沈降ジフテリアトキソイド

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

成人用沈降ジフテリアトキソイド 2013年10月改訂(第6版) 2010年4月改訂 販売開 始 2008年2月 ただし、医師が必要と認めた場合には、同時に接 種することができる(なお、本剤を他のワクチン と混合して接種してはならない ...
販売名 成人用沈降ジフテリアトキソイド(ジフトキ「ビケンF」)/0.5mL×1本 薬効分類名 ワクチン・トキソイド混合製剤 成分名 有効期間(使用期限) 3年 薬価 薬価基準収載 医薬品コード 識別コード 統一商品コード 128-27790-2

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • トキソイド類

販売名

ジフトキ「ビケンF」

組成

製法の概要

  • 本剤は、ジフテリア菌(Park-Williams No.8株)を純培養した培養ろ液中の毒素を高度に精製し、ホルマリンで無毒化したトキソイド液を、免疫原性を高めるためにアルミニウム塩に吸着させ不溶性とした液剤である。
    なお、本剤は製造工程でウシの乳由来成分(スキムミルク、ペプトン)、肉由来成分(牛肉消化液)、ブタの膵臓由来成分(パンクレアチン)、ブタの十二指腸由来成分(パンクレアチン)及びウマの血液由来成分(血清)を使用している。

組成

  • 本剤は、0.5mL中に次の成分を含有する。

有効成分

  • ジフテリアトキソイド 2.5Lf以下(7.5国際単位以上)

緩衝剤

  • リン酸水素ナトリウム水和物 1.745 mg
  • リン酸二水素ナトリウム 0.28 mg

等張化剤

  • 塩化ナトリウム 4.25 mg

免疫補助剤

  • リン酸アルミニウム(アルミニウム換算) 0.1 mg

安定剤

  • ホルマリン(ホルムアルデヒド換算) 0.0185mg

禁忌

(予防接種を受けることが適当でない者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者


効能または効果

  • 本剤は、ジフテリアの予防に使用する。
  • 通常、10歳以上の者に用い、1回0.5mL以下を皮下に注射する。
  • 他のワクチン製剤との接種間隔
  • 生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上、また他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。
    ただし、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができる(なお、本剤を他のワクチンと混合して接種してはならない)。

薬効薬理

  • ジフテリアの予防には、本剤接種後、血中抗毒素量が一定量(感染防御レベル)以上産生される必要がある。本剤接種後、感染防御に有効な0.01IU/mL 以上の抗毒素量が産生され、もしジフテリアに感染し生体内で毒素が産生されても、その毒素を中和し発症は阻止される。しかし、漸次抗体価は低下するため、感染防御効果を持続するためには追加免疫が必要となる1), 2)


★リンクテーブル★
関連記事ジフテリア」「トキソイド」「ジフテリアトキソイド」「沈降」「イド

ジフテリア」

  [★]

diphtheria
ジフテリア菌

特徴

病原体

疫学

  • 2-5歳の小児に好発

潜伏期間

感染経路

  • 飛沫感染

病型

症状

  • 発熱、咽頭発赤・クループ(扁桃に偽膜形成し、気道閉鎖)、頚部リンパ節腫脹

合併症

  • ジフテリア後心臓疾患:発病後2-3週間後。房室ブロック、心筋炎。時に血圧低下、心雑音、ギャロップリズム、心不全
  • ジフテリア後麻痺:発病後5-6週間後。多発神経炎による。軟口蓋麻痺により嚥下困難、動眼神経麻痺、生体麻痺、体幹四肢筋の麻痺。4-6週後には回復。
  • ネフローゼ

治療

  • 抗毒素血清療法、ペニシリン

予防

  • DPT I期:3ヶ月から6ヶ月に3回。1歳半以降に1回
  • DPT II期:11歳~12歳



トキソイド」

  [★]

toxoid
アナトキシン anatoxin類毒素
毒素抗毒素製剤ジフテリアトキソイド破傷風トキソイド不活化ワクチンワクチン


  • 細菌の産生するタンパク質性の菌体外毒素を免疫原性は保持したまま無毒化したもの
  • トキソイドを注射すると毒素活性を中和する抗体が産生されるので、予防的に用いられる
  • ジフテリアトキソイド
  • 破傷風トキソイド


ジフテリアトキソイド」

  [★]

diphtheria toxoid
ジフテリアワクチン沈降ジフテリアトキソイド、成人用沈降ジフテリアトキソイド
ジフテリア抗毒素製剤トキソイド予防接種



沈降」

  [★]

sedimentationprecipitationsedimentprecipitate
遠心沈降遠沈沈降物沈渣沈殿沈殿物誘起誘発降水降水量沈澱

イド」

  [★]

id
エス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡