死腔換気

出典: meddic

dead space ventilation
無効換気 ineffective ventilation wasted ventilation
ICU. 317


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 死腔負荷に伴う運動時1回換気フロー・ボリューム曲線の変化に関する検討
  • 岩津 弘太郎,山田 純生
  • 理学療法学 33(7), 370-376, 2006-12-20
  • … 400mlの死腔負荷によって運動時死腔換気率は有意に増加した。 …
  • NAID 110006153530
  • ケアに直結! 呼吸器の看護アセスメント 死腔換気

関連リンク

2004年11月12日... 装備するものが増えてきた。 カプノグラムを連続測定することで、おおよそ以下のよう なことが分かる。 患者血液中のCO2濃度の推定; 挿管チューブの位置が適正かどうか; 気道閉塞の有無; 死腔換気量の推定. 正常波形は、以下のとおり。 ...

関連画像

死腔換気とは1・死腔とは レスピラトリー事業部 カプノグラフィ | モニタリング コヴィディエン ジャパン 血ガス呼吸管理図スライド169  死腔換気の量を示している。死


★リンクテーブル★
リンク元肺気腫」「呼気終末二酸化炭素分圧」「高炭酸ガス血症」「死腔/一回換気量比
拡張検索死腔換気率」「死腔換気量」「分時死腔換気量」「肺胞死腔換気量
関連記事換気」「」「死腔

肺気腫」

  [★]

emphysema, pulmonary emphysema PE
慢性肺気腫 chronic pulmonary emphysema CPE ← 急性肺気腫は存在しない
chronic obstructive pulmonary disease

概念

  • 肺気腫による気流障害は支持組織としての肺胞が破壊されているため、末梢気道が呼出時に虚脱することと、気道病変の存在による。

定義

  • 終末気管支より末梢の気腔が永久的に拡張した状態で、この気腔の壁は破壊されているが線維化はない (1987年アメリカ胸部疾患学会)
  • 肺胞壁の破壊的な変化により末梢気管支梢から末梢の含気区域が異常に拡大していることを特徴とする解剖学的変化 (1962 WHO アメリカ胸部疾患学会)

病因

疫学

  • 中・高年喫煙者、40歳以上のヘビースモーカーの男子

病型

症状

  • 労作時呼吸困難
  • 初期には閉塞性換気障害を認めるが、安静時には症状無し
  • 労作時に肺胞の破壊による血管床の減少により、拡散障害による低酸素血症をきたし呼吸困難を呈する。
  • 咳嗽・喀痰:慢性気管支炎合併例。肺気腫優位型では、咳嗽・喀痰をあまり訴えないことが多い。

身体所見

参考1改変
  • 視診:
  • 呼吸促迫時に口すぼめ呼吸、補助呼吸筋(胸鎖乳突筋の発達)
  • 胸郭:過膨張、ビヤ樽状、フーバー徴候(呼気時に両側季肋部が内方へ牽引)
  • 触診:
  • 気管短縮:輪状軟骨から胸骨柄上縁までの距離が2横指以下  ←  たしか、過膨張により気管支が下方に牽引されるため、だったと思う。
  • 打診:
  • 胸郭:鼓音
  • 聴診
  • 肺胞呼吸音の減弱  ←  たしか、肺胞の破壊のため、だったと思う

検査

動脈血ガス

  • PaO2の低下 ← 初期には見られない
  • 1) 換気-血流比の不均一分布
  • 2) 気相内拡散障害
  • 3) 肺胞拡散障害
  • PaCO2の上昇 → 病状の進展により、PaO2低下、PaCO2上昇しII型呼吸不全となる。これは、気腫の拡張によりガス交換に関与しない空間(死腔)が拡張する結果、死腔換気となり低酸素血症や高炭酸ガス血症を呈する。

肺機能

  • 肺実質系の破壊消失 → 肺弾性収縮力の低下 → 気道の呼気閉塞 →↓FEV1.0、↓FEV1.0%
  • 残気量は増加するが、肺コンプライアンスの上昇による全肺気量(TLC=VC+RV)の上昇のために肺活量の減少は顕著とならない。
  • 換気の不均一分布、DLCOの低下。

参考

  • 1.
[display]http://www.naoru.com/haikisyu.htm



呼気終末二酸化炭素分圧」

  [★]

end-expiratory carbon dioxide pressure PECO2, end-tidal Pco2, PetCO2, Petco2
呼気終末炭酸ガス分圧
end-tidal CO2, EtCO2, ETCO2
呼気終末炭酸ガス濃度a-EDCO2呼吸管理

概念

  • 肺での換気と心拍出状態を示す
  • 動脈血炭酸ガス分圧とほぼ等しい

基準範囲

  • 40±5 mmHg

意義

換気

挿管

  • 気管挿管後、PETCO2が低値であれば、気管挿管に失敗していると考えられる。

心肺蘇生

  • 心臓マッサージを施行した際、ETCO2が上昇すれば蘇生がうまくいっている判定できる。

解釈

呼気終末二酸化炭素分圧:血液、血液~肺胞、肺胞~呼気の要素を考える。

  • 喘息発作:呼気時の気管支閉塞により呼気延長を来たし肺胞低換気と同様の病態、と思う。
  • 低下:心拍出量低下、肺胞過換気、死腔換気(肺塞栓症)

paCO2-petCO2 動脈血二酸化炭素分圧呼気終末二酸化炭素分圧の差

ICU.342
paCO2 - petCO2 = 3 mmHg
  • 較差増大(petCO2低下):
  • 解剖学的死腔の増加
  • 呼吸回路の開放
  • 浅い呼吸
  • 生理学的死腔の増加
  • 低心拍出量
  • 肺塞栓症
  • 肺の過膨張(一回換気量が過量)

人工呼吸におけるETCO2



高炭酸ガス血症」

  [★]

hypercapnia
高炭酸ガス血症(IMD)、(国)高二酸化炭素症(ICU)、高炭酸ガス症炭酸ガス血症高炭酸血症
腹腔鏡手術
[show details]

定義

  • 1. 体内に炭酸ガスが貯留した状態。
  • 2. 代謝性アルカローシスの代償以外の原因によりPaCO2が46mmHgを肥えた状態

医学辞書

  • 動脈血ガスにおける炭酸ガス分圧が45Torrの時

高炭酸ガス血症を決定づけるパラメタ

  • VCO2:増加 → CO2産生量の増加
  • VE:減少 → 低換気
  • Vd/Vt:増加 → 死腔換気増加

病態生理

  • 血中のPaCO2上昇は中枢性化学感受領域を刺激するなどする。これにより血管拡張、交感神経の興奮が起こる。

症状

  • 頭痛、めまい、発汗、錯乱、高血圧
  • ぼーっとする、眠い
  • 血管拡張:皮膚・強膜・結膜の充血
  • 交感神経の反応:高血圧、頻脈、発汗
  • 代謝性脳症
  • 昏睡は正常範囲より30Torr以上高くなったとき(出典不明)。脳内pCO2が70Torrを超えると炭酸ガス麻酔効果出現、200Torrで完全に麻酔状態。


死腔/一回換気量比」

  [★]

dead space/tidal volume ratio
死腔一回換気量死腔換気死腔換気率

死腔換気率」

  [★]

dead space ventilation ratio
死腔/一回換気量比 dead space/tidal volume ratio VD/VT Vd/Vt


死腔換気量」

  [★]

, VD, dead space ventilation, volume of dead space gas


分時死腔換気量」

  [★]

minute dead space ventilation VD


肺胞死腔換気量」

  [★]

alveolar dead space ventilation


換気」

  [★]

ventilation



換気(環境)

換気()

肺の換気の分布(SPU. 21-22)

  • 吸気は各肺胞に均等に分布しない。胸腔内圧は肺の上部ほどより陰圧となるために、肺尖部の肺胞および気道の径は常に肺底部より大きくなる。このため、肺尖部の方が換気が良好であり、肺胞内酸素分圧が高い。


気」

  [★]

vital energy, life energy, active energy


死腔」

  [★]

dead space, respiratory dead space





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡