潜伏感染状態

潜在」

  [★]

latent
潜在性潜伏不顕性潜在型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡