消退出血

出典: meddic

withdrawal bleeding
ゲスターゲンクッパーマン試験第1度無月経第2度無月経


  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の減少に伴う子宮出血
  • 簡単に言えば、エストロゲンの存在下で子宮内膜が成長、プロゲステロンで分泌・子宮内膜が維持されているが、プロゲステロンが減少したときに、子宮内膜は剥脱し、出血を伴う。これが消退出血として観察される。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-276 ホルモン補充療法により子宮発育・消退出血を認めた男性仮性半陰陽の一症例(Group66 生殖内分泌2,一般演題,第60回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 山口 明子,加藤 聖子,内田 聡子,松下 幾恵,田中 義弘,和氣 徳夫
  • 日本産科婦人科學會雜誌 60(2), 706, 2008-02-01
  • NAID 110006805440
  • 子宮筋腫を有する閉経期前婦人に対するGnRH agonist投与例の長期観察成績

関連リンク

低用量ピルや緊急避妊ピルを服用した際に耳にすることのある「消退出血」。聞き慣れない言葉だけによくわからない、何か対処すべき?と不安を覚える女性も多いのではないでしょうか。今回は消退出血の原因、出血の期間・量など ...
【ベストアンサー】月経はいわゆる自然な「生理」です。 排卵が起き、受精卵が着床しなかったため、不要になった子宮内膜が剝がれるものです。 不正出血とは生理以外の出血です。 膣に傷が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み第2度無月経
国試過去問105A056」「106I064
リンク元第1度無月経」「クッパーマン試験」「機能性子宮出血」「プロゲステロン負荷試験
関連記事」「出血

第2度無月経」

  [★]

クッパーマン試験無月経

定義

  • 1.かつ2.
  • 1. プロゲステロンテストで消退出血なく
  • 2. エストロゲン・プロゲステロンテストで消退出血有り

意義

  • 2.でエストロゲンとプロゲステロンの両方が存在すれば消退出血する、すなわち子宮内膜の状態は問題がないことが分かる。もし、このテストで消退出血が無ければ子宮に問題があることになる(子宮性無月経)。
  • 以降、エストロゲンの産生に問題があるのではないかと言うことを疑ってかかる。
  • 鑑別にあげられるのは、エストロゲンの産生がうまくいかない病態を考えれば中枢性無月経(視床下部、下垂体)、卵巣性無月経(多嚢胞性卵巣症候群など)をあげることができる。

治療


105A056」

  [★]

  • 29歳の女性。不妊と月経不順とを主訴に来院.した。身長152cm、体重65kg、内診で子宮は正常大である。経腟超音波検査で両側卵巣は軽度に腰大している。基礎体温は一相性で、黄体ホルモン剤投与で消退出血を認める。血中ホルモン所見:LH 12.4mIU/ml(基準1.8-7.6)、FSH 7.2mlU/ml(基準5.2-14.4)、テストステロン 100ng/dl(基準30-90)、エストラジオール 60pg/ml(基準25-75)。
  • まず行うべき対応で適切なのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A055]←[国試_105]→[105A057

106I064」

  [★]

  • 17歳の女子。最終月経から7週間の無月経を主訴に来院した。陸上部の練習が厳しく、体重が3か月で6kg減少したという。初経12歳。月経周期は28日型、整。身長156cm、体重40kg。腹部超音波検査で卵巣に異常を認めない。黄体ホルモンの投与によって消退出血を認めた。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I063]←[国試_106]→[106I065

第1度無月経」

  [★]

amenorrhea first grade
第I度無月経、第一度無月経、第1度無月経
クッパーマン試験無月経第2度無月経消退出血
[show details]


概念

  • クッパーマン試験において、プロゲステロン投与によって消退出血を起こしうる無月経
  • 比較的軽度の無月経と判断される。
  • エストロゲンは十分に子宮内膜に作用しているが、プロゲステロンが作用しきれない?

原因

治療

  • プロゲステロンの周期投与
  • クロミフェン療法(エストロゲン分泌軽度低下~正常、プロゲステロン×)


クッパーマン試験」

  [★]

Kuppermann試験Kupperman方式 Kupperman method
無月経

概念

  • 無月経、無排卵症の障害部位の診断のための内分泌学的負荷試験

手順

  • 1. プロゲステロンテスト
消退出血無し:2.へ
消退出血有り:第1度無月経
  • 2. エストロゲン・プロゲステロンテスト
消退出血無し:子宮性無月経(子宮体が機能不全である)
消退出血有り:第2度無月経。3.へ
  • 3. FSHテスト
消退出血無し:卵巣性無月経(卵巣でプロゲステロン・エストロゲンを産生できない状態ということ)
消退出血有り:下垂体性無月経(FSHが欠乏していた、つまり下垂体の機能不全)



機能性子宮出血」

  [★]

dysfunctional uterine bleedingmenometrorrhagia
失調性子宮出血 dysfunctional uterine bleeding
機能障害性子宮出血不正子宮出血不正出血
  • 器質的障害がないのに子宮から出血すること

分類

排卵

  • 排卵性機能出血
  • 無排卵性機能出血




プロゲステロン負荷試験」

  [★]

progesterone challenge test
プロゲステロン無月経第1度無月経クッパーマン試験
  • 無月経、無排卵症を診断するために行う検査。
  • プロゲステロン投与により消退出血が生じれば、第1度無月経と診断できる



血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3