気圧障害

出典: meddic

barotrauma
気圧性外傷圧外傷潜函病気圧減圧症

和文文献

  • 実践ヘルスプロモーション 地域医療のための公衆衛生(第18回)職業病
  • 安全性の向上 高気圧作業の完全無人化を実現--小規模舗装現場でも情報化のメリット引き出す (特集 現場に効く情報化施工--工期短縮や品質向上のメリットが普及を後押し)
  • ITとロボット技術を駆使したニューマチックケーソンの完全無人化施工

関連リンク

気圧外傷は圧力の変化によって、さまざまな体の構造内に閉じ込められた気体が圧縮されたり、膨張したりすることで ... 症状はさまざまで、呼吸の問題、胸痛(肺の気圧外傷)、眼の充血(マスクの気圧外傷)、回転性めまい、耳の ...
低気圧によるヒスタミン分泌促進に関しては詳細なしくみは完璧には説明されていませんが、異常な気圧の変化を「外部刺激」ととらえていると考えられます。 自分のウイークポイントが対処のポイント このように、低気圧による ...

関連画像

2010年4月21日生まれ黒柴ペコの 低体温症は刺激伝導系に障害 イラストはgooヘルスケアからの 71 肋骨多発骨折の重症例 外傷 外耳道側の気圧と鼓室内の気圧  気道を押しつぶすため、空気の


★リンクテーブル★
リンク元減圧症」「気圧性外傷」「圧外傷
関連記事障害」「気圧」「

減圧症」

  [★]

decompression sickness
せんかんびょう 潜函病 dysbarism減圧病潜水病, 潜水夫病, diving disease, diver's disease、ケイソン病, caisson disease
気圧障害窒素塞栓症


概念

  • 高圧環境から常圧環境への急激な移動により生じる病態
  • 水深10m以内の急浮上では発症しない。
  • 急激な減圧後2時間以内に発症する場合がほとんど(90%)である。24時間以内の発症が90%という記載もみられる(SQ.504)
  • 病型:I型は皮膚と筋関節症状のみのもので、それぞれ皮膚型、四肢型と呼ばれる。II型はI型以外の症状を呈するもので、中枢神経型、脊髄型、内耳型、呼吸循環型がある。(SQ.504)
  • 治療は高圧酸素療法。II型減圧症の場合には再圧療法が必須。

参考

  • 1. ダイビング医学 - 山見信夫先生
[display]http://www.divingmedicine.jp/decompression/d_3.html


気圧性外傷」

  [★]

barotrauma
圧外傷気圧障害
[show details]


圧外傷」

  [★]

barotrauma
気圧性外傷気圧障害


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


気圧」

  [★]

atmospheric pressure, atmosphere, atm
大気圧
大気気圏雰囲気圧力
  • 1気圧 = 760 mmHg ≒ 760 torr


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡