浸透圧クリアランス

出典: meddic

osmolar clearance
クリアランス自由水クリアランス


  • 尿濃縮の指標
  • 尿に溶質を排出するに必要な血漿量
  • 浸透圧クリアランスCosm、自由水クリアランスCH2O、尿量Vとすると
V = Cosm + CH2O
  • 正常値:2-3 ml/m


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 電解質・鉱質関係 浸透圧 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・2)その数値をどう読むか) -- (生化学的検査(2))
  • 浸透圧クリアランスといわゆる濃縮試験の再検討 : 第284回北陸地方会
  • 山川 義憲,田近 栄司,鈴木 孝治,松浦 一,津川 龍三
  • 日本泌尿器科學會雜誌 68(11), 1117, 1977-00-00
  • NAID 110003090653

関連リンク

内因性クレアチニンによるクリアランス値は,イヌリンクリアランス(125ml/min)とよく一 致し,かつ測定が簡便であるので,臨床上よく用いられる.正常値は♂110ml/min,♀ 100ml/minである. 浸透圧クリアランスは尿濃縮の指標となり,自由水クリアランスは尿  ...
浸透圧クリアランス, 自由水クリアランスよりみた尿濃縮機構, 特に集合管機能の評価 Studies on Evaluation of the Renal Countercurrent System by Osmolal Clearance and Free Water Clearance in the Healthy Human Subject and the Patient with ...

関連画像

機能」に関する画像一覧 浸透圧とカリウム濃度はレース近位尿細管 (page 194) Human Biology


★リンクテーブル★
リンク元自由水クリアランス
拡張検索浸透圧クリアランス測定
関連記事クリアランス」「浸透圧」「クリア」「浸透」「

自由水クリアランス」

  [★]

free water clearance
クリアランス浸透圧クリアランス
  • 尿の希釈の指標
  • 溶質を含まない水を排出するために必要な血漿量
  • 浸透圧クリアランスCosm、自由水クリアランスCH2O、尿量Vとすると
V = Cosm + CH2O
  • 正常値(希釈時):13-15 ml/min
  • 正常値(濃縮時):-1.5~2 ml/min



浸透圧クリアランス測定」

  [★]

osmolar clearance measurement
フィッシュバーグ濃縮試験


クリアランス」

  [★]

clearance
清掃値浄化値


定義

  • 1. ある物質について、単位時間あたりどれだけの量の血液をきれいにできるか。
  • 2. ある物質が排泄されるために必要な単位時間あたりの血漿量
  • 3. ある物質が単位時間に腎によって完全に除去(清掃)される血漿の量 (生理学実習1 実習テキスト p.4,SP.777-778)
  • 4. it is defined as the rate of elimination of the drug from the body relative to the concentration of the drug in plasma

(PPC.42) [(amount/time)/(amount/volume)]

  • 5. clearance is the rate at which plasma would have to be cleared of the drug to account for the observed kinetics of change of the total amount of drug in the body, assuming that all the drug in the body is present at the same concentration as that in the plasma.(PPC.42)

意味

  • クリアランス↑→物質の排出能が高い、排出されやすい、再吸収されにくい
  • クリアランス↓→物質の排出能が低い、排出されにくい、再吸収されやすい

  • 定義1~3に基づくと
UX: Xの尿中濃度
V : 尿量~
PX: Xの血漿濃度~
CX: クリアランス(前述の定義参照)
UX・V = PX・CX
CX= V・UX/PX
  • 定義4に基づくと
Clearance = (amount/time)/(amount/volume) = 血漿からの薬物の除去速度 / 血中薬物濃度 = 単位時間あたり尿量 x 尿中薬物濃度 / 血中薬物濃度
  • 上記の式は定常状態(単位時間あたりの薬物濃度が変化しなくなった状態)における血中薬物濃度を規定する式に変形できる。定常状態では単位時間に排泄される薬物量と単位時間に取り込まれる薬物量が等しくなった状態であるから、以下の通りとなる。(PPC.44)
血中薬物濃度 = 血漿からの薬物の除去速度 / クリアランス = 薬物の血漿への投与速度 / クリアランス = bioavility x dose / (dosing interval x clearance)
  • これによれば、同一の投与間隔でdoseを2倍量にすれば、血中濃度が2倍になるということが分かる。

備考

  • 一般的にクリアランスはGFRと正比例の関係にある(TP.469)。
  • クリアランスは尿細管での再吸収や分泌と関係するので、対象とする物質の血漿濃度により変化する(TP.469)。



浸透圧」

  [★]

osmotic pressure
圧力オスモル
  • 単位はmOsmが使われる。
  静水圧 膠質浸透圧
細動脈 細静脈
血漿 30mmHg 10mmHg 25mmHg
間質 ≒0mmHg 5mmHg



クリア」

  [★]

clear
明らか清澄明白明瞭


浸透」

  [★]

osmosis
浸透圧



圧」

  [★]

pressure
圧力




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡