殺虫剤

出典: meddic

insecticide
insectifuga



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/23 17:52:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 波長分散型蛍光X線分析による臭素試験法を応用したトマト、メロン、しょうが、葉しょうが、みょうがおよびくり中のヨウ素スクリーニング
  • 立石 恭也,橋本 常生,牛山 慶子,酒井 奈穂子,八巻 ゆみこ,馬場 糸子,永山 敏廣,高野 伊知郎
  • 日本食品化学学会誌 20(1), 66-73, 2013-04-22
  • … ヨウ化メチルは、2009年9月にMRLが設定された燻蒸殺虫剤であり、臭化メチルとは農薬の一つとして類似の使われ方をされることから、その代替品として広く使用され、日本では食品衛生法により農産物中の残留量が厳しく規制されている。 …
  • NAID 110009603499
  • 赤トンボの羽化殻を指標とした市民参加型の水田環境評価
  • 粟生田 忠雄,片野 海,遠山 和成,神宮字 寛,Aoda Tadao,Katano Kai,Toyama Kazunari,Jinguji Hiroshi
  • 新潟大学農学部研究報告 65(2), 131-135, 2013-03-00
  • … 1) 新潟県の赤トンボの羽化のピークは6月末であったこと、2) 新潟県の赤トンボ占有種はアキアカネであったこと、3) 羽化前の中干しがトンボの羽化に負の影響を及ぼしたこと、4) 苗箱施用殺虫剤、特にネオニコチノイド系殺虫剤は赤トンボの羽化に負の影響があったこと、5) 殺虫剤を施用していない有機水田における羽化殻採集数は多くなかったこと、などが分かった。 …
  • NAID 120005285474
  • 200名の部会員全員で取り組むピーマンのIPM : フェロモン剤と天敵を活用して殺虫剤使用ゼロを実現 (特集 IPM技術と資材)
  • 技術と普及 : 全国農業改良普及職員協議会機関誌 : Monthly journal of agriculture & extension 50(1), 46-47,10, 2013-01-00
  • NAID 40019542672

関連リンク

フマキラー株式会社の殺虫剤。「ベープ」シリーズはじめ、蚊・ハエ・ゴキブリ・ダニ・ねずみ・その他不快害虫の殺虫・駆除および虫よけ剤など各種。 ... 火も電気も電池も使わない、次世代の蚊取り登場! 1回押すだけで効きめが12時間も ...
殺虫剤 植物につく害虫を退治 浸透移行性剤 植物に成分が浸透し、長期間効果。早期防除と退治に ... 花や緑の虫&病気に! すばやく長く効く(アブラムシで約1ヵ月効果)。葉裏まで浸透し、病気を防除

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問108A040
リンク元医療用医薬品」「pesticide」「insecticide」「農薬」「殺虫薬
拡張検索有機リン系殺虫剤」「殺虫剤抵抗性
関連記事

108A040」

  [★]

  • 78歳の男性。 2日後の胃癌の手術のため入院中である。主治医が両手の皮疹に気付いた。本人に聞くと、 1か月前から痒みが強く、市販の止痒薬を外用していたが軽快しなかったという。他の部位に皮疹はない。左手の写真 (別冊 No.14A)と鱗屑の苛性カリ〈KOH〉直接鏡検標本 (別冊 No.14B)とを別に示す。
  • 皮疹に対する治療のほかに、対応として適切なのはどれか。
  • a 手術を延期する。
  • b 病室を閉鎖する。
  • c 衣類を熱湯消毒する。
  • d 病室に殺虫剤を散布する。
  • e 接触した職員の皮疹の有無を確認する。



[正答]


※国試ナビ4※ 108A039]←[国試_108]→[108A041

医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • ビタミン剤
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬


pesticide」

  [★]

agricultural chemicalagrochemicalagrochemicalsinsecticide

WordNet   license wordnet

「a chemical used to kill pests (as rodents or insects)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「殺虫剤」

insecticide」

  [★] 殺虫剤

WordNet   license wordnet

「a chemical used to kill insects」
insect powder

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「殺虫剤」


農薬」

  [★]

agricultural chemicalagrochemical、(殺虫剤)pesticide
殺虫剤殺虫薬農芸化学農芸化学的農業化学品



殺虫薬」

  [★]

insecticidepesticide
殺虫剤農薬


有機リン系殺虫剤」

  [★]

organophosphate insecticideorganophosphorus insecticide
有機リン酸系殺虫剤


殺虫剤抵抗性」

  [★]

insecticide resistance

剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡