気管支動脈塞栓術

出典: meddic

bronchial artery embolization BAE
気管支動脈



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 膿胸への大網充填術後晩期に発生した喀血に対し大網動脈塞栓術が著効した一例
  • 北野 晴久,朝倉 庄志,一瀬 増太郎
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(6), 678-682, 2011-09-15
  • … 左有瘻性膿胸に対し左膿胸腔大網充填術,胸郭成形術を施行した.1999年(術後4年目)に喀血が出現し,アスペルギルス膿胸の診断で抗真菌剤を投与し軽快した.2001年(術後6年目)に再喀血を認め,気管支動脈塞栓術やEWS気管支塞栓術を施行するも,軽快・喀血を繰り返した.左胸腔内の大網動脈の造影を施行したところ,著しい血管増生・拡張・肺動脈とのシャントを認めた.大網動脈を金属コイルで塞栓術を施行 …
  • NAID 10029458788
  • Multidetector-row CT angiographyが気管支動脈塞栓術に有用であった,びまん性汎細気管支炎に伴う喀血の1例
  • 山越 志保,本間 栄,川畑 雅照
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(4), 256-260, 2011-07-25
  • … 背景.喀血に対する気管支動脈塞栓術(BAE)の有用性は確立しているが,手技の際,責任動脈の同定に時間を要することも少なくない.そこで,術前のmultidetector-row CT angiography (MDCTA)の有用性の報告が散見される.症例.56歳,女性.23歳時にびまん性汎細気管支炎と診断,加療を開始した.2007年6月喀血のため入院.その後,喀血を繰り返し毎月の入院を要した.気管支鏡検査では左舌区支入口部が凝血塊で閉塞しており出血源と考えられた.責 …
  • NAID 110008687252
  • 山越ら"Multidetector-row CT angiographyが気管支動脈塞栓術に有用であった,びまん性汎細気管支炎に伴う喀血の1例"
  • 濱田 薫
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(4), 230-231, 2011-07-25
  • NAID 110008687247
  • 縦隔型気管支動脈瘤破裂の治療経験
  • 佐野 正明,可児 久典
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(3), 177-181, 2011-05-25
  • … 症例.症例は62歳男性.両側転移性肺腫瘍切除術7ヵ月後に胸痛で当院に搬送された.搬送時ショックを呈していた.CT検査と気管支動脈造影検査により縦隔型気管支動脈瘤破裂と診断し,気管支動脈塞栓術を施行した.塞栓術後7日目に縦隔の血腫が増大した.再出血と診断し,手術を施行した.術後経過は良好で,再発なく,術後18日目に退院した.まとめ.縦隔型気管支動脈瘤破裂は稀な疾患である.ショックを伴う気管支動脈瘤破裂例 …
  • NAID 110008686111

関連リンク

超選択的気管支動脈塞栓術(ちょうせんたくてききかんしどうみゃくそくせんじゅつ)は、 喀血に対する治療法である。カテーテルを用いて出血源である気管支動脈などを塞栓( コイルやゲル状物質などによって詰める)することにより止血するカテーテルインターベン ...
喀血に対する気管支動脈塞栓術. 気管支拡張症、慢性気管支炎、肺結核などが原因で 喀血を繰り返す場合に、気管支動脈までカテーテルを超選択的に入れてゼラチン粒や 塞栓用金属コイルなどでその部分に血液が流れないようにして出血を止めます。

関連画像

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013 図1 右気管支動脈塞栓術前図3 CT-Angiographyhttp://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013 気管支動脈塞栓術Simple Tropical Green Life


★リンクテーブル★
先読み気管支拡張症」「喀血
国試過去問096A013」「104E014
リンク元気管支動脈注入療法」「BAE」「bronchial artery embolization
関連記事気管」「気管支」「塞栓術」「気管支動脈」「

気管支拡張症」

  [★]

bronchiectasis


概念

病因

  • 先天性:Williams Campbell症候群
  • 後天性
  • 出生児からの要因、乳幼児期の要因
  • 乳幼児期より後の要因
  • 肺結核(50%の例に合併)、肺化膿症(30%の例に合併)、塵肺、無気肺、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、肺気腫

疫学

  • 乳幼児期から小児期の気管支・肺の疾患のある人に多い
  • 成人になってから発症したびまん性汎細気管支炎に続発することがある。 ← 従って、副鼻腔炎の合併が多い。

症状

  • 咳(起床時に多い)
  • 大量の痰
  • 喀痰

身体所見

  • ばち指、チアノーゼ、水泡音

検査

診断には胸部単純CTが有用


参考

  • 1. 気管支拡張症 - 社団法人日本呼吸器学会
[display]http://www.jrs.or.jp/home/modules/citizen/index.php?content_id=38
  • 2. 気管支拡張症 - ガイドライン外来診療2009
[display]http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/guideline2009/01-7.html

国試



喀血」

  [★]

hemoptysis ← ptysis
血痰


概念

  • 下気道由来の血液であり、咳とともに喀出される泡沫状、鮮紅色の血液 ⇔ 吐血:嘔吐、暗赤色の血液  喀痰:痰のなかに血液が混在して喀出される

病因

気道病変 気管支炎
気管支拡張症
腫瘍
気道異物
気道損傷
気管支血管瘻
肺実質病変 肺感染症
免疫異常
肺挫傷
肺血管性出血 肺動静脈瘻
肺血栓塞栓症
拝上脈圧上昇
血管カテーテル時の肺血管損傷
その他 子宮内膜症
凝固異常
医原性
特発性

治療

  • 気道確保(窒息を回避する)、呼吸・循環管理、出血源の同定、原疾患の診断と止血


096A013」

  [★]

  • 22歳の女性。1週前から時々、喀痰に血液が混入するようになり来院した。1年前から咳をする時に、口腔内にかぴ臭さを感じていた。身長167cm、体重58kg。脈拍68/分、整。血圧106/70mmHg。胸部に心雑音はなく、左肺野にfine crackles(捻髪音)を聴取する。赤沈20mm/1時間、白血球9,600。CRP0.9mg/dl(基準0.3以下)。来院時の胸部エックス線写真と胸部単純CTとを以下に示す。
  • この患者に最も適切な治療はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096A012]←[国試_096]→[096A014

104E014」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104E013]←[国試_104]→[104E015

気管支動脈注入療法」

  [★]

bronchial artery infusion BAI
気管支動脈塞栓術


BAE」

  [★] 気管支動脈塞栓術, bronchial artery embolization


bronchial artery embolization」

  [★] 気管支動脈塞栓術


気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



塞栓術」

  [★]

embolization
塞栓塞栓形成塞栓症塞栓療法塞栓化
  • 脳神経外科:脳大動脈瘤、脳動静脈奇形
  • 上部消化管:気道出血
  • 下部消化管:腸管出血


気管支動脈」

  [★]

brochial artery (Z), bronchial arteries
rami bronchiales
大動脈



術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡