涙腺

出典: meddic

lacrimal gland (N)
glandula lacrimalis
眼窩涙器



支配神経

反射

  • 流涙反射


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/12 18:37:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 特異な部位に病変を呈したIgG4関連眼疾患の2例
  • 中埜 君彦,渡辺 彰英,上田 幸典 [他]
  • あたらしい眼科 31(8), 1219-1223, 2014-08
  • NAID 40020195668
  • IgG4関連涙腺唾液腺炎とシェーグレン症候群の画像診断 : 各種モダリティにおける画像所見 (特集 唾液腺のIgG4関連疾患とシェーグレン症候群を取り巻く新しい概念と画像診断)
  • ミクリッツ病/IgG4関連疾患とシェーグレン症候群の新しい理解 (特集 唾液腺のIgG4関連疾患とシェーグレン症候群を取り巻く新しい概念と画像診断)
  • 森山 雅文,中村 誠司
  • 臨床放射線 59(8), 1033-1043, 2014-08
  • NAID 40020177342
  • 両側涙腺腫脹に硬化性胆管炎を合併したIgG4関連疾患の1例 (特集 第67回日本臨床眼科学会講演集(4))
  • 黒田 健一,吉武 達哉,瀬戸口 義尚 [他]
  • 臨床眼科 68(6), 855-858, 2014-06
  • NAID 40020107258

関連リンク

涙腺(るいせん、英称:lacrimal gland)とは外眼角に存在する眼球付属腺の1つ。涙液 膜はムチンから構成される最内層、涙液から構成される中間層、脂肪から構成される 外層からなる。涙腺はほとんどの動物では漿液腺であり、その分泌液である涙液は漿液 性 ...
涙(なみだ、淚、涕、泪)は目の涙腺から分泌される体液のことである。眼球の保護が 主要な役割であるが、ヒト特有の現象として感情の発現として涙を流すことがある。 目次 . 1 普段分泌している涙 - 涙の生理学 -; 2 感情が高ぶった時などの涙. 2.1 感情と涙の ...

関連画像

図1.涙腺と涙点の構造ドライアイの原因】最初に、涙がどこで作られ 図3 涙腺多形腺腫を一塊に 涙の流れ道Tear system (ja).png小泉純一郎の涙腺


★リンクテーブル★
先読み眼窩
国試過去問100G035
リンク元顔面神経」「副交感神経系」「大錐体神経」「唾液核」「副交感神経
拡張検索涙腺無形成」「涙腺低形成」「涙腺動脈
関連記事

眼窩」

  [★]

orbit (N)
orbita



眼窩を構成する骨

  前頭骨    
  蝶形骨 篩骨 涙骨
頬骨   口蓋骨  
    上顎骨  

上眼窩裂、下眼窩裂を通るもの SOP.181 N.79

解剖 血管 神経
視神経管 眼動脈 視神経 CN II
上眼窩裂 上眼静脈 滑車神経 CN IV
  涙腺神経 CN V1
前頭神経 CN V1
動眼神経 CN III
鼻毛様体神経 CN V1
外転神経 CN VI
交感神経  
下眼窩裂 下眼静脈 上顎神経 CN V2
 
総腱輪の内
総腱輪の外



100G035」

  [★]

  • 眼窩内に存在するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G034]←[国試_100]→[100G036

顔面神経」

  [★]

facial nerve
nervus facialis
第VII脳神経, 第七脳神経, 第7脳神経, CN VII, cranial nerve VII, seventh cranial nerve
中間神経脳神経
  • 図:N.117(全体) N.108,111,112(脳幹から出るところ)
  • 特殊感覚性と臓性運動性の線維は中間神経として顔面神経から分かれて脳幹から出ている (KL.648)
一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞 ○-< 節後ニューロン 分布と機能
中枢神経外 中脳 延髄 脊髄
          膝神経節           外耳道皮膚の感覚
          膝神経節           の2/3,口腔底、口蓋味覚
                  翼口神経節、顎下神経節 副交感神経顎下腺舌下腺涙腺、鼻と口蓋の腺
                    支配筋:顔の表情筋中耳アブミ骨茎突舌骨筋、顎二腹筋の後腹、広頚筋

由来

支配

走行

枝 (KL.649, N.117)

頭蓋からの出口

臨床関連



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






副交感神経系」

  [★]

parasympathetic nervous system (KL)
pars parasympathica
自律神経系交感神経系副交感神経
  • 脳幹:CN III, CN VII, CN IX, CN X
  • S2-S4

節後ニューロン



大錐体神経」

  [★]

greater petrosal nerve (KH,B)
nervus petrosus major
顔面神経


由来

支配

  • 副交感神経線維
  • 涙腺
  • 運動神経線維 (KL.649)

走行



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


唾液核」

  [★]

salivatory nucleus
nucleus salivatorius
唾液顔面神経舌咽神経


  • 延髄網様体吻側部に散在する境界不鮮明な細胞集団。唾液や涙腺を支配する副交感神経の節前線維を出す。

唾液核


副交感神経」

  [★]

parasympathetic nerve (B)
pars parasympathica
自律神経系副交感神経系 parasympathetic nervous system



  • CN III, CN VII, CN IX, CN X
  • S2-S4

分布


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


涙腺無形成」

  [★]

aplasia of the lacrimal gland
涙液分泌不全、涙腺低形成


涙腺低形成」

  [★]

hypoplasia of the lacrimal gland
涙腺無形成


涙腺動脈」

  [★]

lacrimal artery
arteria lacrimalis



腺」

  [★]

gland
glandula
腺細胞分泌





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡