洞徐脈

出典: meddic

sinus bradycardia
洞性徐脈洞性徐拍洞徐拍




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 洞徐脈・洞停止 (特集 危険な不整脈--みきわめ方と正しい対応) -- (徐脈性不整脈)
  • 小宮 憲洋,前村 浩二
  • 臨牀と研究 87(1), 52-55, 2010-01-00
  • NAID 40016976519
  • 頭頸部腫瘍により失神発作を繰り返した2例
  • 大田 祐子,平塚 妙子,麻生 明見,長谷川 恵里,中村 俊博,土橋 卓也
  • Shinzo 42(11), 1458-1463, 2010
  • … ホルター心電図にて症状に一致し洞徐脈を認めた. …
  • NAID 130002147225

関連リンク

脈が遅い(徐脈性不整脈) ... 自分で脈を調べるときは、脈拍が乱れているかどうか、徐 脈や頻脈がないかどうかがわかればよいでしょう。2連発か3連発か ..... 薬剤によって 起こった洞徐拍は、薬をやめれば、必ず元の状態に戻りますから心配はいりません。
2005年7月18日 ... 健康診断で洞徐脈の結果が出ました。昨年も同じ結果で一時期病院で診て貰いました。 一日中心電図を採る検査も受け、平常時で35回前後、寝ているときは30を切っていまし. ..

関連画像

洞性徐脈図]徐脈の画像 p1_13imageimage持続性洞徐脈


★リンクテーブル★
リンク元下壁梗塞」「洞性頻脈」「洞性徐脈」「洞徐拍」「洞性徐拍
関連記事徐脈

下壁梗塞」

  [★]

inferior wall infarction
心筋梗塞急性心筋梗塞冠状動脈

心電図

  • 上昇:II, III, aVF
  • 鏡胸像:I, aVL, V2, V3
[show details]
QB CBR vol.3 p.201 PHD. 102
I II III aVR aVL aVF V1 V2 V3 V4 V5 V6 冠動脈
                  RCA

支配血管

梗塞部位

  • 心房
  • 右室
  • 左心室

病態

症状

国試


洞性頻脈」

  [★]

sinus tachycardia, ST
洞頻脈洞性頻拍?、洞頻拍?
洞徐脈洞頻脈

鑑別疾患




洞性徐脈」

  [★]

sinus bradycardia
洞徐脈洞性徐拍洞徐拍
徐脈性不整脈
[show details]


洞徐拍」

  [★]

sinus bradycardia
洞徐脈洞性徐脈洞性徐拍


洞性徐拍」

  [★]

sinus bradycardia
洞徐脈洞性徐脈洞徐拍


徐脈」

  [★]

bradycardia
徐拍


  • 脳圧亢進、閉塞性黄疸、甲状腺機能低下症、迷走神経緊張





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3