検視

出典: meddic

inquest
刑事訴訟法


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/08 20:20:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 東日本大震災における検視、身元確認等 (特集 災害警備 : 東日本大震災における災害警備活動を踏まえて)
  • 図解基礎法学講座 刑訴法 検視について

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みinquest
国試過去問108G066」「103G044
リンク元死体検案」「刑事訴訟法
拡張検索司法検視

inquest」

  [★]

WordNet   license wordnet

「an inquiry into the cause of an unexpected death」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(陪審員列席で行う)(…の)死因審問《+『on』+『名』》」

108G066」

  [★]

  • 次の文を読み、 64~ 66の問いに答えよ。
  • 65歳の男性。頭部挫創を主訴に来院した。
  • 現病歴:飲酒後、家の階段の下で倒れているところを帰宅した家族に発見された。頭部に挫創を認めたため家族に付き添われて受診した。
  • 既往歴:心房細動のためワルファリン内服中。
  • 生活歴:定年退職後無職。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:アルコール臭があるが意識は清明。ただし、本人は受傷時のことは覚えていない。脈拍 80/分、不整。血圧 150/90 mmHg。呼吸数 24/分。頭頂部やや後方に 3 cmの挫創があり出血を認めた。身体の他の部位に創傷は認められなかった。検査所見:頭部 CTでは頭蓋骨骨折は認められず、後頭蓋窩にごくわずかな硬膜下血腫が認められた。
  • この患者における頭蓋内病変の重症化を予測する上で、最も注意すべきなのはどれか。
  • 蘇生しつつ撮影した頭部 CTでは、硬膜下血腫の増大と小脳内の遅発性外傷性脳内血腫が認められ、脳幹を圧迫する所見が認められた。患者はその 1週後に死亡した。
  • 死亡確認後の主治医の対応として適切でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G065]←[国試_108]→[108G067

103G044」

  [★]

  • 1歳5か月の女児。保育所から心肺停止のため搬入された。3日前に感冒様症状で近医を受診し、
  • 抗ヒスタミン薬と鎮咳去痰薬とを処方されていた。保育所では当日の午前中は元気であったが、
  • 午後1時半に突然39℃台の発熱に気付き水分を摂取させ、父親が迎えに来るまで眠らせていた。
  • 午後4時に父親が迎えに来て患児を見たところ顔面蒼白に気付き、救急車を要請した。
  • 救急隊到着時には患児は心肺停止状態にあった。救急車内および病院とで蘇生を試みたが午後5時32分に死亡が確認された。
  • 気管挿管時に気管内に吐物は認めなかった。病院到着後に実施したインフルエンザ迅速検査でA型インフルエンザ抗原陽性であった。
  • 検視の結果、事件性はないと判断された。担当医が行うのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G043]←[国試_103]→[103G045

死体検案」

  [★]

postmortem examination
死体検案書監察医制度検視
  • 異状死体の可能性がある死体について行う医師の検査 → 医師のみが可能
  • 検死(医師が行う場合は検案)によって得られた医学的所見に加え、死亡者の既往歴、死体を取り巻く状況などを検討し、死因、死因の種類、死亡時刻、異状の有無を総合的に判断すること(SUB.38)
  • 死体検案を行った結果、異状死と判断されれば、24時間以内に警察に届け出る義務がある。
  • 死体検案を行った後に死体検案書を交付することになる。

国試


刑事訴訟法」

  [★]

Code of Criminal Procedure, Criminal Procedure Code

第229条

  •  変死者又は変死の疑のある死体があるときは、その所在地を管轄する地方検察庁又は区検察庁の検察官は、検視をしなければならない。
  • 2  検察官は、検察事務官又は司法警察員に前項の処分をさせることができる。

法令

  • 1. 刑事訴訟法(昭和二十三年七月十日法律第百三十一号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO131.html


司法検視」

  [★]

public prosecutor's inquest and examination of a body
検視




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡