漂白剤

出典: meddic

bleach
退色漂白ブリーチ


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/04 19:55:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 繊維製品の洗濯・洗剤について(4)洗浄剤,漂白剤,柔軟剤などが何をしているのか
  • 大矢 勝
  • 繊維製品消費科学 = Journal of the Japan Research Association for Textile End-uses 56(8), 654-659, 2015-08
  • NAID 40020568374
  • 給食施設で使用している食器における食器消毒保管庫及び漂白剤の使用状況
  • 山田 正子,細山田 康恵,瀬戸 美江 [他]
  • 日本給食経営管理学会誌 8(2), 43-51, 2014
  • NAID 40020184578
  • 症例報告 次亜塩素酸ナトリウムおよび水酸化ナトリウム含有漂白剤の摂取により腐食性食道炎,縦隔気腫をきたし,保存的治療で改善した1例
  • 中野 寛之,伊関 憲,小澤 昌子 [他]
  • The Japanese journal of clinical toxicology 27(1), 39-44, 2014
  • NAID 40020011522

関連リンク

洗剤だけでは落ちにくいシミや汚れには「漂白剤」が力を発揮します。汚れを選別して、汚れに合わせて洗剤や漂白剤の種類を使い分けましょう。
衣類に使う塩素系漂白剤の化学的な名称は次亜塩素酸ナトリウム。これはとても優れた漂白力を持つので、家庭用だけでなく工業用としても幅広く使われています。しかしこの塩素系漂白剤は酸性で塩素ガスを発生しますので取扱いに ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元次亜塩素酸」「bleach」「退色」「ブリーチ
関連記事」「漂白

次亜塩素酸」

  [★]

hypochlorous acid

次亜塩素酸(じあえんそさん、Hypochlorous acid)は塩素オキソ酸の1つで、塩素の酸化数は+1である。組成式では HClO と表わされるが、水素原子と塩素原子が酸素原子に結合した構造 H−O−Cl を持つ。不安定な物質であり水溶液中で徐々に分解する。次亜塩素酸および次亜塩素酸の塩類は酸化剤漂白剤、外用殺菌剤、消毒剤として利用される。

性質

実験室的には水酸化カリウム水溶液などに塩素を通じたりして調整した次亜塩素酸塩水溶液を硫酸で中和し、水蒸気蒸留して遊離酸の水溶液を得る。また、酸化水銀 の四塩化炭素懸濁液に塩素を通じた後に水で抽出したり、あるいは酸化ビスマスを水懸濁液中に塩素を通じることで遊離酸の水溶液を得る方法も知られている。

薄い水溶液としては存在するが、25%以上の濃度では一酸化二塩素に変化するので遊離酸を単離することはできない。濃厚水溶液は淡黄色である。また、遊離酸が弱酸 (pKa = 7.53)<ref>「次亜塩素酸」、『岩波理化学辞CD-ROM版』 第5版、岩波書店、1998年。</ref> のため、次亜塩素酸ナトリウムなどの次亜塩素酸塩水溶液はかなり強い塩基性を示す。

水溶液中でも不安定で、次のような不均化により塩化水素を放出しながら徐々に分解する。

<math>\rm 2 HClO \longrightarrow 2 HCl + O_{2}</math>
<math>\rm 3 HClO \longrightarrow 2 HCl + HClO_{3}</math>

次亜塩素酸やその塩の水溶液は、カルキ臭と呼ばれるプールの消毒槽のようなにおいを持つ。

また、塩素を水に溶かすと、次のような平衡により一部が塩酸と次亜塩素酸となる<ref>「次亜塩素酸」、『世界百科事典CD-ROM版』 V1.22、平凡社、1998年。</ref>。

<math>

{\rm Cl_2 + H_2O \ \overrightarrow\longleftarrow \ HCl + HClO} \quad K _{\rm w}=1.56 \times 10^{-4} </math> すなわち、中性~酸性条件ではこの反応はあまり進行しないが、アルカリ性条件では生成する遊離酸が次亜塩素酸塩となり平衡が右に偏るので、次亜塩素酸塩を製造する方法の1つとなる。

  • 水と一酸化二塩素の反応
<math>

\rm Cl_2O + H_2O \longrightarrow 2HClO </math>

<math>

\rm HClO + H_2O_2 \longrightarrow HCl + H_2O + O_2 </math>

  • ハロホルム反応により、アルカリ性条件下で次亜塩素酸(塩)はメチルケトンアルコール類を塩素化する。
  • 炭素二重結合に次亜塩素酸が付加すると、クロロヒドリン体を与える。

出典

<references />

参考文献

  • R・B・ヘスロップ、K・ジョーンズ 『ヘスロップ ジョーンズ無機化学(下)』 第1版、斎藤喜彦訳、東京化学同人、1977年。

関連項目


bleach」

  [★]

  • v.
  • 漂白する、退色する
  • n.
blanchbleaching

WordNet   license wordnet

「remove color from; "The sun bleached the red shirt"」
bleach out, decolor, decolour, decolorize, decolourize, decolorise, decolourise, discolorize, discolourise, discolorise

WordNet   license wordnet

「make whiter or lighter; "bleach the laundry"」

WordNet   license wordnet

「the act of whitening something by bleaching it (exposing it to sunlight or using a chemical bleaching agent)」

WordNet   license wordnet

「the whiteness that results from removing the color from something; "a complete bleach usually requires several applications"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(日光・薬品で)…'を'漂白する,さらす / 白くなる / 〈C〉漂白剤 / 〈U〉漂白作用」

退色」

  [★]

bleachingbleach
漂白漂白剤ブリーチ

ブリーチ」

  [★]

bleach
退色漂白漂白剤


剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


漂白」

  [★]

bleachingbleachblanch
退色漂白剤ブリーチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡