気管支断端閉鎖術

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 有茎広背筋弁による気管支断端閉鎖術が有効であった肺癌右肺摘除術症例
  • 佐々木 正人,池田 岳史,木村 雅代,平井 誠也,井隼 彰夫,田中 國義
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 22(2), 160-163, 2008-03-15
  • … 右気管支中枢までおよぶ原発性肺癌にて低栄養状態および局所の炎症のために直接縫合や分岐部形成術が危険と判断し,縫合不全回避のため有茎広背筋弁による気管支断端閉鎖術を行い,有効であった症例を径験したので報告する.症例は,65歳,男性.入院時検査データ上,白血球およびCRPの著明な上昇,血中アルブミン値,コリンエステラーゼ値の低下を認めた.入院時胸部X線および胸部CTにて右肺の無気肺,肺炎像および右主気 …
  • NAID 110006657494
  • P-24 左肺全摘後遠隔期の気管支断端瘻に対して経心嚢 approach による気管支断端閉鎖術及び有茎広背筋皮弁充填術を施行した 1 例(外科 1)
  • 折野 達彦,立花 秀一,川上 万平,中尾 圭一,時津 浩輔,森田 琢也,橋本 隆彦,佐々木 進次郎
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 19(4), 352, 1997-06-01
  • NAID 110002820243

関連リンク

右気管支中枢までおよぶ原発性肺癌にて低栄養状態および局所の炎症のために直接 縫合や分岐部形成術が危険と判断し,縫合不全回避のため有茎広背筋弁による気管支 断端閉鎖術を行い,有効であった症例を径験したので報告する.症例は,65歳,男性.
肺癌の外科的治療は肺葉切除に縦隔リンパ節郭清を伴う術式が根治術式とされている が, われわれは, 肺葉切除における気管支断端の処理をSweet法またはOverholt法 によって行なってきたが, これらの断端閉鎖法を行なうと, 残存気管支の変形を来すこと が ...

関連画像

 気管支 の 断 端 閉鎖 縫合 腹腔マニセプス「専用針付糸 上葉、右上葉気管支と、気管支 リンパ節、主に気管や気管支


★リンクテーブル★
関連記事気管」「気管支」「閉鎖」「」「断端

気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



閉鎖」

  [★]

closure
縫合
  • 手術・外傷により生じた組織損傷を縫い合わせること


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


断端」

  [★]

stump
切断端 amputation stump
切り株





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡