横隔膜麻痺

出典: meddic

diaphragmatic paralysis, phrenoplegia
横隔膜


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 左横隔膜麻痺を呈した高位頸髄損傷者のPCFを指標とした咳嗽練習の治療経験
  • 海藤 正陽,冨田 和秀,田上 未来 [他]
  • 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 20(3), 278-282, 2010-12-28
  • NAID 40018926513
  • 臨床室 片側横隔膜麻痺を呈したが人工呼吸器より完全離脱しえた頚髄損傷の1例
  • 小林 倫子,三村 雅也,関川 敏彦 [他]
  • 整形外科 60(5), 429-432, 2009-05
  • NAID 40016666189

関連リンク

横隔膜麻痺。横隔膜麻痺とはどんな病気か 横隔膜とは、胸腔と腹腔を分ける膜状の筋肉です。最大の吸気筋であり、安静時の呼吸運動に関係する唯一の筋肉です。横隔膜は、左右一対の横隔膜神経の支配を受けています。横隔膜麻痺と ...
「横隔膜麻痺」について詳しく調べられる「QLife家庭の医学」。横隔膜とは、胸腔と腹腔を分ける膜状の筋肉です。最大の吸気筋であり、安静時の呼吸運動に関係する唯一の筋...

関連画像

 病院総合診療医~: 横隔膜の障害86-2 ) 60 歳代、 男性。脳梗塞 上のような所見を見たら、無気 横隔膜の麻痺 病院総合診療医~: 横隔膜の障害 に、左横隔膜挙上があります


★リンクテーブル★
国試過去問100F027」「105F009
リンク元呼吸筋麻痺」「呼吸麻痺
関連記事横隔膜」「麻痺」「隔膜

100F027」

  [★]

  • 81歳の女性。胸やけを主訴に来院した。3年前から胸やけと前胸部痛とを自覚することがあった。症状が次第に増悪し、最近2か月で5の体重減少がみられる。体温36.1℃。脈拍72/分、整。心雑音はなく、呼吸音に異常を認めない。血液所見:赤血球325万、Hb9.9g/dl、Ht30%、血小板29万。血清生化学所見:総蛋白6.7g/dl、アルブミン3.6g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、総ビリルビン0.6mg/dl、AST18単位、ALT10単位。上部消化管造影写真を以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100F026]←[国試_100]→[100F028

105F009」

  [★]

  • 二酸化炭素蓄積をきたさないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105F008]←[国試_105]→[105F010

呼吸筋麻痺」

  [★]

respiratory muscle paralysis
呼吸麻痺横隔膜麻痺



呼吸麻痺」

  [★]

respiratory paralysis
呼吸筋麻痺横隔膜麻痺



横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis




隔膜」

  [★]

diaphragma
横隔膜




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1pud 16
2Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
3ミタゾラム 効果 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 13
6多毛日本 12
7user/password 11
8user/register 10
9cefpodoxime proxetil BCS 8
10日常生活自立度 7
11盲斑 7
12ラクテック 7
131,320,568,24 HTTP/1.1 7
14サイズの原理 筋電図 5
15ルリッシュ症候群 5
16Salivary glands 5
17viraldeath解剖 5
18脳卒中リハ 阻害因子 5
19 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
20?mesterolon? Britain 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1ラクテック 4
2視床下部 3
3感染症法 3
4骨盤死腔炎とは 3
5ホスホセリン 3
6選択的iga欠損症 3
7砂粒小体 2
8先天性橈尺骨癒合症症状 2
91,1024,768,24 HTTP/1.1 2
10腸管穿孔 ハルトマン 2
11エコーウイルス 2
12胃毛細血管拡張症 2
13呼吸補助筋 2
14CD56 γδ T細胞 2
15健康指標 2
16user/register 2
17ローゼンミュラーか 1
18胃癌 ボーマン 1
19ウログラフィン 1
20再興感染症 一覧 1