気管支肺胞洗浄

出典: meddic

bronchoalveolar lavage BAL, broncho-alveolar washing
気管支肺胞洗浄検査
気管支肺胞洗浄液 BALF



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小細胞肺癌に対し完全奏功を得て禁煙中に扁平上皮肺癌と農夫肺が診断された一例
  • 石松 祐二,藤田 華子,原田 達彦[他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 87(4), 317-322, 2012-12-25
  • 気管支肺胞洗浄液ではリンパ球比率増加とCD4/8比の上昇を認め, 経気管支肺生検では, 右上葉支入口部腫瘤から扁平上皮癌, 左肺舌区からリンパ球浸潤, 好酸球浸潤, 異物型巨細胞と類上皮細胞肉芽腫を認めた. …
  • NAID 110009555818
  • 症例報告 ステロイドパルス療法,エンドトキシン吸着療法およびシクロスポリンAが著効した急性間質性肺炎の一例
  • 高野 智圭,熊澤 文雄,野田 彰浩 [他]
  • 日大医学雑誌 = Journal of Nihon University Medical Association 71(6), 455-459, 2012-12-00
  • NAID 40019547362

関連リンク

気管支肺胞洗浄検査は通常は安全な検査です。しかしながら、低頻度ではありますが、いくつかの合併症(やむを得ず一定の確率で起こる事故)がおこる可能性があり、検査を行う前に患者さんの同意が必要です。 前処置(注射 ...
気管支鏡を介して, 気管支内に生理食塩水を注入し, 肺胞や末梢気道レベルを洗浄し, その回収液の細胞成分や液性成分を解析する方法で, 反復して施行することも可能である. 1970年代に開発され, 1980年代にびまん性肺疾患に対する ...

関連画像

気管支肺胞洗浄(BAL) & 気管支 気管支肺胞洗浄法(BAL)(馬)好中球増加 気管支肺胞洗浄 http://kotobank.jp/i/igakukatei/image/1249 気管支肺胞洗浄(BAL)法の手引き 気管支肺胞洗浄(BAL) & 気管支


★リンクテーブル★
先読みBALF」「bronchoalveolar lavage
国試過去問108E067」「108I079」「098D012」「105G046」「100F015」「107A016
リンク元BAL
拡張検索気管支肺胞洗浄液」「気管支肺胞洗浄検査
関連記事気管」「肺胞」「気管支」「洗浄」「気管支肺

BALF」

  [★] 気管支肺胞洗浄液


bronchoalveolar lavage」

  [★]


BAL
BAL


108E067」

  [★]

  • 次の文を読み、 66~ 68の問いに答えよ。
  • 72歳の女性。労作時呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴:約半年前から労作時の呼吸困難を自覚していた。当初は階段や急な坂を登る時のみであったが次第に悪化し、より軽い労作でも呼吸困難を感じるようになった。現在では 2. 3分の平地歩行でも呼吸困難を自覚するようになったが、安静時には症状はない。
  • 既往歴: 20歳時に副鼻腔炎手術。 38歳時に子宮筋腫手術。 10年前から高血圧症に対し内服治療中。
  • 生活歴:喫煙歴はない。 1年前から室内でネコを飼っている。
  • 家族歴:夫が 3年前に肺癌で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 152 cm、体重 52 kg。体温 36.1℃。脈拍 88/分、整。血圧 122/68 mmHg。呼吸数 18/分。 SpO2 97% ( room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張と口唇のチアノーゼとを認めない。心雑音を聴取しないが胸骨左縁第 2肋間で II音の亢進を認める。呼吸音は正常で、呼吸副雑音を聴取しない。腹部診察で異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)。血液所見:赤血球 396万、 Hb 13.0 g/dl、Ht 38%、白血球 6,800、血小板 23万、 Dダイマー 3.6 μg/ml(基準 1.0以下 )。血液生化学所見:総蛋白 7.2 g/dl、アルブミン 4.2 g/dl、総ビリルビン 0.7 mg/dl、AST22 IU/l、ALT 20 IU/l、LD 256 IU/l(基準 176.353)、尿素窒素 10 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl、Na 139 mEq/l、K 4.9 mEq/l、Cl 109 mEq/l、脳性ナトリウム利尿ペプチド〈BNP〉140 pg/ml(基準 18.4以下 )。 CRP 0.2 mg/dl。
  • 胸部造影 CT(別冊 No.17A)と心電図 (別冊 No.17B)とを別に示す。
  • 重症度判定に有用な検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E066]←[国試_108]→[108E068

108I079」

  [★]

  • 72歳の男性。咳嗽喀痰および呼吸困難を主訴に来院した。 8年前から労作時の呼吸困難を自覚している。 2日前から咳嗽と喀痰が出現し、呼吸困難が増悪したため受診した。喫煙は 40本/日を 40年間。意識は清明。身長 165 cm、体重 57 kg。体温 37.6℃。呼吸数 28/分。 SpO2 86% ( room air)。頸静脈の怒張と胸郭の膨隆とを認める。両側の胸部に wheezesとcoarse cracklesとを聴取する。血液所見:赤血球 456万、 Hb 15.3 g/dl、Ht 44%、白血球 10,400(桿状核好中球 14%、分葉核好中球 62%、好酸球 3%、好塩基球 1%、単球 8%、リンパ球 12% )、血小板 16万。 CRP 3.4 mg/dl。動脈血ガス分析 ( room air): pH 7.29、PaCO2 65 Torr、PaO2 48 Torr、HCO3 30 mEq/l。胸部エックス線写真 (別冊 No.33A)と胸部単純 CT(別冊 No.33B)とを別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 108I078]←[国試_108]→[108I080

098D012」

  [★]

  • 72歳の男性。発熱、嚥下痛および呼吸困難を訴えて入院した。
  • 数年前から糖尿病の治療中である。咽後膿瘍を認めたので、気管切開術後に膿瘍の切開排膿術を受けたが、呼吸困難が増悪してきた。人工呼吸器による呼吸管理と抗菌薬とによる治療にもかかわらず、呼吸状態の改善と解熱とがみられない。
  • 体温38.8℃。脈拍96/分、整。血圧146/90mmHg。動脈血ガス分析(FiO2 0.8):pH7.32、PaO2 88Torr、PaCO2 46Torr、BE-5.6mEq/l、胸部エックス線写真背臥位像と胸部単純CTとを以下に示す。
  • 次に行うべき処置はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D011]←[国試_098]→[098D013

105G046」

  [★]

  • 82歳の男性。胸痛を主訴に来院した。10日前から右側胸部の痛みを自覚していたが、3日前から発熱が出現したため受診した。最近、食事中にむせることが時々ある。1年前に脳梗塞の既往がある。意識は清明。身長157cm、体重46kg。体温38.2℃。呼吸数24/分。脈拍124/分、整。血圧110/66mmHg。心音に異常を認めない。呼吸音は右下肺野で減弱している。白血球16,500(桿状核好中球4%、分葉核好中球86%、単球5%、リンパ球5%)。CRP19.2mg/dl。胸部エックス線写真で右下肺野に浸潤影を認める。
  • この患者の病態を評価する上で次に行うべき検査はどれか。
  • a 気管支肺胞洗浄
  • b 気道過敏性検査
  • c 嚥下機能評価
  • d 唾液分泌検査
  • e 脳血管造影


[正答]


※国試ナビ4※ 105G045]←[国試_105]→[105G047

100F015」

  [★]

  • 29歳の女性。会社の健康診断の胸部エックス線写真で異常を指摘され、精査のため来院した。10年前からしばしば鼻出血を認めているが、放置している。身長149cm、体重45㎏。体温36.4℃。呼吸数20/分。脈拍84/分、整。血圧120/80mmHg。口腔内に血管拡張を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。胸部単純CTを以下に示す。
  • 診断確定に必要なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100F014]←[国試_100]→[100F016

107A016」

  [★]

  • a 気管支粘膜の白苔
  • b 粘膜下血管の網目形成所見
  • c 気管支肺胞洗浄(BAL)液中のリンパ球分画低下
  • d 米のとぎ汁様の白濁した気管支肺胞洗浄(BAL)液
  • e 経気管支肺生検(TBLB)での非乾酪性類上皮細胞肉芽腫


[正答]


※国試ナビ4※ 107A015]←[国試_107]→[107A017

BAL」

  [★]



気管支肺胞洗浄液」

  [★]

bronchoalveolar lavage fluid, bronchial lavage fluid, BALF
肺胞洗浄液
気管支肺胞洗浄

Tリンパ球サブセット(CD4/CD8比)

  • 高値
  • 低値 ・・・ 細胞傷害性T細胞優位?



気管支肺胞洗浄検査」

  [★]

bronchoalveolar lavage
気管支肺胞洗浄


気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



肺胞」

  [★]

alveolus (Z), alveoli, pulmonary alveoli, alveoli of the lung
alveoli pulmonis
肺胞中隔


解剖

  • 表面積:80m2。40-120m2。(およそテニスコートの広さ) 参考によると 縦23.77m横10.97mの長方形だけど?
  • 48畳くらいか(ワンルームマンション6畳x8部屋分くらい) = 80(m2) / 1.65(m2/畳)。 1畳 ≒ 0.9(m) x 1.8(m) = 1.62 (m2) ← コンパネの大きさですね

組織

呼吸生理

  • 肺胞を押しつぶす力P, 肺胞の半径r, 表面張力T
P = 2T / r



気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



洗浄」

  [★]

cleansing, cleaning, irrigation


気管支肺」

  [★]

bronchopulmonary, bronchopulmonary unit




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡