水疱性炎

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

潜伏期は2~4日で、発熱の後、泡沫性の流涎や蹄・鼻、口腔内の水疱形成が見られる。2次的に食欲不振や跛行を示す。ヒトが感染した場合、インフルエンザ様の症状を示すことがある。 4.病理学的変化 ...
当院は、耳鼻咽喉科、気管食道科、アレルギー科を専門とし、地域医療に貢献します。 ... 中耳炎、外耳炎の中には、聞こえの神経に後遺症を残すものもあります。そのような病気の代表的なものである水疱性鼓膜炎を紹介します。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事水疱」「」「水疱性

水疱」

  [★]

blister, bulla
小水疱弛緩性水疱緊満性水疱水疱症発疹



  • 表皮内・表皮下に滲出液を入れた空隙を生じた状態
  • 直径5mm以上

水疱を生じる疾患

  • 1. 物理化学的障害による水疱性皮膚疾患
  • 2. 日光など光線による水疱性皮膚疾患
  • 3. 細菌感染による水疱性皮膚疾患
  • 4. ウイルス感染による水疱性皮膚疾患
  • 5. 炎症性水疱性皮膚疾患
  • 6. 薬剤性水疱性皮膚疾患
  • 7. 自己免疫性水疱症
  • 8. 先天性水病症


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


水疱性」

  [★]

bullous
水疱




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡