気管竜骨

出典: meddic

carina of trachea
気管カリナ

-図:M.76

  • 気管分岐部に位置する気管内腔の突出部
  • 最後の気管軟骨輪がつきだしたもの
carinaof trachea

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

... (気管竜骨;気管カリナ)Carina tracheae きかんりゅうこつ;きかんかなり Feneis: 144 25 [A06_3_01_009] →(気管分岐部の内面を見ると、左右の気管支は稜状のたかまりで隔てられる。この高まりを気管竜骨(気管カリナ)という。) ...
気管分岐部の内面の正中部を気管竜骨(気管カリナ)といい ここの粘膜は、知覚が敏感で刺激されると激しい「せき」をおこすのです。 気管支は右の気管支の方がやや太く、短くなっています。 また左の気管支よりも傾斜が ...
気管 喉頭と肺との間にあって、この2者を連結する管で、上方の大部は1本の気管をなすが、その末端は胸腔内において左右の気管支に分かれて、肺門から肺内部へ進入する。気管および気管枝は上下に連なる軟骨輪とその間を ...

関連画像

喉頭と気管, 気管支およびその 図1


★リンクテーブル★
先読み気管カリナ
拡張検索気管竜骨リンパ節
関連記事気管」「竜骨」「

気管カリナ」

  [★]

carina of trachea
気管竜骨
  • 「気管竜骨」参照

気管竜骨リンパ節」

  [★] 下気管気管支リンパ節

気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



竜骨」

  [★]

気管

carina
気管竜骨気管分岐部

漢方

りゅうこつ、リュウコツ
longgu
龍骨、白竜骨 はくりゅうこつ、花竜骨 かりゅうこつ、五花竜骨 ごかりゅうこつ、土竜骨 どりゅうこつ



骨」

  [★]

bone
os
骨格






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡